高嶺の花8話のネタバレあらすじ!俎上の決着と直人の深い愛情

こんにちは、ハナです。

今回は、ドラマ「高嶺の花」8話のあらすじをご紹介します。

hana
いよいよももとななの俎上が始まります。

市松の陰謀に振り回されたもも、なな、龍一、ルリ子はいったいどうなっていくのでしょうか。

そして予告では直人がももを抱きかかえてマンションから出てくるシーンがありましたが、どうしてそうなったんでしょうか。

では、「高嶺の花」の8話のネタバレを含んだあらすじを見ていきましょう。

ネタバレを含みますので、ご注意下さいませ。

スポンサードリンク

イントロ

前回のシーン

・兵馬の登場、市松との対面
・なながルリ子と龍一が体を重ねるところを見てしまった場面
・ななが許さないと固く誓った場面
・兵馬がももに「恋愛感情のない相手と結ばれればいい、そうすれば種は燃やせる」と言った場面

が流れる。

 
 

ももは兵馬が花を生けるのを見ている。

 

モブという兵馬の弟子が登場。

兵馬が昔「拾った」そう。

 

兵馬の後ろ活けを披露し、ももは兵馬には「うつせみの自分(もう一人の自分)が見えている」んですねと言う。

 

兵馬は、ももに花についてどのように思うか問う。

続けて兵馬は、「花は何も考えていない、ただ美しく咲く、とだけ考えられているが、、、

例えばひまわり畑は貪欲に太陽の光を求めている。

しかし、中には枯れ落ちているものもある。

だが、土の中は隣の領地まで根を伸ばしている、それは人間と同じ。

命あるものは欲望に忠実。

花も人間と同様醜い、時が来れば散る」と話す。

 
 

図書館で直人が生け花の本を借りているのを千秋が見つけ、その後ランチに誘う。

直人は置いてあったモネの本の前で立ち止まり、通り過ぎる。

 
 

ももは兵馬が活けた花を見てすばらしいと涙ぐむ。

すると兵馬は以前はもももできていたというと、

ももはもう一度取り戻せるか問うと、兵馬は「誰もいないところで一人ぼっちで咲く覚悟が必要」という。

 

続けて、欲望から離れ断崖絶壁に咲く高嶺の花、なのにあなたは地上に降りて恋をしようとした。」と。

それを聞いて、ももは一筋の涙を流す。

スポンサードリンク

本編

直人は千秋と佳代子のバーでランチを食べている。

それを原田、田村、佳代子、教頭先生が見て彼女かと詮索するが、やきもきしながらも、ついに直接聞きに行くことになる。

 

それぞれ自己紹介し、打ち解け合う。

原田が「高嶺の花をうらやむより、足元の豆を拾え」ということわざを紹介し、ももの話をする。

すると千秋はピンときて、その人が高嶺の花で、私が足元の豆?失礼な話だと腕を組む。

 

やめろという直人に、現実的な恋をしろと直人の頭をたたく。

すると再び千秋は話を止め、「私はこの人のことを好きだといったか?」と聞くと、直人は言ってませんと言う。

 
 

俎上の日が来た

きんさんとぎんさんがももの着物の着付けをし、私らはももが負けたら追い出されるかもとしゃべっている。

 

一方ななは鏡の前に座り口紅をしている、そこへルリ子がきて肩を触ろうとすると「触らないで」「お母さんとよばれたいなら」と強く拒絶する。目が鋭い。

 
 

ルリ子が市松に俎上の審査員を紹介する。

そこへ兵馬も来る。

 

市松は、この中から票を投じる6人を選ぶと、無作為に指さしながら選び、夕方まで退散だという。

俎上は夕刻に行うのだ。

それを聞いてルリ子が焦ると、市松はただ並んだ花のみを見て競う、どちらの作品かわからない、と暗にルリ子の息がかかった人たちだということを言う。

そして、「どちらがどちらの作品かは神のみぞ知る」と。

 
 

ももとななが並んでいる。

ももはななの怪我を気遣うが、ななは鋭い目つきで、「月島のたゆたうひかりとかげ」と言う。

 

