ヒモメン最終回のネタバレあらすじ!翔ちゃんヒモ脱出なるか!【窪田正孝&川口春奈】

こんにちは、ハナです。

ついに、ヒモメンが最終回を迎えました。

最終回の予告では、ゆりこと池目先生がキスしてたんですが、池目先生の恋は成就するのか、とか、翔ちゃんはヒモを克服するのか…などいろんなことが気になります。

ハッピーエンドで終わるといいな♪

 

ではドラマ「ヒモメン」の最終回のあらすじをご紹介します。

ネタバレを含みますので、ご注意下さいね。

スポンサードリンク

ヒモメン最終回のネタバレあらすじ!

ゆり子と池目先生がキスをしているのを見た翔は、どういうことだと考えている時に、ゆり子の目から1粒の涙が流れました。

その涙を見た翔は、落ち着け、もしかしたら人命救助の実習で人工呼吸しているだけかもしれないと、ここまで1.8秒も考えた結果、寝ようという答えに達した時、ゆり子と池目先生は翔の存在に気付きました。

ベッドで大文字になった翔は、努力するから、2番目の男でも耐えられるように努力する、だから捨てないでと言ったのに対し、ゆり子は、何を言ってんの?と聞き、翔は池目先生と、と言ったら、ゆり子は池目先生が急に熱中症っぽくなったから少し休ませて欲しいと言われたと言い、池目先生も認めました。

さらに、ゆり子の目にゴミが入って痛かったから元眼科にいた池目先生に診てもらったと話し、池目先生は、そうそう、と認めました。

戻ってきたの?と聞いたゆり子に対し、ベッドから降りた翔はここは俺の家だからと言い、ホームレスになっても一緒にいようと言ったじゃないか、ただいま、ゆり子と言いました。

それに対し、ゆり子はおかえり、翔ちゃんと言い、二人はハイタッチしました。

ゆり子の元に桜子から電話がかかりました。

桜子が、ゆり子今すぐ結婚しなさい、落ち着いて聞いて、お父さんが末期のガンだと話したのに対し、ゆり子は戸惑いました。

桜子は明るく気丈に振る舞うお母さんのことを考えて、最後にお父さんがゆり子の花嫁姿を見たいという願い叶えてあげてと言ったのに対し、ゆり子はわかった、翔に相談してみると言ったが、桜子はあんな男と結婚したらショック死すると言いました。

ゆり子は池目先生と結婚は?と聞き、桜子は誰かと聞き返しました。

その時、ゆり子の家にチャイムが鳴ったため、翔がドアを開けると、松平がゆりっぺいるかと聞いてきました。

ゆり子は松平を見てたっちゃんと言い、それを電話で聞いた桜子は、松平が海外勤務から帰ってきてゆり子に会いたがっていた、ゆり子、松平と結婚しなさいと言いました。

このみは携帯でゆり子の今月の恋愛運がハンパないと言い、携帯をゆり子らに見せました。

携帯の画面では恋愛運がハート5つになっていて、70年に一度の結婚の大チャンスだと書いてありました。

運命の人の特徴は、胸に七つの傷を持つ男だというのも書いてありました。

僕を呼んだか?と池目先生が顔を出し、聡子は本当に当たるの?とこのみに聞き、このみはこの占いは当たると言ったが、ゆり子は冴えない顔をしたため、聡子らは心配しました。

ゆり子は聡子らにお父さんの話をしました。

このみはやっぱりあの占い当たってる、幼馴染の人と結婚する運命なんじゃないかと言ったが、池目先生は否定しました。

和子が休憩終わり、早く仕事に戻って、厚労省から抜き打ちで監査が入ることになったと話しました。

ゆり子らのいる職場に現れた厚労省の中の一人は松平でした。

ゆり子はたっちゃんと言い、松平と挨拶をしました。

松平は1週間皆さんを監督指導をすることになった、実はゆり子とは小さい頃からの知り合いで、公私混同せずにしっかりと仕事していくのでご協力お願いしますと頭を下げたのに対し、皆も頭を下げました。

