【シンデレラのお姉さん】は全何話?ostやキャストを相関図で紹介!

童話「シンデレラ」をシンデレラではない姉の視線から見た2010年版シンデレラストーリー『シンデレラのお姉さん』

家族模様や、切ない恋愛模様の繊細な描写に感動する人も多く、最高視聴率23.2%を記録しています。

ここでは、そんな「シンデレラのお姉さん」の話数や概要、キャストなどをご紹介していきますね。

スポンサードリンク

【シンデレラのお姉さん】は全何話?

http://www.cinderellassister.com/index.html

ここでは、「シンデレラのお姉さん」の話数や概要についてご紹介します。

●放送局:KBS

●放送日時:2010年3月~6月 全20話

●演 出:キム・ヨンジョ 『百済の王―クンチョゴワン』『オー・マイ・クムビ』 

●脚 本:キム・ギュワン『Dr.ギャング~ろくでなしの恋~』『プランダン』

あらすじ

男にすがって生きる母ソン・ガンスク(イ・ミニョン)のせいで本当の愛が何かも知らず、何の希望も持たず擦れて育ったウンジョ(ムン・グニョン)。

その母は、酒乱の夫から逃げ、今度はお金目当てで酒造所の大金持ちデソン(キム・ガプス)との再婚を決める。

デソンには、誰からも愛されて素直に育った一人娘のヒョソン(ソウ)がいた。

親の再婚で姉妹になった二人ウンジョとヒョソンが、同じ男性ギフン(チョン・ジョンミョン)に恋をしてしまう…

実の娘と変わらず愛を注いでくれた義父の酒造所を巡る陰謀も織り込みながら、描かれる三人の心の動きが繊細に描かれる。

スポンサードリンク

【シンデレラのお姉さん】のostは?

素晴らしいドラマには音楽ってつきものですよね。

ここでは、「シンデレラのお姉さん」のオリジナルサウンドトラックについてご紹介します。

 

<収録内容>
1. 君じゃなきゃダメなんだ(イェソン)
2. 呼んでみるの
3. 心を捨てた後に (日本盤のみボーナストラック)
4. 樹 (日本盤のみボーナストラック)
5. SMILE AGAIN(イ・ユンジュン)
6. 君だったと(JM)
7. 私の恋を助けて!(Pink Toniq)
8. シンデレラのお姉さん Title
9. 微笑んだら
10. ボサノバ
11. あの時、あの場所へ
12. 愛しているのなら
13. 裏山
14. マイナーワルツ
15. ゆっくり歩き
16. 後悔
17. 慕情
18. 私の恋を助けて! (Rock version)

韓国の人気アイドルグループSUPER JUNIORのイェソンのソロ曲や、人気急上昇ガールズ・ユニット、f(x)のルナとクリスタルが参加した曲が入り、韓国ファン人は必聴の内容になっています。

自然と流れてくる挿入歌が気になって購入したり、歌詞が気になって曲を聞きながらCDについている歌詞とにらめっこしている方もいらっしゃるようです。

一度サントラを聞いて、またドラマを見返すとさらに感情移入できそうです。

【シンデレラのお姉さん】の相関図

では、「シンデレラのお姉さん」の相関図を見ていきましょう。

【シンデレラのお姉さん】のキャストを紹介!

ここでは、「シンデレラのお姉さん」」に出演する主な俳優の紹介をしていきます。

ムン・グニョン(ソン・ウンジョ役:ヒョソン(シンデレラ)の義姉)

http://contents.innolife.net/liste.php?ac_id=20&ai_id=9478

1987年5月6日生まれ。

1999年12歳で子役として映画「路上にて」でデビュー。

2000年ドラマ『秋の童話』で、ブレークし“国民の妹”の愛称で親しまれるようになる。

2004年公開の映画『マイ・リトル・ブライド』は、総動員数310万人という大ヒットとなるが、2005年から学業に専念するため3年間休養。

復帰後に出演した『風の絵師』(08)では、男装する女性の役柄を完璧にこなし、その年のSBS演技大賞では、ベストカップル賞、演技大賞を受賞し圧倒的な存在感を見せつけた。

