この世界の片隅に8話のネタバレ!最終回のあらすじも!【松本穂香&松坂桃李出演!】

こんにちは、ハナです。

今回は、ドラマ「この世界の片隅に」のあらすじをご紹介します。

ネタバレを含みますので、ご注意下さいね。

スポンサードリンク

この世界の片隅に8話のネタバレあらすじ!

すずは、広島に行くというハルに自分も連れて行ってほしいと頼みますが、救助のトラックに乗れる人数は限られている、と断られてしまいます。

 

先走って思わず髪を切り落としてしまったすずでしたが、それを径子や幸子が明るくからかい、皆に笑い声が戻ります。

息子の安否がわからないままでいる、幸子の母のタキも、明るく振舞うのでした。

 
 

その夜、ある男性が呉の町を足をひきずりながら歩いていました。

 

翌日、行き倒れていたその男性の遺体が運ばれていき、ハルやタキは、広島から来たのだろうか、顔もベロベロでどこの誰だかわからないね、と話していました。

そして、すずはハルに家族の住所や名前を書いた紙を託し、安否を聞いてきてほしいと頼みます。

 
 

一方、すずの住む家のそばの木には、どこからか飛んできた障子が引っかかっていました。

すずが、「あんた広島から飛んできたんかね?うちもじゃ」と話しかけながら障子を外そうとしていると、空襲警報が鳴ります。

 

「うちは強うなりたいよ、優しうなりたいよ。この町の人みたいに、なりたい」とつぶやくすず。

そして、空を飛ぶ飛行機をにらみ「うちは負けんよ」と強く言うのでした。

 
 

その後、飛行機から伝単が配られ、幸子と志野と一緒にそれを読んだすずは、降参しろというような内容に怒り、破り捨てます。

 
 

その夜、素振りの練習をしていた周作は、「ずっとここにおることにしたんか?」とすずに尋ね、すずは、「おらしてください、お願いします」、と頭を下げます。

「あほ、心配かけおって」と言う周作に、すずは「すんませんでしたっ」と伝単を丸めた紙をなげつけ、二人は笑い合うのでした。

 
 

昭和20年8月15日、近所の人々が北條家のラジオの前に集まっていました。

やがて天皇陛下の言葉がラジオから流れ、皆、正座をして神妙な面持ちで聞き入ります。

 

放送の後、負けた言うことかね?とサンやタキが言い合い、堂本が「ああ、負けた、戦争は終わりじゃ」と言い捨てます。

すずは思わず、「何で?」と声をあげていました。

 

しょうがない、かなうわけがない、とタキや美津らが言う中で、

「そんなん覚悟の上じゃないんかね、最後の1人まで戦うんじゃなかったんかね?そうじゃろ?そういうとったじゃろ?違うんか?まだ左手も両脚も残っとるのに、戦えるじゃろう?まだ、そうじゃろ?」

と必死に訴え、声を荒げるすず。

 
 

晴美の遺骨が入った箱に目をやり、「うちは納得できん」と叫ぶように言うすずの声を聴きながら、皆は辛い表情を浮かべます。

 
 

そして近所の皆が帰った後、径子は「もっとはよう終わっとりゃ・・晴美」と仏壇の晴美の骨箱に向かって呼びかけ、涙を流すのでした。

畑に出たすずは、心の中で兄の要一に「うちは納得できません」と呼びかけます。

そして要一のこと、水原のこと、晴美のことを思い出し、ひとり突っ伏して号泣するすず。

 

その時、その頭をそっと誰かの手が撫でたような気がして、すずは顔を上げます。

やがて、近づいてくる足音に振り向くと、そこには周作がいました。

 
 

泣きながらも笑顔を作って「すずさん、腹減ったわ」と言う周作に、思わず泣き笑いするすずでした。

 
 

その後、医者がすずを診察しにやってきます。

周作は、すずのいないところで医者に広島の様子を尋ねますが、酷い様子なので、広島の人は見ないほうがいいと言われます。

 

さらに、広島から帰ってきたハルは、それ以来様子がおかしくなってしまっていました。

幸子の結婚も、広島の兄さんが亡くなっていたらどうなるか分からないという状況です。

 
 

