SUITS(スーツ/ドラマ)は全何話?あらすじやキャストを紹介!

2018年10月から織田裕二さん主演のドラマ「SUITS(スーツ)」が始まります。

 

アメリカで大ヒット中のドラマ「SUITS」を、舞台を日本に変えてリメイク。

敏腕弁護士と天才フリーターのコンビで、さまざまな訴訟を解決していきます。

 

織田裕二さんが主演と言ったら、まじめだけどコメディっぽさもあるものを期待してしまいますが、他にも鈴木保奈美さんや中島裕翔さんも出演しますし、面白くて豪華なドラマになりそうですね。

今回はそんなドラマ「SUITS(スーツ)」の話数などの概要やあらすじやキャストをご紹介します。

スポンサードリンク

SUITS(スーツ/ドラマ)の概要!全何話?

原作は先ほどもご紹介しましたように、アメリカのドラマ「SUITS」です。

 

アメリカの「SUITS」は、

2011年からシーズン1(12話)

2012年から2013年にかけてシーズン2(16話)

2013年から2014年にかけてシーズン3(16話)

2014年から2015年にかけてシーズン4(16話)

2015年から2016年にかけてシーズン5(16話)

2016年から2017年にかけてシーズン6(16話)

2017年から2018年にかけてシーズン7(16話)

が全米で放送されました。

その初回視聴者数は460万人を超えるほどの大ヒットだったそうですよ。

 

でもどんなドラマなのか想像がつかないですよね。

ということで、「SUITS」の紹介動画を見つけましたので、よかったらご覧ください。

 

今回、織田裕二さん主演で日本で放送される「SUITS」は、そのシーズン1を原作として、日本版に変えて描かれます。

 

アメリカの「SUITS」のシーズン1の話数は12話でしたが、日本での話数はまだ公表されていません。

 

しかし、2018年10月8日(月)から放送がスタートすることが決まっていますので、参考に、2017年の同じ時間帯のドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?」を見てみると、2017年10月23日から12月25日の期間で10話の放送でした。

一方、織田裕二さん主演の「SUITS」は、「民衆の敵」より、2週間早く始まっているので、10話から12話の間ではないかと予想します。

織田裕二さん主演の「SUITS」の話数については、新しい情報が分かり次第更新します。

 

織田裕二さん主演「SUITS/スーツ」の概要
●原作:アメリカドラマ「SUITS」シーズン1

●脚本:池上純哉(「外交官 黒田康作」、「極悪がんぼ」、映画「任侠ヘルパー」他)

●演出:土方政人(「ゴーストライター」「謎解きはディナーのあとで」他)

●放送日時:2018年10月8日スタート/毎週月曜日21:00~21:54(初回30分拡大)

●話数:10話~(未定)

●主題歌:未定

スポンサードリンク

SUITS(スーツ/ドラマ)のあらすじは?

主人公・甲斐正午(かい・しょうご)は、日本の四大弁護士事務所のひとつ、「幸村・上杉法律事務所」に所属する敏腕弁護士。

自他共に認める優秀な人物で頭もキレる反面、かなり傲慢な性格で、勝利のためなら違法行為ギリギリのきわどい手段を用いることも。

彼のポリシーは、不確定な感情論に惑わされず、“勝利”に執着すること。

クライアントを満足させる唯一の方法は、勝つことだけだと信じています。

甲斐は東大入学後に、ハーバード大学に留学した経歴を持つエリート中のエリートで、企業の買収や合併、企業間の戦略的提携など、主に“金になる”仕事を担当。

所属する「幸村・上杉法律事務所」ではトップクラスの稼ぎ頭で、シニアパートナー(出資者としての地位を持ち、事務所経営にも参画する弁護士)への昇格が手の届く位置にいます。

事務所の稼ぎ頭ではあるものの、極端に勝利至上主義で、そのためには手段を択ばない回のことを心配した上司は、解の精進の条件としてアソシエイト(パートナーとして働く若年の弁護士)を雇うことを提示します。

気乗りしないものの、その条件を受け入れた甲斐は、新人採用の面接会を開くことに。

そこに偶然やって来たのが、明晰な頭脳と、一度見たものは決して忘れないという驚異的な完全記憶能力を持ちながらも、悪友の影響でその日暮らしのフリーター生活を送り、さまざまな業種の替え玉受験で生活費を稼いでいた鈴木大貴(すずき・だいき)でした。

引用元:公式ホームページ

SUITS(スーツ/ドラマ)の主なキャスト

では、主演の織田裕二さん以外に、どんな方が役を務められるのか主なキャストを見ていきましょう。

●甲斐正午役:織田裕二さん

https://www.cinematoday.jp/interview/A0002266

 
 

●鈴木大貴役:中島裕翔さん(Hey!Say!JUMP)

 
 

●聖澤真琴役:新木優子さん

 
 

●幸村チカ役:鈴木保奈美さん

https://eiga.com/person/156182/

 
 

●玉井伽耶子役:中村アンさん

https://news.mynavi.jp/

 
 

●谷元遊星役:磯村勇斗さん

https://deview.co.jp/

 
 

●柳慎次役:國村隼さん

https://www.cinematoday.jp/interview/A0000825

 
 

●谷元砂里役:今田美桜さん

http://ct3.co.jp/mioimada/

 
 

●蟹江貢役:小手伸也さん

https://www.nikkan-gendai.com/

SUITS(スーツ/ドラマ)に期待する声

ここでは、独自に集めた「SUITS(スーツ/ドラマ)」に期待する方の声をご紹介します。

るんるんさん(20代)
米国ドラマのリメイク版で弁護士と記憶力がいい青年のタッグの異色がとても面白そうだなと思いました。

織田裕二は踊る大捜査線の印象が強いのでどんな演技をするのか気になりました。

織田裕二と中島裕人の年齢差のコンビもどうなっていくのか演技が楽しみです。

あかりさん(20代)
織田裕二がどのような弁護士を演じるかというところや、

今まで熱心な役から冷静な役まで幅広く演技されている織田の演技力が活かされるかどうかというところ、

弁護士として担当する案件がどのようなものであるかどうかというストーリー展開に期待する。

なこなこさん(40代)
海外ドラマで人気のある作品でずっと観ている。

配役が少し個人的にはイメージは違うけれども、ストーリー自体は面白い作品なので、なるべく海外版のイメージを壊さないように作られていれば弁護士もののドラマということもあって楽しめそうだと思う。

微妙な上司と部下の関係がキーポイントになるこの作品の良さを織田裕二さんと中島裕翔さんがどう演じてくれるのかが見物だと思う。

パラリーガルの役のセクシーさも重要なので、新木優子さんにも期待したい。

りんさん(60代以上)
海外ドラマの好きだったスーツが織田裕二さんなど出演だと知り内容は少し変更あるようですが、天才のマイク役をどういう風に演じるのか、アメリカの裁判の流れの速さが気持ち良いが、日本版で大丈夫なのか心配です。

初回、観て判断したいと思います。

段々と海外ドラマのリメイクばかり増えるのかと危惧しますが、日本には真似出来ないところがいっぱいあるので、期待はしないようにします。

コールドケースのリメイクもイメージが全然崩れ女優の方が嫌いになりました。織田さんは好きな俳優さん頑張ってほしいです。




おわりに

今回は2018年10月から始まる織田裕二さん主演の「SUITS/スーツ」の話数などの概要やあらすじやキャストをご紹介しました。

久しぶりに織田裕二さんが主演するので、とてもワクワクしています。

それに、「東京ラブストーリー」以来、27年ぶりの共演となる鈴木保奈美さんとのツーショットも早く見たいなと思います。

では、最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。