グッドドクター7話のネタバレあらすじ!奈々子を治せるのは医者だけじゃない!

こんにちは、ハナです。

今回は、ドラマ「グッドドクター」7話のあらすじをご紹介します。

ネタバレを含みますので、ご注意下さいね。

イントロ

奈々子が「100万回生きたねこ」を子どもに読み聞かせているのを、同僚の健太郎が見ている。

その後、健太郎は奈々子に大事な話があるという。

病院の小児外科では、カンファレンスが行われ、森下伊代ちゃんの肝障がいへの対処法を湊が聞かれると、正確に答える。

それを聞いた中島は気に食わない様子を見せる。

湊が伊代の担当医になったと挨拶に来る。

 

奈々子が夏美を訪ねてきた。

奈々子は健太郎からプロポーズされたことを言う。

しかし、病気のことは伝えていないとのこと。

 

湊は伊代から頼まれたイケメンの青年の名前を伊代に教えている。

湊がどうしてそんなに知りたいのかきくと、名前を知りたいのは好きな人を知りたいでしょと伊代に言い返される。

伊代が好きな人いないの?と聞くと、僕はおにぎりが好きですと答える。

 

美智の部屋に高山が入り、別れることが本気かと聞く。

美智は病院の経営のために高山と一緒にいることはできないと伝えるが、高山は俺はここの小児外科を必ず守ると言い部屋を去る。

 

奈々子が健太郎を病院に連れてくる。

夏美は奈々子との出会い話や、奈々子が14歳の時に卵巣を一つ摘出した手術をし、赤ちゃんができにくいリスクがあることを話す。

 

奈々子は健太郎に謝り、結婚は考え直してもいいよと涙をこらえた。

だが健太郎は、自分の気持ちは変わらないと奈々子に伝える。

奈々子は泣きながらお礼を言う。

 

院長の部屋に美智が話したいことがあると入ってくる。

 

医務室では同僚と奈々子の話をし、無事に結婚することを喜び合った。

 

一方奈々子は母親と食事をしようとした瞬間、動悸が始まり伏せてしまう。

 

夏美のもとに、奈々子が運ばれると聞き、動揺する。

スポンサードリンク

本編

夏美は奈々子の母親に、奈々子は突発性の発熱があったので、脳に異常があるかもしれないと話す。

夏美は脳外科への転科もできるがと言うと、母親は夏美にみてほしいと頼む。

 

司賀はもう一度考え直してほしいと美智に頭を下げる。

その瞬間、智美はがんセンターの名前が入った封筒を見つける。

 

奈々子と伊代が同じ部屋で話していると、湊が入ってくる。

奈々子は少し頭痛があるよう。

 

奈々子はロビーで彼氏に電話する。

頭痛があるようで頭を押さえている。

 

湊は奈々子の既往を確認し、CT画像を確認する。

 

カンファレンスで湊が血液検査の結果を持ってくるが、異常はない。

そこで脳以外のどこかにウィルスや腫瘍がないか調べることになった。

 

奈々子と伊代が彼のことを話をしている。

こんな私を好きになってくれる人がいると奈々子は嬉しそうに話す。

 

その後、奈々子は検査へ。

 

美智が高山に、司賀のことを話している。

その後すぐに高山は司賀の所へ向かい、がんのことを問う。

司賀は大したことない負担になりたくなかったというと、高山は院長の力になりたいと強く言う。

すると司賀は、私がなくなったらどうか湊のことをよろしくお願いいたしますと頭を下げる。

 
 

そのころ、湊は伊代の診察をしている。

 

夏美が検査結果を見てるとき、湊は奈々子は体のどこかに奇形腫がある可能性があると言う。

 

夏美は奈々子に頭痛の原因を話している。

卵巣にも奇形腫がある可能性があり、良性と悪性の時の対処法を話す。

対処法は、腫瘍の一部を切除して病理検査するしか方法がないという。

 

奈々子は泣きながら、卵巣片方あれば大丈夫だといったのに、私何も悪いことしていないのにと言う。

奈々子は夜ベッドでも泣いている。

 

母は夏美に、自分は子供ができづらいから将来旦那さんになる人に悪いから結婚はしない、子どもが大好きで誰より子供が欲しいはずなのに、なんでこんな時に、、、素敵な人に巡り合えた時にどうしてと母も涙を浮かべる。

