佐野太さんの顔画像や経歴は?子供(息子)の私立大学はどこ?

こんにちは、ハナです。

また官僚による不正が発覚しました。

文部科学省科学技術・学術政策局長の佐野太さんが、受託収賄容疑で逮捕されたそうです。

佐野太さんとはいったいどんな人物なのでしょうか。

また子供が合格した大学はどこなのでしょうか。

スポンサードリンク

佐野太さんの顔画像やプロフィール

https://www.jasso.go.jp/

佐野 太(さの ふとし)

生年月日:1959年生まれ

年齢:58歳

出身:山梨県甲州市(旧塩山市)

高校:山梨県立日川高校(県内有数の進学校)

佐野太さんの経歴

では、佐野太さんの経歴を見ていきましょう。

科学技術振興機構に掲載されていた佐野太さんの経歴がこちらです。

1983年 早稲田大学理工学部 卒業、同大学院理工学研究科 修了

1985年 科学技術庁 入庁

1991年 科学技術庁 原子力局政策課長補佐

1993年 米国スタンフォード大学 留学(経済政策研究センター)

1996年 外務省 在連合王国(英国)日本大使館一等書記官

2000年 科学技術庁 科学技術政策局企画室長

内閣府 科学技術政策担当大臣(笹川堯、尾身幸次)秘書官

2002年 文部科学省 大臣官房評価室長

2004年 早稲田大学 客員教授(非常勤)

文部科学省 高等教育局主任大学改革官(教員養成担当)

2005年 文部科学省 高等教育局私学部参事官(私立学校法人担当)

2006年 文部科学省 研究振興局 研究環境・産業連携課長

2007年 山梨大学 学長特別補佐/教授

参考: https://sangakukan.jst.go.jp/journal/center_contents/author_profile/sano-f.html

その後の中間は不明ですが、2014年に官房審議官、2016年に官房総括審議官、2017年7月に現職の文部科学省科学技術・学術政策局長になられています。

立派な経歴をお持ちで、将来は文部科学省の次官候補とも言われていたということです。

 

現職の文部科学省科学技術・学術政策局長へは、2017年7月の天下り問題において就いたようです。

 

その時には次のように報道されていました。

文部科学省は4日、藤原誠初等中等教育局長(59)を官房長に戻すなど、違法な組織的天下り問題で処分を受けた複数の幹部を同格ポストに横滑りさせる人事を発表した。処分対象者の昇任を一定期間凍結する人事院規則に基づく措置で、発令は11日付。

官房長に再び起用される藤原氏は平成27年8月から28年6月まで官房長を務めており、以前就いていたポストに戻す人事は極めて異例。天下り問題では減給処分とされた。このほか戒告処分を受けた常盤豊高等教育局長(58)は生涯学習政策局長に横滑り。後任には義本博司総括審議官(55)が就く。

(中略)

天下り問題で前川喜平前事務次官(62)が辞職し、後任に戸谷一夫氏(60)が就任したことで空席となっていた文科審議官には伊藤洋一科学技術・学術政策局長(59)を充てる。科学技術・学術政策局長には佐野太官房長(57)が就く。

https://www.sankei.com/life/news/170704/lif1707040024-n1.html

天下りだった事務次官が辞職して、当時まだ現役職員だった佐野太さんが現職に横滑りした形だったのに、その方がこのような事件を起こしていたとは誰も想像していなかったでしょう。

人事って難しいですね。

スポンサードリンク

佐野太さんのわいろ事件について

では元文科省官房長だった佐野太さんの事件を見てみましょう。

産経新聞によると、

佐野容疑者は文科省官房長だった昨年5月、私立大学関係者から、同大が支援事業の対象校に選定されるなどの便宜を図るよう依頼され、今年2月、自分の子供が同大入試で試験の点数を加算され、合格するという形の賄賂を受け取ったとしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000546-san-soci

ということでした。

この私立大学は、その後の報道で『東京医科大学』だと判明しています。

 

佐野太さんが自分の立場を利用して行った犯罪、許されないことですね。

ですが、この事件でご自身の子供も注目されてしまうことになります。

子供や家族に依頼されたのか、ご自身で判断されたのか、どのような形で子供の便宜を図ったのか分かりませんが、最後の判断は父親である佐野太さんですよね。

親心でやってしまったことなんでしょうが、自制できなかったのが悔やまれるところです。

佐野太さんの子供の大学は?

父親である佐野太さんがわいろとして子供を大学に合格させてもらったということですが、子供はいったいどこの大学に合格したのでしょうか。

調べてみると、NHK WEBのニュースでは、

東京医科大学を受験した自分の子どもの点数を加算させ、合格させてもらった

と報道がありました。

 

東京医科大学は、東京都新宿区新宿6丁目にある私立大学です。

旧制大学令に基づいて設置されていた東京都下の八つの私立医科大学で、国内の私立医科大学でも伝統がある大学です。

他には、慶応義塾大学や日本大学や順天堂大学などがあります。

東京医科大学の偏差値は66.5(2018年)。

 

また、子供は息子で浪人していたとのことでした。

 

この事件を受け、テレビでインタビューを受けていた在学している学生は、2浪してしてやっと合格したといっていました。

 

多くの学生が勉強に励み、努力して大学に進学していく中、このような形で合格したのはどのような気持ちなのでしょうか。

 

子供さんは今年入学ということなので、現在大学1年生ですね。

まだまだやり直しがききます。

もう一度まっとうな方法で大学を受験し、大学進学をされることを願います。




おわりに

文部科学省と言えば、イメージでは国民の教育をつかさどる立場だと思いますが、その中のかたがこのような不正を働いていたことに落胆してしまいました。

文部科学省内の職員からも「情けない」「信じられない」「許せない」などの声が出ているようです。

このようなことが二度と起こらないようにしていただきたいと思います。

では、最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。