午後1時、幕が開き、二人は花を生け始める。

龍一はルリ子から電話で俎上が始まったことを聞く。

そして、ルリ子はまずいことになったと、作品だけ見て勝負することになったことを伝える。

しかし龍一はそれに答えず、ななの様子を聞く。

ルリ子は自分への態度が冷たいと話す。

しかし、龍一は再びそれには答えずななが花を活けていることを聞くと、それならよかったと無表情で答える。

 
 

二人は真剣に花を活けている。

ななは「私は許さない」と母と龍一の情事を思い出し涙を流しながら活けていた。

 
 

直人が自転車屋で生け花の本を読んでいると、秋保がどういうつもりかと聞く。

そして、未練がましいのは嫌だよと言う。

 

すると直人は、泣いたんだよおれと、父親のことを話した時にももの前で泣いたことを話す。

嫌なことは胸に戻って来るが、泣くのがあんなにすっきりするものだと思わなかったと。

それは、心の中のこびりついた汚れが落ちる感じだったようだ。

だから、ももに感謝している。

だからその彼女が苦しんでるなら、なんとかヒントくらい見つけてあげられないかなと。

 

芸術家の悩みなんてわからないでしょ?と秋保が聞くと、

直人は、女はみんな芸術家、急に怒ったり、すねたり泣いたり、かといってすぐ笑ったりとさっぱりわからない。

秋保もそんなかっこうして、自分とこよりここにいる。

秋保のかあちゃんもコロッケとは話すけど、旦那とは口を利かない。
自分から離婚しても元旦那と毎日会っている佳代子。

すべての女性は謎いっぱいの芸術家であると

 
 

ももは活けた花をすべて取り、ふと直人の笑顔を思い出した。

 

直人の「それでも愛しています。」「あなたは高嶺の花、どこかできれいに咲いているだけで、生きてくれているだけでいい」

続けて、兵馬の言葉や市松の言葉などを思い出す。

ももは伏せて苦しむが、気を持ち直し、再び活け始める。

 
 

5時になった。

6人の審査員と市松とルリ子が道場に入ってくる。

市松が、菊の花を投じ審査するという。

その様子を遠くから、ももとななが並んでみている。

 
 

投票が始まった。

審査員の投票を市松とルリ子は並んでみている。

 
 

兵馬は、道場の外でロビーに活けられた花を見ている。

高井が投票が始まったことを伝えると、兵馬は「でも結局は最後だから。師範たちは姉妹どちらの作品か判断できない。交互にひとつづつ菊の花を置く。どちらの作品かは神のみぞ知る。神とは家元。わかった上で自分で跡継ぎを決める。師範たちは全員責任逃れ。

 
 

市松は花を見比べ「見事であった」と票を投じる。

ななが「え」とかすり声をあげる。

 
 

直人は花の勉強をしている。もう一人の自分わかるわけないと寝転ぶ。

部屋は本が散らかっている。

 
 

市松のまえにももとななが座っている。

市松が月島の次期家元としてななに決まったことを言うと、ななは私の目には姉の作品が勝っていると言う。

 

市松はななの完成度はももに及ばないが、あやうさがうちからにじみ出る悲鳴のようなものが点在し、引き込まれた。

薬は毒から生まれるよくぞ短い間に感性を磨いたとほめたたえる。

 

ももには、あえてななが選ぶ花材を避け、対比で遊ぼうとした。

受けて立ったつもりなんだ、さいぎ、技量はけして負けるものではないが、後ろ活けの妙手とほめられいつしか増長したか、印象は高慢であった。

それならば、圧倒的であらねばならぬ、俎上において、一凛の菊も妹に与えてはいけないと市松は言い切る。

 

ももは「おそれいります」と頭を下げる。

続けて市松はななには限りない成長、ももにはあらがえ衰退を見たという。

「おごれるものはひさしからずや」

 

ももは「申し訳ございません」と再び頭を下げる。

ももは去る市松の方向に体を向け、「お家元、もう一度わたくしにチャンスを」と言う。

するとすかさずルリ子が「見苦しいわよももさん」と言い、市松は去っていく。

ももは「お家元」と何度も言いながら泣き、顔を伏せている。

 
 