聡子はさっき言った幼馴染って聞き、ゆり子は松平のことだと言いました。

このみは松平にもしかして胸に7つの傷が、と聞いた結果、松平は胸に七つの傷があると言い、紛争地を飛び回った結果、何度も死にかけたといい、胸の傷を皆に見せました。

玲奈は松平のことをミスター・パーフェクトだと言い、このみはヒモからの大逆転、羨ましいと言い、ゆり子は何もないと言いました。

和子は、松平のことはゆり子に任せると話し、ゆり子は承諾しました。

翔は網走のいる店に顔を出しました。

網走は、幼馴染に一つでも勝てることがあるかと聞き、翔は俺の方がゆり子を愛してる、そしてゆり子も、俺はそう信じてると言いました。

網走は、結婚は好きなだけじゃできない、金も仕事もない男に大事な娘を任せる父親がどこにもいるか、幼馴染以上に役に立つ男になれ、言いました。

ゆり子は松平に病院内を案内しました。

松平は、ゆり子は立派なナースなんだなだと言ったのに対し、ゆり子は医者からの厚労省に勤めるなんて、と口にしました。
松平は、ゆり子がパン屋の夢があるなら看護師を辞めて店を出したらどうか、僕が君を支えるから、結婚して欲しい、桜子にゆり子のことを頼まれた、お父さんの病気を利用して結婚しようだなんて、それでも僕は君と結婚したい、ずっとゆりっぺのこと好きだからだと言い、ゆり子の手を握りました。

ゆり子の携帯電話に桜子から着信が鳴りました。

それは、来週ゆり子の父が旅発つ前にゆり子に会いたいため、ゆり子のいるところに行くという電話でした。

ゆり子が帰宅すると、食器が片付いていない状態でテーブルに置かれているのを見ました。

食器はせめて自分で片付けると約束したよねと聞いたゆり子に対し、翔は食器を自動で片付けてくれる機械ができると思う、もっと楽がしたいという気持ちはすべての進化の源なんじゃないか、今の文明社会があるのは全部俺みたいな人間のおかげで、俺も役に立ってる、これからももっともっとゆり子のために楽がしたいと思うと言いました。

ゆり子は、翔ちゃんらしい、明日久しぶりどこかに遊びに行こうかと提案しました。

翔とゆり子は遊園地で遊んでいました。

二人は店に入りました。

翔がしたいことを一緒にしたかったと言ったゆり子に対し、翔はゆり子は優しいなと言いました。

その時、クロワッサンが出来上がったという店員の声により、ゆり子はパンを見て、本当はパン屋になりたかったと言いました。

それに対し、翔は今からでも遅くない、なればいいと言いました。

だが、ゆり子は一番好きなものじゃなくても幸せになれる、仕事も結婚も、と言い、さらに、翔ちゃん今までありがとね、と言いました。

それを聞いた翔は、あらまった言い方されたらお別れみたいじゃん、だと言ったのに対し、涙を流したゆり子は、ごめんね、翔ちゃん、私たっちゃんと結婚する、最後のデートすごい楽しかった、さよなら、とその場を去りました。

ゆり子は松平と結婚することになったということを松平と職場に報告しました。

それを聞いた池目先生は唖然し、他のメンバーは祝福しました。

ゆり子は、病院の監査が終わったら松平がドイツへの転勤を希望しているため、ドイツで挙式を挙げるといい、看護師を辞めると言いました。

聡子は素直に祝福できない気持ちでゆり子を見つめました。

松平は池目先生をカンファレスルームにて呼び出し、ゆり子の部屋にいたよねと聞いた上で、僕のゆり子のフィアンセに気があることはないかと聞いたのに対し、池目先生は全然ありませんと答えました。

松平は、ゆり子は姉の家で寝泊まりしていると言い、ゆり子はあのヒモ男に付きまとわれてるそうで、彼女の部屋から出て行くようにと言ってもらえるかと池目先生に依頼しました。

