小学校低学年の読書感想文の書き方と文章の組み立て!テンプレ付き!

子供にとって、待ちに待った夏休み!!

お母さん方は、どこかへ連れて行ってあげないとだとか、お昼ごはんを作らないとだとか、夏休みは、大変な思いをされている方もいるのではないでしょうか。

また夏休みには、子どもたちにはたくさんの宿題がありますよね。ドリルや工作もそうですが、苦労させられるのが、読書感想文。

小学校低学年ではなおさらむずかしく、一番たいへんな宿題ですね。

お母さんが作った文章では、低学年らしくないし、何をどう書いていいものやらと悩む方も多いものです。
 
 

でも、読書感想文の書き方のコツをつかめば、今までよりも簡単に、素早く完成できるのです。

ということで今回は、小学校低学年の読書感想文の書き方をまとめました。

どうぞご参考にしてください。

スポンサードリンク

小学校低学年の読書感想文の書き方~文章の組み立て~

まずは、本選びが大切になります。

お子さんの興味のある、一冊読み切れる本を探しましょう。
 

課題図書が出ていますが、学年を下げた本でも構わないのです。

お子さんが“これおもしろいよ”と思える一冊に出会えるといいですね。
 
 

では、実際に読書感想文を書くのですが、まずなぜこの本を選んだのかを書きます。

理由は、カバーの絵が気に入ったとか、面白そうだったからとか、お母さんにすすめられたなど、どういうきっかけで、この本出会ったのかを最初に書くといいでしょう。
 
 

次に、一番心に残ったことを書きます。
 

どういう所が一番面白かったのか、悲しかったのか、わくわくした、驚いた、怖かった、不思議に思ったなど、一番この本の中で話したくなる部分について、たくさん書きましょう。
 
 

そして、主人公の紹介をすると、どういう物語かが分かります。
 

主人公の特徴だったり、どんなところが好きなのかなど書くと、あらすじではないけれど、物語の概要が分かってくるので、内容ある感想文になりますね。
 

また、主人公や登場人物と自分を比較してみて、“もし自分だったら”という架空の話を書きます。
 

その文章に対して、『なぜ自分だったらそのようにするのか』という理由を書くと、とても具体的になります。

“もし自分だったら・・・”、“なぜなら私は~と思うからです。”、“主人公は~したけど、私はできないから、~すると思う”など、自分を本の中に入ってしまい、私ならどうするかを書くと、より本の世界観が伝わります。
 
 

最後に、その本を読んで、これから自分はどうしたいのかなどを書いて終わります。
 
 
まとめると、このようになります。

①なぜこの本を選んだのか

②一番心に残ったことや主人公の紹介

③本を読んで自分はどうしたいのか

 

書き方の組み立ては、このようにすればいいと分かったけれど、小学校低学年では、これらのことを書くのも結構大変ですよね。

あまり難しく考えず、次にご紹介する読書感想文のテンプレートを参考にしてみてください。

スポンサードリンク

読書感想文の書き方で低学年が書く時のテンプレートとコツ

一回読んで、さあ読書感想文を書こうというのは、高学年でも難しいものです。

2回以上は、繰り返し読んだ方がいいですよ。

ですから、なるべくページ数の少ないものから挑戦するといいですね。
 
 

読む際には、ふせんや、ノートをとるといいでしょう。(100均などのかわいいふせんを用意すると、我が家の子供は喜びます)
 

心に残ったところや、面白かったところ、不思議に思ったところ、わくわくしたところなど、なにか心に引っかかった点の場所に、ふせんを付けて、読み終わってからも読み返せるようにすると、スムーズに“なぜ面白かったのか”ということが書くことができます。
 
 

とはいっても、低学年のお子さんが、そのあとすぐに読書感想文を原稿に書くのは、難しい作業だと思います。

ですので、事前に、読書感想文の下書きにあたる構成(テンプレート)を、お母さん、お父さんで作ってみると、原稿書きが簡単に進められます。
 

例えば、このようなテンプレートはいかがでしょうか。

読書感想文のテンプレート
1、はじめに(なぜこの本を選んだのか)

わたしは、〔     〕という本をよみました。

そのりゆうは、〔   〕だからです。
 

2、中の部分(一番心に残ったことや主人公の紹介)

いちばん、心にのこったのは、〔   〕というぶぶんです。

なぜかというと、〔     〕だからです。

また、主人公は、〔    〕したけれど、わたしはだったら、〔    〕します。

(わたしだったら、〔    〕ことはできません。)

なぜなら〔    〕 だからです。

 

3、おわり(本を読んで自分はどうしたいのか)

わたしは、この本をよんで、〔    〕 とおもいました。

もっと〔    〕できるようになりたいです。

 

このように、国語のドリルのプリントのように、作ってあげると、その先の読書感想文の取り掛かりがスムーズにいきます。




おわりに

まだまだ、読むので精一杯の低学年ですので、親御さんの協力も必要ですね。

まずは、読みたい本を探す、メモ書きを使って、読書感想文の構成を作る、あとは原稿に書き、文をつなげる、など、時間と根気が必要になります。

でも、これからも読書感想文はつきものですので、ぜひ、低学年のうちは親子で、読書感想文を仕上げてみてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。