兵馬が二人が活けた花を見て「月島は終わるな」と言う。

 
 

直人はたくさんの本を積み上げ“クマ”ができるほど本を読んでいる。

華道の起源までさかのぼったり、ググったりしていたようだ。

 
 

高井とももが母親のお墓に来ている。

ももは手を合わせ「どうしよう、ごめんなさい」と何度も言う。

高井は「精一杯やったことだから」というと、ももは精一杯やってない、ほんとの私はあんなものじゃない、と返す。

高井はなだめるが「ママは自分の命に代えても、私を月島の家元に、あんなに家元に反抗して、華道なんてどうでもいいと言っていたのに、怖い。私これからどうすればいいの」と震え泣きながらお墓にすがりつく。

高井はお母様の本心は・・・と言葉を止める。

 
 

(直人の声)
君は怒りよりも悲しみを選び、悲しいを知りやがて寂しいになる。そして美しいになる。

そうでもないかも、ってくせをつけよう。

俺はダメな人間かもって思ったら、「そうでもないかも」をつけよう。

俺は正い、あいつらが悪い、、、そうでもないかも。

 
 

宗太が橋の絵を描いている、老人がうまいね、がんばってねと話しかける。

宗太は自転車をこいでいる。

(直人の声)走れメロス、走れ宗太、必ず間に合うから・・・大丈夫だから・・・

 
 

ももは自暴自棄で花を活けている。

その様子をななが見てもうやめてと後ろから抱き着く。

 

ももは兵馬なら取り戻してくれると立ち上がり、抱かれるの、振り返る兵馬に抱かれ心をリセットすれば・・・

寂しくて流される軽い女みたい。

ななはお姉ちゃんはそんな人たちと違うというが、ももは泣きながら「私の愛は素敵なの、素敵だからえぐいの。だから男は受け止められない。ぶっこわれるか逃げられる。それ見て私はさみしくて悲しくて、この人も偽物だったかと絶望しちゃう」

「だったら誰もあいさなきゃいい、兵馬に抱かれて自分を取り戻せたら、父さんきっと許してくれる。そして最強の華道家に戻れる」

 

ななが少し休んでというと、ももは「あなた変な子ね。自分の毒を花に込めたら、もとのいい子に戻れるなんて変な子、意味不明。その程度の毒なんて・・・」

ももはななを見て「宇都宮にだかれてなかったのね。だからルリ子への嫉妬も憎しみも中途半端。許さないと言ってもしょせん中途半端。どんな強い光が手に入ったっていうのよ」

ななは「ひどいよ」と一言言う。

 
 

ももはもう一人の自分を取り戻しに行くと部屋を出ていく。

 

ななは泣き、熊のぬいぐるみを見てぷーさんと言う。

 
 

龍一とルリ子が一緒にいる。

ななが家元になったことを話し、感謝する。

しかし隆一は「つくづくおめでたい人だ」と言い放ち、あんな場面を見られても娘が言いなりになると思っているのかと聞く。

ルリ子はその内と答えるが、龍一はどのみち俺には興味がないことと言う。

 

そして、興味があったのは月島の票で、兵馬を打ち負かすために。神宮の家元になるために、家元の指示で動いた。ななに足りないダークサイドをつくるためにあなたを利用した。初めから。

ルリ子は信じられない様子で聞く。

家元がルリ子と龍一の関係を知っていることを聞き、ルリ子は動揺する。

 
 

佳代子のバーで直人と千秋を交えみんなで飲んでいる。

 

紅茶で曇ったため、千秋が眼鏡をはずすとみんな息をのむ。

 

お豆と言って失礼と謝る。

千秋は婚活中で、男性のタイプは・・・

バカはダメ
浮気ダメ
あきらめの悪い人もダメ

田村が、ももを諦めおまえ立候補しろと直人に言う。

千秋もスパーと宣言してくれたらなくはないかもと返すと、の直人は「俺好きだって言いましたっけ。」と笑い合う。

そこに、ななが来る。

 
 

高井の運転でももは兵馬のもとへ来る。

自暴自棄にならないでと高井は止めるが、どういう意味?父親にでもなったつもり?ほっといてとマンションに入っていく。

 
 