その頃、翔はゆり子の部屋で寝て起きていました。

ゆり子の部屋にチャイムが鳴りました。

翔がドアを開けるとそこには池目先生がいました。

池目先生は翔に、手を組もう、あんな奴にゆり子を取られていいのかよ、と言い、翔は否定し、池目先生は力を合わせてあの男からゆり子を取り戻すと言いました。

ゆり子と松平が病院から帰ろうとしているところに、翔が現れ、俺と勝負しろ、クイズ対決だ、俺が勝ったらゆり子は返してもらうと松平に言いました。

それに対し、松平は、面白い、その代わり僕が勝ったら即刻ゆり子の部屋から出て行ってもらうと言いました。

それを聞いた翔は嫌だといい、そこに池目先生が現れ、男らしくない、逃げるつもりか?と聞き、翔にウィンクし、翔はやってやるよ!と宣言しました。

クイズ対決が始まりました。

松平は翔に、心臓外科におけるAMIの症例で重度の呼吸不全や脳梗塞合併の際、最も有効とされる術式はなんというか?という問題を出しました。

翔は頭を抱え、TE-CABG式と呼ばれ、完全鏡視下で、アウェイク状態で冠動脈バイパスグラフトをするものであると、答えて正解しました。

ゆり子は驚き、いつの間にそんな勉強をしたかと聞きました。

次は翔からの出題です。

翔は、ゆり子が一番好きな動物はなんだ?と聞きました。

それに対し、松平はイルカと答えました。

翔は、イルカは動物か?と聞き、松平は哺乳類だから動物だと言いました。

翔は残念でした、猫です、と言い、いつか家で飼おうと言ってぬいぐるみを置いたよねとゆり子に確認をとりました。

ゆり子は認めたが、一番好きな動物はイルカだと言いました。

松平は、子供の頃からイルカに乗って世界一周したいと話したよね、と言い、そんなの聞いていないと言った翔に対し、ゆり子は、イルカは海の豚と書くから食べてもきっと美味しいのだと翔は言ったからだと説明しました。

松平は翔にあの部屋から出てもらうと話し、翔が制止しようと立ち上がった瞬間、翔の服の中から人工の手と携帯電話が落ちました。

池目先生と携帯を通してインチキしていたことが発覚しました。

ゆり子は、私は景品じゃない、翔と付き合っていた頃、翔のことばかり考え、翔のことだったらなんでも答えれる、でもそれももうおしまいだと言い、その場から出て行きました。

このみがパソコンで松平のことを調べているのを見かけた和子とこのみは、海外の女性のブログによると、松平は7回も離婚し、離婚の度に殺されそうになったため、胸に7つの傷が残っているということが書かれてあったことに気づきました。

ゆり子に知らせてくると言った好みの前に松平が立ち、このことを誰かに話したりしたら病院を潰すと言いました。
和子は何にも見てなく、聞いていないと言いました。

その現場を側で池目先生は聞いていました。

ゆり子は携帯で翔とのツーショットを眺めていました。

このみはゆり子に松平のことを話そうとするが、やめました。

ゆり子はこのみに対し、あんまりいい先輩じゃなかったかもしれないけど、これからも頑張ってねと言いました。

それを聞いたこのみは話そうとするが、そこに松平がいて、松平はゆり子そろそろ帰ろうかと声をかけました。

ゆり子は、今日ゆり子の親と会う約束をし、そこで結婚の報告をするということをこのみに話しました。

このみらは、松平が最低で、このままだとゆり子も捨てられる、早く教えてあげないと、でもそしたらこの病院は潰れてしまうという話をしました。

聡子は翔しか救えないのだと言いました。

池目先生は電話で、ゆり子を救えるのは無職のお前しかいないと翔に言いました。

翔はホテルに向かって全速力で走りました。

ホテルの外からゆり子を呼びかけるが、ゆり子に気づかれていませんでした。

その翔の様子を見た松平は支配人に耳打ちをしました。

翔はホテルの中に入ると、支配人に止められました。

その時、池目先生が間もなく総理は到着しているが、準備はできているかと聞いたが、支配人は聞いていないと言い、池目先生は確認しろと言っている間に目で合図を出し、翔は支配人を避けて中に向かいました。

