【伝説の魔女】は全何話?あらすじやキャストを相関図で紹介!

頑張っているすべての人に贈る痛快サクセスストーリーである韓国ドラマ『伝説の魔女~愛を届けるベーカリー~』

思わぬ縁で繋がった可憐でタフな4人の受刑者とその仲間による華麗なるリベンジから目が離せないストーリーに韓国では、最高視聴率31.4%を記録し、MBC演技大賞3冠も受賞しています。

 

今回は、そんな『伝説の魔女~愛を届けるベーカリー~』の概要やあらすじやキャストを紹介していきます。

スポンサードリンク

【伝説の魔女】は全何話?概要など

http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4942/?img_frame=0

ここでは『伝説の魔女』の話数や概要をご紹介します。

・放送局:  MBC

・放送日時: 2014年 全40話

・演 出:  チュ・ソンウ 『百年の遺産―ククスがむすぶ愛―』『愛情万々歳』
 
・脚 本:  ク・ヒョンスク『百年の遺産―ククスがむすぶ愛―』『19歳の純情』

【伝説の魔女】のあらすじ

夫を不慮の事故で無くしたムン・スイン(ハン・ジヘ)は、義理の父マ・テサン(パク・クニョン)に嵌められ横領の罪で刑務所に…。

そこで、スインは同じように無実の罪で服役しているボンニョ(コ・ドゥシム)、プングム(オ・ヒョンギョン)、ミオ(ハ・ヨンス)に出会う。

そして、刑務所のパン講師として出向いたウソク(ハ・ソクジン)とぶつかりながらも職業訓練院で製菓製パン資格証を努力の末に取得。

刑務所で出会った仲間たちやスインを認めたウソクの協力も得ながらベーカリー店を夢見て再起を目指す!

世間の偏見にも負けず励まし合いながら逞しく生きていく4人の女性たちの涙と愛と友情と、技術とやる気だけで⁉正々堂々と陥れたものたちと闘っていく爽快でコミカルな復讐劇でもあります。

スポンサードリンク

【伝説の魔女】の相関図

【伝説の魔女】のキャストを紹介!

ここでは、『伝説の魔女』のキャストを紹介していきます。

ハン・ジヘ(ムン・スイン役:マ家長男の嫁)

1984年6月29日生まれ。

2001年、スーパーモデル選抜大会をきっかけに芸能界デビュー。

2003年のドラマ『夏の香り』で本格的に女優デビュー、続く2004年にはイ・ドンゴンと共演したドラマ『ランラン18歳』や、映画『B型の彼氏』がヒットし、一躍人気女優の仲間入りを果たした。

韓国では珍しい“一重まぶた女優”としても有名。

共演したイ・ドンゴンとの熱愛説が何度も囁かれていたが、2010年検事と結婚。

主な出演作品
ドラマ:『雲の階段』(06)『いい時も悪い時も』(07)『相棒』(11)『金でてこい、コンコン』(13)『太陽がいっぱい』(14)他。

映 画:『シングルス』(03)、『B型の彼氏』(04)、『雲から抜けた月のように』(10)他。

 
 

コ・ドゥシム(シム・ボンニョ役:放火殺人罪)

1951年5月22日生まれ。

1972年MBCタレントとしてデビュー。

3放送局の演技大賞すべてを受賞した唯一の俳優で、最多受賞記録も保持する。

“国民の母”と呼ばれ、現在も精力的に活動中。庶民的な母親役が多いが、『上流社会』(15)では娘に冷たい財閥会長夫人に扮している。

主な出演作品
ドラマ:『雪の女王』(06)『未来の選択』(13)『ママ、お願い』(15)『ホジュン~伝説の心 医~』(13)『ディア・マイ・フレンズ』(16)他多数。

映 画:『朝に退勤する女』『グッドモーニングプレジデント』(09)

 
 

オ・ヒョンギョン(ソン・プングム役:詐欺師の服役囚)

1970年3月25日生まれ。

89年、ミスコリア「真」を受賞。

1988年「愛が花咲く木」でデビュー。

順調に仕事に恵まれるも人気絶頂のさなかに以前付き合っていた男性との個人的に撮ったビデオがネット上に流出し、活動休止を余儀なくされた。

結婚、離婚を経て『糟糠の妻クラブ』(07)で復帰。

『鳴かない鳥』(16)では、どん欲な悪女役を演じる。

主な出演作品
ドラマ:『サメ~愛の黙示録』(13)『月桂樹洋服店の紳士たち』(16)『ラジオロマンス』(18)他。

映 画:『二十歳』(15)