ななは直人にももの状況を話していると、田島らは止めに入る。

直人はじっと聞き、ももの場所を聞く。

すると、千秋は車でと言い、そして佳代子も後を押す。

 
 

ももはバラの花がはいった風呂に入り、もぐに水をかけられている。

 
 

直人とななが千秋の車で向かう。

 
 

兵馬とももはベッドの上に座り、兵馬が「あなたは私を愛さないし、私も君を愛さない」と話す。

その彼の名前は?と兵馬と聞くと、ももは答える。

続けて、兵馬が愛しているのか聞くと、ももははいと答える。

消し去りたい?--はい。

粉々に?--はい。

簡単さ…

と、ももは直人を思い出す。

 

兵馬とももはキスをする。

そして抱き合おうとする…

 
 

直人がマンションへ来た。

部屋に入ると、兵馬はソファに座っている。

 

ももはベッドルームにいるという。

直人が二階に行こうとすると、ももは気を失ったことを伝える。

君が心にまいた種を焼き尽くそうとしたら気を失った

「壊れて気を失ったのは抱かれる前だった」

「でも次の機会もある。それが彼女の望みだからね。」

 
 

直人は2階に行く。

ももはベッドで寝ている。

直人はももをのぞき込むと、ももは涙をためて寝ている。

直人はももの涙をふく。

 
 

そして抱きかかえ一階に降り、兵馬に「もう一人の自分って子どもじゃないか、たくさん考えて。。。だとしたら、一度消えたら二度と表れないんじゃないですか?人として健全な成長なんだから。一人ぼっちの子が人形を実在する友達として。大人になったら、一人ぼっちになったらいなくなって当たり前。」

「彼女をだますのはやめて下さい、次の機会はねえよ」と。

君は何者なんだと聞くが、直人は「ただのチャリンコやです」と返す。

 
 

(Love me tenderが流れる)

直人はももを抱きかかえながらエレベーターで座り込む。

ももは眠ったままだ。

 
 

(直人の母の声)
男はどっしりとかまえてなきゃいけないよ

百獣のライオンさ

いざというときにまもってくれっりゃ女はそれでいい

 
 

ももが目を開け「プーさん」と言う。

ももが「ねえ、私の愛は素敵なの、えぐいくらいに素敵で、深くて激しい。誰も受け止めきれなくてこわれちゃう、にげちゃうの」というと、直人は「そうですか、でも俺の愛も素敵です」とゆっくりと話す。

 

ももは「え?」と顔を上げ、二人は見つめ合う。

そして直人は「なんならあなたの愛より素敵です。」という。

ももは「証明できる?」と聞くと、直人は「割と」と言い、2人で「簡単ですよ」と声をそろえて言う

ももは泣いて直人にもたれかかる。

 

ももは高井の車にのって直人に手をふった。

直人は静かにうなづいた。

そして車のドアが閉まった。

(終わり)




『高嶺の花』8話をご覧になった方の感想

ではここでは、『高嶺の花』8話を実際にご覧になった方の感想をご紹介しますね。

あかりさん(20代)
次の家元を巡る争い

次の家元をめぐる争いの件で、兵馬が何もかもわかっているように、6人の師範は交互に菊の花を置くことで3票ずつに分かれる上に、市松が決めようとしている話をしているということに驚いてしまった。

兵馬は市松の考え方を見抜いていたのだと思った。

6人の師範が真面目に評価するなら、どちらの作品が選ばれたのだろうかと気になった。

また、兵馬はななが選ばれることまでも見抜いていたかどうかというのも気になった。

ルリ子が師範を読んだというのがずるいのだと感じた。

だが、ももはそれは関係ないと言ったのが、ももの強みなのだと思った。

兵馬が二つの作品を見比べた上で、月島はもう終わりだと口にしていたのは何故なのだろうかと、兵馬の発言に気になった。

Q.『高嶺の花』の9話やこれからに期待することを教えてください。

神宮家の次期家元を巡る争いが始まることになったが、ももを騙してきた兵馬と、ななやルリ子を騙してきた宇都宮どちらとも家元になる資格はないのではないかという問題が浮上し、