エレベーターを待つ時、支配人と警備員が向かってきたところに玲奈らがそれを止めました。

その間、聡子は翔を呼び出し、部屋は45階のスイートルームだと言いました。

翔は階段で45階に向かい、部屋に入ろうとしたら、ホテルマンを装った和子がチャイムを押し、当ホテルからのサービスでフルーツの盛り合わせを持ってきたと言いました。

松平はドアの穴から見てホテルマンだと確認し、ドアを開けると翔はドアの隙間から中に入り、ゆり子に、松平はこれまでバツ7のとんでもない男だと話しました。

ゆり子の姉はバツ7だということに驚きました。

松平はそんなことあるわけない、僕たちの結婚を妬んで病院の看護師たちがありもしないことを言ってるだけだとゆり子に話しました。

翔は話を聞いたのは彼女からではないと言い、パソコンを開いて松平と離婚した7人の女性が松平のことで怒っているというビデオ通話を見せました。

松平は捏造だ、いったい誰がこんなものを、と言った時、このみらが現れ、このみはヒモ男の方がよほど愛がありますと話しました。

松平は病院はどうなってもいいんだな?と聞いたのに対し、ゆり子はどういうことかと聞きました。

和子はパワハラだと言いました。

松平は法を犯したわけでもなく、ただ7回結婚に失敗したと言いました。

翔は、あなたにはゆり子のことを幸せにすることはできない、人はそう簡単には変わらないと言いました。

桜子はこの話はなかったことにしようとゆり子に言いました。

ゆり子は、平気だよ、もう過去のことで、たっちゃんが今は私のことだけを好きでいてくれたらいいのだと言いました。

桜子はもしかしてお父さんのこともあるから?と聞き、ゆり子はみんな帰って、私は大丈夫だからだと話しました。

ゆり子の親が出現しました。

ゆり子の親はハワイに行く気満々で服装もハワイ向けのものを着ていました。

ゆり子は病気大丈夫?と聞いたのに対し、ガンは勘違いだと話しました。

池目先生はゆり子の親に挨拶しました。

聡子に翔も何か言いなさいと言われ、翔はお金も仕事も何にもないけど、でも、ゆり子を好きだっていう気持ちだけには他の誰にも負、と言いかけていた時、ビデオ通話からイルカの鳴き声が響きました。

それを聞いた翔は俺の負けで、松平はずっと前からゆり子のことが好きで、松平が結婚してきた彼女たちイルカが大好きな人たちばっかりだと言い、パソコンを指さしました。

ゆり子の姉が英語でイルカが好きかと聞いた結果、7人の女性はイルカが好きだと言いました。

翔はゆり子への思い捨てられずにいたから彼女たちと別れたのだろうと言い、ドイツに行きたいのもパン屋になりたいというゆり子の夢を叶えるためであり、20年以上ずっと遠くからゆり子のことを思い続けていた、悔しいけどあなたの勝ちだと松平に言いました。

そして、翔はゆり子に対し、俺のことは全然気にしないで、ゆり子、じゃあね、バイバイと言い、部屋を出て、翔はいなくなりました。

病院で和子は松平に謝罪し、今回の責任はすべて、と言い、ゆり子のことを見てから、私の責任ですと言いました。

このみは、松平のことを調べたのは私で、処分するなら私だと言い、聡子は連帯責任だと言いました。

松平はいいチームワークだ、そんなナースのいる病院を潰すわけにはいかないと言ったのに対し、ゆり子はお礼を告げました。

松平は全部あのヒモ男のせいで、責任の取らせようがない、あいつにはゆり子以外失うものがないのだと言い、ドイツで待ってるからとゆり子に話しました。

聡子は本当にドイツに行くの?と聞き、ゆり子は私が結婚するって聞いたときの親の嬉しそうな顔をなかったことにしたくないからと話しました。

ゆり子は部屋で荷造りをしているときに、チャイムが鳴り、ドアを開けました。

そこにいたのは網走で、ゆり子にお金の入った封筒を渡して、翔が自分から働かせてくれと言い、翔のバイト代はゆり子に渡してくれと言われたのだと話しました。

翔がどこに行ったかは分からないと網走は言い、ゆり子は封筒から1,000円札を取り出しました。

ゆり子はその札を握って、翔ちゃん、とつぶやきました。

その後、部屋にあるソファーを見て、翔と過ごした時の思い出がよみがえってきて目に涙が堪えてきました。

その時、池目先生からメッセージがきて、①ドイツ、②この僕のいる病院、③、と書かれ、位置情報を送り、どこにいるかは君の自由だと言いました。

聡子は池目先生に、あんたもバカだと言い、池目先生は勝負はフェアに行かないとね、ここを選んでくれと祈りました。

ゆり子は池目先生に送ってもらった位置情報のところに行くと翔がいました。

翔とゆり子は対面しました。

ゆり子は嘘つき、ホームレスになっても一緒にいようって言ったくせに、と言い、翔はパン屋を出してあげることもできなく、イルカが好きってことも知らなく、1,000円しかあげられなく、医者でもない、俺はゆり子の運命の人じゃないかもしれないと言いました。

ゆり子は、人は変われる、この私が変わったんだから、今の私の夢はずっとずーっと翔ちゃんと一緒にいることだと言い、翔と抱擁しました。

(完)