 
 

ハ・ヨンス(ソ・ミオ役:殺人未遂の服役囚)

1990年10月10日生まれ。

2013年上半期に登場した注目の新人。

20代でのデビューは遅い方だが、高校時代はアニメーションを専攻し、絵本作家を夢見ていた。

ネットショッピングのモデルをしていた際の写真が注目を浴び、芸能界に進む。

2013年映画「恋愛の温度」の助演でデビューし、ドラマ「モンスター」でヒロインに大抜擢され注目の的になる。

神秘的な雰囲気と異国的な容姿から「ハーフ」「外国人」などのうわさが立ったが、出身は韓国・釜山である。

韓国デビュー前は、日本でモデルとして活動していた。

主な出演作品
ドラマ:『じゃがいも星 2013QR3』(13)『伝説の美女』(14)『オー!半地下の女神たちよ』(17)他。

映 画:『恋愛の温度』(13)短編映画『天気雨降る』(14)『あなたの名前はチャンミ』(16)

 
 

ハ・ソクジン(ナム・ウソク役: ベーカリーシェフ)

1982年2月10日生まれ。

培明中学校、培明高等学校卒業後、漢陽大学機械工学科に進学、1学年を終えて軍に入隊。

除隊後に大学へ復学、他校に在学中だった友人が芸能プロダクションに就職したことを契機に2005年大韓航空の広告で芸能界デビュー。

デビュー後に「悲しき恋歌」(05)のキャストに抜擢され一気に注目される。

その後、映画デビューを果たし、ドラマや映画に多数出演。

プライベートでは、チャン・グンソクと大学時代の先輩後輩で親しい。

主な出演作品
ドラマ:『キム・マンドク~美しき伝説の商人』(10)『サメ~愛の黙示録~』(13)『自己発光オフィス』(17)他。

映 画:『放課後の屋上』(06)『止められない結婚』(07)『ハッピー・ログイン』(16)他。

 
 

パク・インファン(パク・イムン役:ウソクの義父、クリーニング店主)

1945年1月6日生まれ。

パク・イナン。日本語表記ではパク・インファン。

1967年劇団「架橋」に入団し演劇デビュー。

舞台にテレビに大活躍のベテラン俳優。

日本では「がんばれ!クムスン」で主人公を暖かい眼差しで見守った舅役で出演し知名度をあげた。

主な出演作品
ドラマ:『噂のチル姫』(06)『糟糠の妻クラブ』(07)『愛を信じます』(11)他。

 
 

パク・クニョン(マ・テサン役: シンファグループの創業者)

1940年6月7日生まれ。

1968年映画『地下室の7人』でスクリーンデビュー。

69年には『春夏秋冬』でテレビデビューし芸歴60年の大ベテラン。

数多くの作品に出演している。

主な出演作品
ドラマ:『第3病院』(12)『春の輪舞曲』(14)『ラブリー・アラン』(15)『美しいあなた』 (15)他多数。

映 画:『彼らだけの世界』(06)『グランドファーザー 哀しき復讐』(16)『チャンス商会 初恋を探して』(15)

 
 

チョン・インファ(チャ・エンナン役:テサンの後妻)

1965年10月27日生まれ。

1985年CMモデルに抜擢されドラマ『草原に昇る星』で女優デビュー。端正で清らかなイメージが受けて一躍トップスターとなる。

人気絶頂だった1989年、演技派俳優のユ・ドングンと結婚。

主な出演作品
ドラマ:『製パン王キム・タック』(10)『百年の遺産~ククスがむすぶ愛~』(13)『いとしのクム・サウォル』(15~16)他。

映 画:『愛歌』(07)




おわりに

主人公はスインだと思っていたのに、いつの間にか、ボンニョとウソク親子の過去の話がメインに…!?

なんて世間は狭いの?という韓流お決まりのパターンでしたが、放火殺人罪で30年も服役したボンニョが無実であったことが明かされ溜飲の下がる結末です。

ボンニョを好きになった刑務所の元保安係長のイムンの包むような優しい愛にほっこりさせられますよ。

ぜひご覧くださいね。

では最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。