その夜、大雨が降る中、郵便配達の女性がすずあての郵便を届けにやってきます。

女性はそのまま隣の刈谷家に行く様子でした。

 

郵便はすずの妹のスミからだったので、皆で無事を喜びますが、雨でにじんで詳しい内容は読めません。

どうやらスミは祖母のいる草津にいるようでした。

 
 

その後、新品の鍬を持ってずぶ濡れの円太郎が帰ってきます。

工場は閉鎖で解雇と言われたため、退職金代わりに勝手に鍬を作ってみんなに配ったと、円太郎は豪快に笑うのでした。

 

そんな日々の中、すずは江波の家族の無事を信じながら、いつもの生活に戻ろうとしていました。

 
 

やがて、タキの家にすず達近所の皆が呼ばれ、幸子と交際している成瀬もやってきます。

タキは、広島に爆弾が落ちてすぐに、隣保のところ行き倒れていた男の人は自分の息子だったらしい、息子の友達からきた手紙で気が付いた、と話し出します。

さらにタキは「ウチ分からんかった。気づいてやれんかったんよ。母親なのに、ウチ」と言って泣き崩れるのでした。

 

皆がタキをなぐさめる中、成瀬は、自分が刈谷家に婿入りすることを提案し、幸子と一緒にいれば自分はどこでもいい、と涙ながらに話します。

その言葉を聞いて幸子も涙し、やがて軽口をたたき合う周作と成瀬に、泣いていた皆も、思わず笑顔になるのでした。

 
 

昭和20年10月のある日、周作は、すずに見送られながら出かけていきます。

負けを認めない人々が反乱を起こすかもしれず、それを制圧するため、しばらく大竹海兵団のお世話になるということでした。

 

同じ日本人同士で反乱だ制圧だ言うのが、嫌でたまらん、という周作。

すずと周作は話しながら歩いているうち、ずいぶん遠くまで来てしまいます。

 
 

「帰ってきてくださいね、周作さん」と言うすずに、周作は「あたりまえじゃろ」と答え、別れ際に、以前すずに聞かれたリンさんのことを口にします。

「そこの二つ目の角を左じゃ、自分で行ってみ」と言われ、思わず走り出す、すず。

 

しかしリンがいた建物はあとかたもなく、がれきが残っているだけでした。

その中にすずは、自分がリンにあげた茶碗が割れて落ちているのを見つけます。

 

その前にしゃがみこみ、「ごめんリンさん。リンさんのこと、秘密じゃあなくしてしもうた。でもリンさん、それはそれで贅沢な気がするよ」とひとり呟く、すず。

 
 

すずは、最後に会った時にリンが言っていた「人が死んだら記憶も消えてのうなるじゃろう。秘密もなかったことになるね。それはそれで贅沢なことかもしれんよ」という言葉を思い出していました。

 
 

そして現代、昭和30年8月。

佳代と江口は、節子と一緒に呉市にやってきます。

 

かつてすずが住んでいた家で、たわいもない言い合いをする佳代と江口を微笑ましそうに見つめ、父と母も良くそうやって喧嘩したが、それでも楽しそうだったと話す節子。

そして「さあ、ちいと中片付けてから、会いに生きましょう。」と節子は言い、「誰に?」と聞く佳代に向かって、ふふっと笑いかけるのでした。

(次回・最終回へ続く)

スポンサードリンク

「この世界の片隅に」最終回(9話)のあらすじ

戦争は終わった。空襲に怯えることもなくなったが、戦時中以上の物不足に悩まされる日々が続いている。

北條家では円太郎(田口トモロヲ)の再就職が決まり、径子(尾野真千子)も働きに出るようになった。

しかし終戦直後に海平団に招集された周作(松坂桃李)は未だ帰ってこない。

すず(松本穂香)は夫の無事を願って前向きに日々を過ごしていた。

そんな秋のある日、実家の様子がわからず気を揉んでいたすずは、意を決して広島に向かう。




おわりに

今回は、ドラマ「この世界の片隅に」のネタバレあらすじをご紹介しました。

周作のあたたかい愛情が伝わってきますね。

でも、やっぱり旦那さんには近くにいてほしいものです。

次回は最終回、戦争ものは見ていてつらいものがありますが、しっかり見届けたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。