 

結果は卵巣奇形腫だった。

 

オペの準備をと急ぐ中、中島が夏美にそれしか方法がないのか、奈々子はすでに1つしか卵巣がないというと、夏美は声を荒げてわかっているという。

 

夏美は奈々子からの手紙を読んで、昔奈々子が入院していたころを思い出している。

 

医務室では中島が勉強している。

そこへ湊が入ってじろじろ見る。

 

健太郎が夏美に会いに来る。

 

猪口と美智が話していると、高山が駆け付け、経営状態が厳しいことはわかっているが小児外科は必要、子どもの未来を閉ざさないでほしいと頭を下げる。

 
 

夏美は奈々子のことについて健太郎に話す。

すると健太郎は、先日先生から奈々子は赤ちゃんができづらいと聞いた時ショックだったと話す。

本当はとても子供が欲しい。

でもどうしたらいいのかわからず、この気持ちで奈々子に会うのは悪い気がすると話す。

 

その話を湊と伊代が聞いている。

そしてその場を離れ、伊代は病気があるっていうだけで、人をすきになったらいけないのかな、好きになってもつらいだけなのかと悔しがる。

湊は見ているだけだった。

 
 

夏美は落ち込み気味で奈々子に、結果は卵巣奇形腫だったことを話す。

病状は深刻、放っておくと発作が起きるたびに脳が損傷を受け、命を落とす危険性もあると。

奈々子が絶対に診察が必要か問うと、夏美はうなづく。

 

一転、奈々子はわらって昨日はごめんなさいと謝る。

そして、一つお願いしたいという。

 
 

夏美が奈々子からのメッセージを読んでいると、湊が入ってくる。

奈々子の病気は治るのに、どうして悲しい顔をするのと聞く。

それに対し夏美は、治ればそれでいいというわけではないとなだめる。

 
 

健太郎が奈々子の病室の前に立っている。

帰ろうとしたとき、奈々子が発作を起こす声が聞こえすぐさま部屋に入る。

夏美や湊が駆け付け対処する中、健太郎は奈々子を助けてと叫ぶ。

 
 

夏美が健太郎に、残っていた卵巣に奇形種がみつかり、赤ちゃんを産むことは難しいと、奈々子に頼まれて話す。

そして、私じゃ健太郎を幸せにすることはできないと、指輪をさしだし、さよならを伝えてほしいと言われたことを話す。

その様子を湊が見ていた。

 

湊はすぐに司賀のもとへいき、本当は好き同士なのにどうしてはなればなれにならないといけないのかと聞く。

すると司賀は、それ愛だと教える。

だが湊は、その愛のせいで苦しそうにしている。僕が治してあげたいというが、司賀は医者でも治せないことがあるんだよと再び教える。

 
 

健太郎は本を読み聞かせしている奈々子を思い出し、100万回生きたねこを読む。

そこへ湊の姿が…

 
 

カンファレンスで奈々子の手術のことを説明している。

 

そして、奈々子の手術が始まった。

結果は、奇形種は悪性だった。

夏美はうなづき、奈々子の顔を見た後、卵巣の全摘出を行った。

 
 

奈々子が目を覚まし、夏美が手術が無事に終わったことを告げる。

夏美が卵巣は全部摘出したと話すと、奈々子はそっかとといい、指輪があるのに気づく。

 

夏美は、健太郎がずっとそばにいてくれたことを話すと、夏美の後ろから健太郎が入ってきた。

 
 

健太郎は、保育園に新堂先生がきて、手術をすることを伝えてくれた。

そして、でも奈々子を治すことができるのは、健太郎だけだといったそうである。

 

健太郎は奈々子との結婚を躊躇していたことを謝り、健太郎も奈々子を幸せにできるかわからない、でも奈々子と一緒にいる俺は間違いなく幸せ、だから俺と結婚してくださいと再びプロポーズする。

 

奈々子は本当に私でいいのと聞き泣く。

すると健太郎は100万回いきたねこをみせる。

奈々子はたった一回の人生でで素敵な人と出会えたのだ。

奈々子と健太郎は笑いあう。

その様子を外で母親が聞いて笑みを浮かべる。

 
 