勝負どころが、勝負は成り立たないことになり、どちらとも家元になることができなかったのと、市松はもものことを見直した上に、

ななの許可を得てから月島の次期家元はももにすると決定し、ももは風間と付き合い続けていくという展開になっていくかどうかに期待する。

るいじさん(30代)
今シーズンで一番目が離せないドラマです

①石原さとみの演技が素晴らしいです。

凛としている時の表情はとても綺麗で聡明な印象ですが、打ちのめされて傷ついている時の表情はまったく違い、ものすごい迫力と儚さを感じました。

それほどの表現ができるのは石原さとみしかいないと思いました。

②芳根京子の演技はいつも危うさを感じます。

早口になったり、詰めの甘い演技が多いので、特に石原さとみとの対比が痛々しいです。

でも今回の8話で、姉妹で後ろ生けを競うシーンでは今までで一番迫力があり表情も素晴らしかったと思います。

③他の出演者の方々の活躍も絶妙で個人的にとても好きなドラマです。

今シーズン見逃さないようにしてるのはこのドラマだけです。
いよいよクライマックスも近づいてきて目が離せません!

Q.『高嶺の花』の9話やこれからに期待することを教えてください。

今後もやはり石原さとみの美貌と演技が楽しみでなりません。

どのシーンでも何度も見たくなるほどの美しさです。

色々な衣装、色々な表情がもっと見たいです。

9話ではいよいよ、ももにほんとうの父親は誰なのか、真実がバレていくような予告があったので、そのあたりは見逃せないと思いました。

運転士の升さんは元々どういう立場の人だったのか、ただの運転士の娘の才能にしては素晴らしすぎるので、運転士さんは実はすごい人だったのか?!

そのあたりが気になります。

そしてやはり、プーさんとももの関係はどうなっていくのか。2人はどんな未来を選ぶのか、そこが一番の期待です!

たかはさん(30代)
ももが可哀想でした

ももはななに負けて家元になることが出来ませんでした。

亡くなった母親の願いを叶えることが出来なくてももは相当なショックを受け自暴自棄になってしまいます。

ももは家元に言われた罪悪感を得るために直人と別れたのに、家元の思惑通りななが家元に決まりました。

ももがとても不憫でした。

何も知らないで全てを捨てて家元になることを決意したのにこんな結果になってしまってとても可哀想でした。

ももはもう一人の自分を取り戻すために兵馬に会いに行きます。

しかし、そこに行ったことで直人にまた会うことが出来ました。

直人はももに酷いことをされたのにももの事を理解しようと一生懸命で何て優しいのだろう思います。

お互いに思い合っているのに一緒になれなくて可哀想です。

Q.『高嶺の花』の9話やこれからに期待することを教えてください。

ももはついに自分が家元の実の娘でないことを知ってしまいます。

それを知ったももはななが家元になったことは全て家元の計算だったことに気づくと思います。

ももは相当ショックを受けるだろうと思います。これ以上ももには傷ついて欲しくありません。

一方、直人は千秋との距離を縮めていきます。

千秋は直人のことを気になっているようで、このままだと二人が付き合いそうな気がします。

直人にはももと一緒になって欲しいので複雑です。

蓮の花さん(50代)
願う ハッピーエンド♡

真実を隠して生きるという事はかなりの心労だと思う。

お家元にしても運転手にしても何十年もそんな生き方をしてきたのだと思うと見ているだけで心が切なくなる・・・。

お家元は流派を守るために真実を隠すという闇をパワーとしてきたのだろうけど、でも、周りの人も闇に引きずり込むことはないと思う。

芸術の世界の事はよくわからないけど、なんかそんな心で活けられている花も可哀そう。

プーさんの太陽のような暖かい心で、ももさまの闇を照らし明るくして、お家元の氷のような心を早く融かし、皆に太陽の光を沢山浴びてもらいたい。ドロドロで切なくなるドラマだけど、今後の展開が楽しみ♪

高嶺の花のごとく凛としたももさま、愛を感じているひとりの女の子の時のももさま、どちらも素敵だけど、プーさんの愛をいっぱい感じて幸せな笑顔を振りまいているももさまが一番好き♪頑張れプーさん!ももさまを幸せにして~‼