2017年に急性コンパートメント症候群にかかり闘病していたが、現在は完治し女優に復帰している。

主な出演作品
ドラマ:『明成皇后』(01)『妻』(03)『メリは外泊中』(10/KBS)『火の女神チョンイ』(13)『村-アチアラの秘密』(15)他。

映 画:『永遠の片想い』(02)『箪笥』(03)『ダンサーの純情』(05)『愛なんていらない』(06)他。

 
 

チョン・ジョンミョン(ホン・ギフン役:ホン家会長の愛人の息子、デソン都家のバイト)

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2021165

1980年11月29日生まれ。

モデルとして芸能界入りし、『学校2』で俳優デビュー。

ドラマ『ファッション70s』(05)や映画『台風太陽』(05)など話題作に続々出演。

各賞を多数受賞し、実力派俳優の仲間入りを果たした大注目俳優。

人気グループsg WANNA BE+のミュージックビデオなどにも出演している。

主な出演作品
ドラマ:『グッバイソロ』(06)『キツネちゃん、何しているの?』(06)『相棒』(11/MBC)、『マスター-麺の神』(16)他。

映 画:『アーユーレディ?』(02)『強敵』(06)『ヘンゼルとグレーテル』(07)『夜の女王』(13)他。

 
 

ソウ(ク・ヒョソン役:ウンジョの義妹、お嬢様育ち)

http://www.wowkorea.jp/

1985年7月7日生まれ。

本名はキム・ムンジュ。2007年映画『My Son~あふれる想い~』でデビュー。映画『ミスにんじん』(08)では、<第11回ディレクターズカット>授賞式新人演技者賞、<第7回大韓民国映画大賞>新人女優賞、<第28回韓国映画評論家協会賞>女性新人賞を受賞し、個性あるキャラクターと新人らしくないずば抜けた演技力で注目された。

人形のような可愛らしい容姿に、セクシーな魅力もみせる韓国期待の女優。

主な出演作品
ドラマ:『欲望の花火』(10/MBC)、『ガラスの仮面』(12)、『帝王の娘 スベクヒャン』(13)他。

映 画:『携帯電話』(09)、『坡州』(09)、『下女』(10)他。

 
 

テギョン(2PM)(ハン・ジョンウ役:ウンジョの弟的存在)

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2097683

1988年12月27日生まれ。

オーディションを経て、2008年男性アイドルグループ「2PM」のメンバーとしてデビュー。

作曲家でもある。

音楽番組のMCやバラエティー番組「ファミリーがやってきた2」へのレギュラー出演を経て本作で演技に初挑戦。

以後、歌手としてだけでなくドラマやバラエティーでも活躍。

幼少期にアメリカに住んでいたためグリーンカードを取得し持病もあり服役する必要はなかったが、アメリカ永住権を放棄し、ヘルニアの手術も受け兵役義務への強い意志から2017年9月ひっそりと入隊。

現在も兵役に就いている。

主な出演作品
ドラマ:『ドリームハイ』(11)『君を守る恋~Who Are You』(13)『戦おう、幽霊』(16)他。

映 画:『結婚前夜』(13)




おわりに

今回は、「シンデレラのお姉さん」の話数やOSTや出演俳優についてご紹介しました。

たくさんの素敵な俳優が出演している中、やっぱり注目なのは、本作が演技に初挑戦となった2PMのテギョン。

幼少期にアメリカに在住していたこともあり英語には堪能。

大学卒業のため受験したTOEICでは満点を獲るほどの実力の持ち主ですが、「シンデレラのお姉さん」では強いなまりのある方言で演じるのは苦労したそうで2PMのメンバーに指導を仰いだとか…。

そのかいあって、口数は少ないけれど温かくウンジョ一筋な青年を素敵に演じていました。

8年の間の変身ぶりにはシンデレラも真っ青ですが。

ぜひ「シンデレラのお姉さん」をご覧になって確かめてみてくださいね。

では最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。