湊は伊代に健太郎はとてもすごいお医者さんですと話すと、伊代もがんばってみようかなと気になる彼の写真を見る。

 
 

夏美は奈々子が赤ちゃんができる可能性があることを医務室で話す。

理由は、手術中に湊が卵胞を発見したからだった。

卵胞から体外受精で赤ちゃんができる可能性があるそうだ。

 

夏美が湊をほめると湊は全部中島先生のおかげだという。

中島が一人で読んでいた生殖医療の本を自分も後で見ていたというのだ。

そして、だからあの時、自分も気づくことができたと中島にお礼を言う。

 

中島は気に入らない様子だったが、他の同僚にはやされ湊とグーパンチをしあう。

その瞬間医務室が和んだ。

その様子を高山が見ている。

 

湊が夏美と食事に来て、おにぎりをじっと見ている。

そして、僕はおにぎりは大好きだが、胸がきゅっとしないと話し、瀬戸宣先生は?と聞く。

夏美が私もたまには…とはなすと、湊は瀬戸先生が胸が苦しくなったらぜったいぜったい僕が治しますときっぱり話す。

その後、おにぎりを半分に割り、夏美にあげ、とってもおいしいですと言いながら笑みを浮かべ食べる。

終わり

グッドドクター(山崎賢人)7話の感想

では、グッドドクター(山崎賢人)7話をご覧になった方の感想をご紹介します。

たかはさん(30代)
菜々子が幸せになれて良かったです

菜々子の腫瘍が悪性だとわかった時にはとてもショックでした。

菜々子は小さい頃から卵巣の病気と闘ってきてきました。

結婚が決まりやっと女性としての幸せを手に入れられると思った矢先のことで、菜々子がとても可哀想でした。

子供好きな菜々子が自分の子供を産めないなんて、神様は残酷だと思いました。

しかし、湊が卵子を凍結することを思いつきます。

これでまだ子供を産める可能性が残って少し安心しました。

一方、院長が癌である事が理事長や高山にも知られてしまいます。

院長は自分が癌に侵されていても湊のことを心配していてとても優しい人だと思いました。癌であることを知って理事長はとても動揺している様子でしたが、これが病院の方針を考え直すきっかけになるかも知れないと思いました。

Q.『グッドドクター』の8話やこれからに期待することを教えてください。

理事長と高山は院長の病気のことを知ってとても動揺しているみたいでした。

理事長は病院を守るために仕方なく小児外科をなくす決断をしただけで、院長のことは尊敬しているのだと思います。

病気を知ったことがきっかけになって小児外科をなくすという決断も考え直してくれると良いです。

湊はその活躍で他の医師からも一目置かれるほどの存在になって来たと思います。

相変わらず人の感情を理解することは難しいようですが、他の医師とも打ち解けてきて安心しました。

これからも夢の実現のために頑張って欲しいです。

あかりさん(20代)
菜々子と健太郎の間の恋愛

健太郎と菜々子の間の愛に感動した。

子供を作ることができないから健太郎を幸せにしてあげることができないと判断した菜々子の考え方は、健太郎を思っているからこそ言える台詞なのだと思った。

菜々子の奇形腫が悪性であり、卵巣を全摘出することになっても、健太郎が菜々子にプロポーズするというのは、健太郎があまりにもカッコよく見えた。

病気があるから恋はできないのだというのは関係ないと思った。

病気があってもなくても、恋愛する権利はある。

お互いの間に愛情があるならば、病気なんて関係ないのだと伝わってくる話で良かった。

しかも卵胞を新堂が見つけたことで、菜々子が赤ちゃんを産めるという可能性が浮上したというのが良かった。

Q.『グッドドクター』の8話やこれからに期待することを教えてください。

新たな患者が新堂のいる小児外科に搬送され、その患者の様子を新堂が見て何の症状であるかということに気付き、小児外科のメンバーはその患者をどう治していくかということを考え、行動に移した結果、

その患者が患っている病気を手術により治っていくことができるという展開になるのと、小児外科を潰そうとする猪口の策略は院長や高山の働きにより失敗に終わり、今度も小児外科は継続していくという展開になっていくことに期待する。

てんにーさん(20代)
女性にはグッとくる内容でした!

