浅草ほおずき市2017年の日程や時間!ほおずきの値段は?屋台は出る?

a0006_000223
a0006_000223

浅草のほおずき市、楽しみですね。

浅草寺の境内にびっしり立ち並ぶほおずきは、目に鮮やかで、どこか涼しさも感じさせてくれます。

ぜひ行ってみたいですよね。

そこで今回は、浅草ほおずき市の日程や時間などをまとめました。

ご計画の参考にして下さいね。

スポンサードリンク
  

浅草ほおずき市2017年の日程や時間

浅草ほおずき市の日程と時間は次の通りです。

日程:2017年7月9日(日)と10日(月)
 

時間:両日とも8:00頃~22:00頃

 

1日目は、23:00頃までにぎわっていることもありますが、2日目には、ほおずきが売り切れたお店は早々に撤退します。

売れ行き次第ですが、2日目の夜には、早めに行かれるといいでしょう。
 
 

また、浅草寺の本堂は、6:00~20:00なので、夜に行って参拝もするならば、初めにされることをおすすめします。

浅草ほおずき市の由来

毎年、7月9日と10日にある浅草のほおずき市。

もともとは、『四万六千日』の参拝日に由来します。
 
 

7月10日とは、この日に参拝することで、四万六千日のご利益が得られるという特別な日です。
 
 

四万六千日とは約126年で、人が生きられる最大が126歳までだとされたことから、その日が決められました。

その一生分のご利益を、この1日で授受するということで、多くの参拝者が訪れていました。

ところが、それに合わせて、9日にも多くの参拝者が訪れていたことから、7月9日と10日の2日間になったとされています。

スポンサードリンク

でも、なぜ『ほおずき』なのでしょうか。
 

それは、浅草寺の四万六千日にならって、他の神社でもこの日を取り入れた時に、芝の愛宕神社でほおずきが売られていたことに始まります。

ほおずきは、古くから薬草として煎じて飲まれており、ある種の持病や腹痛にも効く信じられてきました。

そのため、ほおずきを買い求める人が多くいました。
 

また、7月をお盆とする東京では、お盆の前にあるこの四万六千日に、市で並んでいる実を付けたほおずきを買い、仏前に飾ったとされています。

そのことから今度は、浅草寺が愛宕神社にならって、ほおずき市を取り入れることになったのです。

注意:食用ほおずきでないほおずきの実には、微量ながら毒を含んでいるものもあるので、確認して、口にしないようにして下さい。特に妊婦さんは、流産の危険性もあると言われているので、ご注意ください)

浅草ほおずき市の値段はいくら?

ほおずきと一口に言っても、実だけ、枝付き、鉢植えなど様々な形で並べられています。

境内には、約100軒の出店が並び、形態も値段も店ごとに違います。
 

そこでここでは、ほおずき市に並べられる値段の相場をご紹介します。

◆実だけ→約50円(ひご付き)

◆実だけ→約500円(袋詰め)

◆実付き枝→約1,000円

◆江戸風鈴付き鉢植え→約2,500円

 

大きさも形もたくさんあって、迷ってしまいそうですね。
 

値段は、不公平にならないように価格協定で相場は決められていますが、2日目の夕方辺りからは、値切りにも応じてくれるところもあるとか。
 

ですが、最後の方には、あまり実がついていないものや葉が少ないものなど、午前中と比べると質が落ちている場合もあります。良いものは早く売れてしまいますよ。良いものはお早めにどうぞ。

スポンサードリンク

浅草ほおずき市には屋台は出るの?

浅草寺には、普段から出店や屋台が並んでいますが、浅草ほおずき市では、ほおずきの出店の他、いつもより多くの屋台があります。

ほおずきの出店と合わせると約300軒かなり多めで、たくさんの種類の屋台が軒を連ねます。
 

食べ物の他、風鈴や子供向けのおもちゃなど、子供も大人も楽しめます。

日程が土日に重なる時だけではなく、平日であっても大変混雑していますので、注意して歩いて下さいね。

まとめ

浅草ほおずき市は毎年7月9日と10日に開催されます。

この2日間で、約50万人以上もの人が訪れ、約10万本のほおずきが売れるそうですよ。

また、浅草寺は東京屈指の観光名所で、外国人も多く訪れますので、大賑わいになりますね。

赤く色づいたほおずきと風鈴に涼をとりながら、ほおずき市を楽しんで下さいね。浴衣で行くのも乙な楽しみ方だと思います。

そして、ご利益もありますように。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。