口唇ヘルペスなら何科?内科でもOK?処方薬や料金を実体験から紹介!

dscf3206-edit_tp_v1
dscf3206-edit_tp_v1

唇がムズムズ、かさぶたが見苦しい・・・

口唇ヘルペスって、症状に加えて、見た目も気持ちをへし折りますよね。
 

私も1年に数回は必ず口唇ヘルペスができてしまうのですが、病院に行くことはありませんでした。

なぜなら、放置していても治っていたからです。
 

しかし、子供ができてママ友と話す機会が多くなって、美しい彼女らを前にこの唇がとても見苦しく思えてきて、薬を使うことに決めました。

話す時には、口元って、どうしても見られてしまいますからね。
 

ところが、薬を使ってみようと普通の薬局に行くと、「薬剤師がいる薬局じゃないと、薬はもらえない」と言われたため、病院に行くことになりました。

ということで今回は、私が行った病院は何科だったのか、そしてどんなお薬で料金はいくらかかったのかをまとめました。
 

口唇ヘルペスのような症状があり、何科を受診すればいいの?薬や料金はどんななの?と悩む方の参考になるとうれしいです。

スポンサードリンク
  

口唇ヘルペスは何科を受診?内科でもOK?

口唇ヘルペスになったら、皮膚だから皮膚科?内科じゃだめなの?と悩みますが、基本的には皮膚科にかかります。

初めての場合や症状が重い場合には、皮膚科の方がより専門的なので、皮膚科を受診してください。
 

しかし、2度目以降の発症で、初期症状(ムズムズする、かゆみがあるなど)の場合には、内科でも対応できるところも多いです。
 
 

どちらでも、受診の際には、問診と視診で口唇ヘルペスを判断し、ウィルスの繁殖を抑える薬が処方されます。

痛みなどがあれば鎮痛剤が処方されるので、症状がある場合には医師に伝えてください。
 
 
それで、
 
 

実際に私が行った病院は、内科でした。
 

理由は、口唇ヘルペスの再発であり、まだ患部が赤みを帯びてきた頃といった初期症状だったことと、皮膚科が近所にないからです。
 
 

受診した際には、受付では「口唇ヘルペスのような症状ですね」と断定はされず、医師の前に通されました。

そこで医師の視診後に、「口唇ヘルペスですね」と診断されました。
 
 

問診では、「どのくらいの頻度でできるのか」や「唇だけか」と、頻度や発生箇所の確認程度でした。

特に患部を触ったり、薬を塗るなどの処置はありません。

そして、その後に薬を処方して、支払いをして受診は終了です。

医師に診察を受けている時間は、3分程度でした。待ち時間のほうが長かったです。
 
 

私自身も、皮膚科か内科かと悩んだのですが、内科でも全く問題ありませんでした。

再発で症状が軽い場合には、近所やかかりつけの内科に行ってみてもいいでしょう。心配ならば、一度電話で確認することをおすすめします。

では続いて、どんな薬を処方されたのかをご紹介します。

スポンサードリンク

口唇ヘルペスへの処方薬

私が口唇ヘルペスで受診した時には、塗り薬と飲み薬の2種類を処方されました。

実際に処方された薬はこちらです。
 

◆ビダラビン軟膏3% 5g 1本
herupesu2

ビダラビン軟膏は抗ウィルス剤で、患部に直接塗ります。
 

薬剤師さんによると、頻度には特に決まりはなく、一度塗った軟膏が乾燥したり、気になる時に塗ってくださいと言われました。

一度に塗る量は、患部に薄くまんべんなく塗れる量ですので、2~3mmとそんなに多くはありません。

また、余る時には、常温保存で密閉してあれば、使用期限内は使えるそうです。
 
 

◆バラシクロビル500mg 1日3回5日分

herupesu1

バラシクロビルはヘルペスウィルスが増殖するのを防ぐことが期待されます。
 

口唇ヘルペスの初期症状で、患部がムズムズしているときは、ウィルスが増殖し始めている時です。

ピーク時に比べるとまだウィルスの量が少ない時期なので、その時にバラシクロビルを飲んでウィルスの増殖を抑えるのです。
 

頻度は、毎食後2錠。5日経っても症状が回復しない時には、もう一度受診してくださいと言われました。

けっこう大きく飲みにくいので、1錠ずつ飲んでいます。

口唇ヘルペスで病院に行った時の料金は?

まず、私は国民健康保険に加入しており、診察代と薬代の3割負担をします。
 

私が口唇ヘルペスで内科で診察をしてもらった時には、

診察代(初診代含む)→885円

薬代→2,055円

 

実際に支払った料金は、

合計2,940円

でした。
 
 

一方、実は私の母も口唇ヘルペスができるのですが、母が受診した時には、

診察代→1,100円程度

薬代→3,000円程度

だったと言っていました。
 
 

このことから、病院によって診察代も変わるし、どんな薬を処方されるのかによっても大きく変わることがわかります。
 

ですので、診察代だけだと1,000円前後、薬代だけだと2,000~3,000円を目安と考えておくといいでしょう。
 
 

薬代が、3割負担でも高いですね。

薬は1度の口唇ヘルペスで使い切ることがないので、次に再発した時に使うようにとって置こうと思います。(使用期限内ならば使いますが、期限が切れていたら使わないようにしてくださいね)

スポンサードリンク

口唇ヘルペスは早めの服薬がカギ!

私は、以前は口唇ヘルペスができても薬を使っていませんでした。

その時には、発症から完治まで、3週間~4週間かかっていました。しかも、かさぶたを無理やり取った跡が残り、その部分が赤くなったままです。
 

しかし、病院を受診し、薬を飲んだ結果、発症から完治まで2週間程度になりました。
 

今回は、ムズムズがおさまり、赤みがかった時に受診してこの期間でしたが、ムズムズしている時に薬を飲むともっと早く治ると医師に言われました。
 
 

口唇ヘルペスは、初期症状が出た時に素早く薬を飲むことが早く治るためのポイントとなるわけですね。

放置でも治らないわけではないですが、早く薬を飲んで治した方が悩む時間も短くなりますよ。

どうぞお大事になさってください。
 

※こちらの記事も合わせて読んで下さい。

口唇ヘルペスが再発を繰り返す原因って?!頻度や再発防止のポイント!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。