Q.『高嶺の花』の9話やこれからに期待することを教えてください。

このままプーさんとももさまのハッピーエンド♡。と願っているけど、私の心にも闇が・・・。

人生、半分以上?生きてきていろんな体験をしてきたせいか、このままプーさんとももさまが旨くいくわけがないとも思ってしまう。

ドラマが盛り上がるのは、最後は二人別々の道か・・・。

ん~悩ましい。

宇都宮龍一のななへの思いも気になる。

結構、ななが家を出て龍一と二人でどこかの街で花屋でもして幸せに暮らしちゃったりして。

忘れちゃいけない、宗太。宗太はどこまで行ってるんだろう?

最終話までに帰ってくるのかなぁ~。

しみしみねこさん(40代)
本当は俎上の採点はどうなるべきだったか

「割と簡単です」がいまさらキーワードになるとは思いませんでした。

どこかで聞いたことあるな…と探したら、2話の最後の方の直人のセリフのようでした。

ももがその言葉で思い出のスイッチが入って気絶したんだとしたら、とても記憶力がいいか、当時からプーさんに本気だったかどちらかですね。

なかなか興味深いです。

家元はももを選ぶ予定だったわけですが、2人の作品をどう見分けたのか知りたいです。

技術的なレベルか、クセを理解していたということか、微妙ですから。

その後で兵馬が「月島は終わりだな」と言ったのは、どちらもレベルが低いということか、ダメな方が家元になったという意味なのか、こちらもわからないままです。

どこかで明かされるとよいのですが。

Q.『高嶺の花』の9話やこれからに期待することを教えてください。

もう一人の自分は「心が大人になった人には二度と見えない」「罪悪感を抱いて生きても二度と取り戻すことはできない」ということを理解して、しかも家元が父ではないことを知ったももが、今度こそ壊れてしまうのかと、心配です。

また、直人もここまでももに尽くしておきながら、予告ではまた千秋と接近するようなので、一体二人の仲はどちらの方向に進むのか全く読めません。

二人の再接近に期待したいです。

また、次回は兵馬と龍一の2人の対決の成り行きも興味津々です。

市松は龍一との約束を反故にするようですし、結果の想像がつかないところが、気がもめます。

fuuさん(40代)
関係復活?想いを確かめあったふたり

今回伏線ストーリーの自転車少年の話が短めだったので少し残念でしたが、本編が盛りだくさんだったので面白かったです。

家元対決の前に兵馬のところに行き、直人のことを払しょくするために関係を持つのかなと予想していたのですが、家元対決に敗れてから兵馬のところにももが向かったことが意外でした。

何もかもうまく行かないももが気の毒な気もしますが、不器用でピュアなんだなぁと思います。

迎えに来た直人とお互いの想いを確かめあった形になったのでふたりの関係も復活するのかなと次回が楽しみです。

あと家元に指名されたななが今後どうなるのかも気になるところです。

母と龍一が自分を裏切ったと思っていますが、本当はそれすら家元の指示だったと知ったら驚くだろうなぁ。

Q.『高嶺の花』の9話やこれからに期待することを教えてください。

ラストでももと直人がいい雰囲気だったのでまたヨリを戻したらいいのにと思っています。

次回予告でまたももが夜のクラブで働いているシーンがあったので下町に顔を出すのかなと思っています。

周りのみんなも迷惑を掛けられたとはいえ、直人の一途な思いを知っているので意外に迎えてくれそうな気もします。

また新しく出会った千秋もまだ直人にそこまで思い入れがないようなので応援してくれそう。

ただ華道を抜いたももは本来のももでもないような気もするので何らかの形で華道への道がないのかなと気になります。

次回は龍一と兵馬の神宮寺家・家元対決なのでまずはそれが楽しみです。

龍一は画策した甲斐があるのかな?どう見ても兵馬優位のような気が。

おわりに

今回は、『高嶺の花』8話のネタバレあらすじをご紹介しました。

次回はももは市松の本当の子どもではないことに気が付きますが、ももはどうやって受け入れていくのでしょうか。

また直人との進展も気になるところです。

また一週間が待ち遠しいですね。

では最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。