スポンサードリンク

『ヒモメン』最終回(7話)を見た方の感想

では、続いて実際に『ヒモメン』最終回(7話)をご覧になった方の感想を見ていきましょう。

あかりさん(20代)
胸に7つの傷もある松平とゆり子の間の恋

ゆりこのことを翔か池目先生が争うという展開になるのだと思っていたら、ゆりこの幼馴染だという松平の出現に驚いた。

ゆりこの職場の皆がミスター・パーフェクトと言う程に、医者であり、厚生労働省に勤務している松平はまさしくエリートであり、池目先生でも敵わなく、経歴だけではゆりこと結婚させたいという姉の気持ちがよくわかるのだと感じた。

だが、松平の胸にある7つの傷はバツ7で、今まで7人の女性を傷つけさせたということが明らかになると衝撃を感じた。

松平は病院を潰すという発言が出るほどに、松平はゆりこと結婚してメリットになることがないのではないかと感じたのもあり、ゆりことそこまで結婚したいということは、ゆりこへの好意があるのだろうと思った。

しかし、松平とゆり子の恋愛は違うのだと思った。だからこそ、ゆり子は松平と結婚しないという決断をしたというのが良かった。

しおんさん(30代)
ヒモ男はやっぱりムリ

翔ちゃんがイルカを食べ物として見ていることに驚愕でした。

それを聞いた時のゆりこの気持ちを考えるといたたまれません。

何度も裏切られたり、何度も辛い思いをさせられているのに、ゆりこの翔ちゃんへの愛が変わらないことは本当に凄いことだと思います。

自分だったらヒモ男と付き合うという選択は絶対しないだろうし、付き合ってから気付いたとしてもすぐに別れると思います。

人は愛だけでは生きていけないし安心や安定を相手に求めるものなので、愛しか与えてくれない翔ちゃんと一緒にいても将来が不安なだけです。

それでも翔ちゃんを選んだゆりこは、翔ちゃんが更生すると信じているのか、それともこのまま自分が養いつつ楽しく暮らしていければいいと思っているのか、自分には謎のままです。

最後に占いで胸に七つの〜の件で北斗の拳なのと突っ込みましたが、翔ちゃんにもあって、やっぱり翔ちゃんが運命の人ならゆりこも幸せになれるのかなと期待しておきます。

muuさん(20代)
ヒモメンを見ての個人的意見

ゆりこのキレ口調は毎回とても楽しく見させていただいていました。

また翔の相変わらずのヒモさには毎回笑わせてもらったし、ある意味尊敬もしました!自分も独身とかだったらヒモになってみないなーとも思いました。

また毎回なのですが、池目先生の顔ゲイは毎回楽しいです。

今回の放送は新たな登場人物が出てきてこのタイミングで?とすごく思いがありました。

そして途中ヒヤヒヤした所もありましたが、結末は個人的に満足しました。

楽しかったです。

ゆりこはなんだかんだ毎回翔に甘いなぁと思いましたが、やはり好きな人にはこんなダメ男にでも甘くなっちゃうのかな。と思い、自分の子供には絶対ヒモ男とは付き合って欲しくないって思いました。

まるさん(30代)
最後はやっぱり愛だよねー

予想もしない展開もたくさんありました。

ゆりこちゃんの結婚相手が幼馴染ですごくいい人そうだしやっとで幸せになれるかと思いきや….まさかバツ7という展開があるとは予想外でした!

何かはあると思ってはいたけど…。しかもしょうちゃんのご祝儀が1000円というのもビックリ笑 最後くらい大金渡しちゃうのかと期待しちゃってました。

翔ちゃんのヒモ感は全くブレず裏切りなしの最終回でした。お父さんがガンで余命わずかというのがウソだったっていうのはなんとなく予想はできちゃったかなー笑

あとは最後の翔ちゃんが結局ホームレスになってて、ゆりこちゃんが会いに来てずっとそばにいるってなったシーンはやっぱりほっこりしました。

最後はいつもの二人の可愛らしいイチャイチャぶりが見れて楽しく見れました。




おわりに

今回は、ついに最終回を迎えた「ヒモメン」のネタバレあらすじをご紹介しました。

池目先生の恋は破れ、、、むしろ恋のキューピットって感じでしたね。

そして、ハッピーエンドに終わって、うれしい気持ちです。

翔ちゃんとゆりこカップルには、今後あらたな問題が起こりそうですが、スペシャル版などの続編があることを期待します。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。