今回も号泣不可避の内容でした。

とくに女性の方はグッとくるところがたくさんあったと思います。

私もまだ出産は経験したことありませんが、赤ちゃんを産むということは女性にとってとても大切なことだと思います。

それが出来なくなるなんで、考えただけでもすごく苦しくなります。

今の彼氏は、私がそういう状況になっても結婚すると言ってくれるかも、不安です。

ななちゃんの旦那さんになる人は本当に心優しいいい人だと思いました。

お互い保育士さんだし、子供大好きなはずなのでこの決断はとても勇気がいったでしょう。

それでもななちゃんと結婚することを選んだので、愛ってこういうことか、と感じました。

そして最後に、新堂先生のおかげで卵子の凍結に成功してよかったです!

赤ちゃんができることを祈っています!

Q.『グッドドクター』の8話やこれからに期待することを教えてください。

次のお話は今までになく苦しい展開になりそうな予告でした、、、。

ガンの類いの話はなんだか苦手です。

とは言っても来週も見ますが!笑

お母さんが倒れたり、子供が泣いていたり、予告だけではわからないことだらけでなんとも言えないですが、楽しみです!

今回も新堂先生のお陰で見つかったことがたくさんあったし、助けられたので来週も新堂先生の活躍を期待しています。

病院のメンバーがだんだんと新堂先生のことを認めだしてきたので、私も嬉しいです!

しみしみねこさん(40代)
菜々子は夏美先生が担当で本当に良かった

まずは、小児外科がかつての患者だからということで、大人の入院患者を受け入れることが本当にあるのかなあ、と思いました。

しかし、奈々子は夏美先生に担当してもらうことで、親身になって悩みを共有してくれるだけでも、救われたことも多いと思います。

また、夏美の頑張りがあったからこそ、中島医師も湊も何かできることはないかと懸命になって、それが良い結果をうんだので、本当にほっとしました。

今回は高山先生は院長と経営のことで悩んでばかりで、あまり見せ場がなかったのですが、若手医療チームのまとまりが、すがすがしかったです。

「100万回生きたねこ」はそれだけで泣けてしまう話なのに、恋や結婚の成就まで絡めてしまうなんて、もう涙腺が崩壊してしまうしかありませんでした。

Q.『グッドドクター』の8話やこれからに期待することを教えてください。

副院長の策略のせいで、小児外科の存亡が危ぶまれているのがひっくり返る兆候がないのが、とてもつらいです。

理事長に別の資金提供の話など、持ってきてくれるところはないものでしょうか…。

次回の患者さんは2人兄弟の弟で、お兄さんは弟の入院に際し転校したりして、いろいろストレスを抱えている様子です。

兄弟の確執という湊の心の琴線に触れる状況に、何か彼が暴走してしまうのではないかと、少し気がもめます。

以前、クビ騒ぎになった時のような大事が起きないと良いのですが…。

ホワイトジーンズさん(30代)
子供は大切だが全てではない。

結婚をして、子供を持つことばかりが幸せなことだとは思いません。

ただ産まれてきた子供が親によって虐待を受けたりするという悲しい事件も多くあります。

そういう事件を見るとやはり自分の子供が欲しいと考えている方に子供は産まれてくれたら良いなと思いす。

私はそこまで子供に対して強い思いはありませんので、夫婦間で子供が授かれなくてもそれはそれで楽しい人生があると思います。

子供がいても将来は成長して、自分の人生を歩き始めます。

いつまでも親の元にいてくれるかすらわかりませんので、大事なのは夫婦が仲良くいることです。

おじいさんおばあさんになっても胸がキュッとなるような夫婦関係を築けることが一番大切なことなんじゃないかなと思います。

Q.『グッドドクター』の8話やこれからに期待することを教えてください。

湊先生が親、兄弟以外で誰か大切で好きだと思う人を見つけてほしいです。

あと5話で病気が再発してしまった倫太郎にも元気になってほしいなぁと思ってます。

小児病棟に入院する患者役で出演している川島夕空ちゃんはEテレみいつけた!でスイちゃんを演じています。

普段から演技を鍛えられているのかわかりませんが、大事なところでよく抜かれており、よく見ると涙を流していることが多いです。

子供達のアイドルでもあるスイちゃんがメインになる話が見てみたいです。

病気で死んでしまうとかは嫌ですが。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。