関西のあじさいの名所|おすすめ5か所はココ!ライトアップも。

a0001_011666
a0001_011666

桜やつつじの見頃が終わり、春も終わりを告げると、次なる花はあじさいですよね。

でも、どこに見に行くかが悩みどころです。せっかく見るなら『名所』と呼ばれるところも見ておきたいですね。
 

そこで今回は、関西のあじさいの名所を5か所ご紹介します。

お近くの場所やまだ行かれたことのない場所、ぜひ足を運んで下さいね。梅雨の憂うつ気分を吹き飛ばしましょう!

スポンサードリンク
  

関西あじさいの名所 矢田寺

奈良県大和郡にある矢田寺には、約60種、10,000株のあじさいが植えられており、山道に所狭しときれいに咲き乱れます。
 

早いものは5月中旬から、また遅いものは9月ごろまで、一番の見頃は、6月中旬~7月上旬です。関西の都市部のあじさいに比べると時期が若干遅くなりますので、都市部の開花後に訪れるといいでしょう。
 

また、矢田寺では、あじさいの見頃に合わせてアジサイ園が、6月1日~7月10日まで開園。あじさいまんじゅうやあじさい弁当なども販売されますので、そちらもお楽しみください。
 

土日はもちろん、平日でもツアー客や団体客が訪れ、混雑はしてはいますが、境内が広いので、ゆっくり見て回ることができますよ。足元が悪いのと、山道なので、歩きやすい靴で行かれると良いでしょう。

・住所:奈良県大和郡山市矢田町3549

・電話番号:0743-53-1445

・あじさい園オープン日:6月1日~7月10日

・拝観時間:8:30~17:00

・拝観料金:6月上旬~7月上旬のみ有料 大人500円、小学生200円

・アクセス:

■車なら→西名阪自動車道「法隆寺インター」または「大和まほろばスマートインター」、または第二阪奈道路「中町ランプ」下車

■電車なら→近鉄郡山駅から奈良交通バス「矢田寺行き」に乗車 ※あじさいの時期には、近鉄郡山駅とJR法隆寺駅から矢田寺行きの臨時バスが運行します。

・駐車場:周辺に有料あり(300円~500円)

 

関西あじさいの名所 三室戸寺

京都宇治市にある三室戸寺には、約50種、10,000株のあじさいが咲き乱れます。

境内に生える木々の根元を覆い尽くすように、たくさんのあじさいが咲き、お寺の雰囲気と相まって、一層美しく見えます。
 

三室戸寺の名物は「ハートあじさい」。ハートの形をしたあじさいを探すのを目的に、訪れる若い女性も多いですよ。
 
 

また、あじさいの時期には散策途中に茶屋がオープンするので、そこであじさいパフェや、抹茶かき氷なども楽しめます。あじさいパフェ、おすすめです。
 
 

そして、もう一つの名物は、あじさいライトアップあじさいの時期の土日に開かれます。薄暗い中に照らし出されたあじさいを見ながら、お昼とは違った雰囲気でしっとり散策できるでしょう。

・住所:京都府宇治市菟道滋賀谷21(とどうしがたに)

・電話:0774-21-2067

・拝観時間:8:30~16:30、ライトアップ19:00~20:30(受付)

・拝観料金:500円

・アクセス:

■車なら→京滋バイパス宇治東ICより3分 ※注意:大阪方面からは、京滋バイパス宇治西ICを利用

■電車なら→京阪「三室戸駅」下車後、徒歩15分
あじさいの季節には、JR宇治駅・京阪宇治駅より臨時直行バス「あじさい号」が運行予定
(あじさい号に関する問い合わせは、京阪宇治バス宇治営業所まで:0774-21-2067)

・駐車場: 収容台数: 300台(有料) 乗用車: 500円、バス: 2000円

関西あじさいの名所 神戸市立森林植物園

神戸市立森林公園には、約1200種の植物がある中、6月上旬~下旬にかけてあじさいが咲き乱れます。その数は約25種、50,000株と西日本最大級です。
 

森林公園の広大な森の中で、様々な彩りをみせるアジサイは、訪れる人を唸らせます。
 

あじさいの見頃の時期には、『水無月市』などのイベントも開かれます。とても広い公園で、芝生で走り回ったり、ピクニックもできますので、晴れた日にはお弁当を持って行ってもいいですね。

・住所:神戸市北区山田町上谷上字長尾1-2

・電話:078-591-0253

・開園時間:通常9:00~17:00(入園は16:30まで) ※「森の中のあじさい散策」期間中は、早朝、および土・日・祝日は延長開園あり

・休園日:毎週水曜日(祝日の場合は翌日) ※「森の中のあじさい散策」期間中は無休

・入園料金:中学生以上300円、小学生150円 ※浴衣の方はペアで入園料が無料になります。

・アクセス:

■車なら→阪神高速道路北神戸線箕谷ICから約10分

■電車なら→神戸電鉄北鈴蘭台駅から無料送迎バスに乗り約10分

・駐車場:700台(シーズン期は最大1,000台)乗用車500円

スポンサードリンク

関西あじさいの名所 三千院

京都大原の三千院では、往生極楽院から金色不動に向かう遊歩道沿いに約1,000株のあじさいが咲き誇ります。
 

あじさいが見ごろとなる6月中旬~7月中旬には、あじさい祭があり、各種催しが執り行われます。広い境内は木々で覆われ、その根元をあじさいが覆う様は、心落ち着けると、株数は少ないながらも人気の場所です。
 

同じ京都の三室戸寺に比べると混雑は少なく、小路のベンチで腰を下ろして眺めたり、散策しながら思い思いに楽しめます。

・住所:京都市左京区大原来迎院町540

・電話:0774-21-2067

・拝観時間:8:30~17:00(閉門17:30)

・拝観料金:大人700円、中高生400円、小学生150円

・アクセス:

■車なら→京都市街地から大原方面へ約40分、または名神高速道路「京都東ICから国道161号線経由「真野IC」で降り、「途中」方面から大原へ

■電車なら→JR京都駅から大原行き京都バス約1時間「大原」下車徒歩約10分、または、地下鉄烏丸線国際会館駅から京都バス約20分「大原」下車徒歩約10分

・駐車場:近隣の有料駐車場を利用

関西あじさいの名所 勝尾寺

大阪の箕面国定公園の中にある勝運の寺として有名な勝尾寺。その中に約3,600株のあじさいがあります。
 

山の中にある勝尾寺のあじさいは、大阪市内の見頃が終わりかけることに見ごろとなり、あじさいの見納めに訪れる方も多いですよ。
 

勝運のお寺ということもあり、至る所にだるまさんが。だるまとあじさいの競演も珍しく、写真におさめても絵になって面白いかも。
 

また、境内内はリード付きで、犬の入場も可能なので、お散歩がてら行ってみてはいかがでしょうか。

・住所:大阪府箕面市勝尾寺

・電話:072-721-7010

・拝観時間:平日8:00~17:00、土曜8:00~17:30、日・祝8:00~18:00

・拝観料金:大人400円、小中学生300円

・アクセス:

■車なら→名神高速道路茨木ICから約30分。近畿自動車道・名神高速道路吹田ICまたは中国自動車道中国吹田ICから中央環状線国道423号経由で約30分

■電車なら→地下鉄御堂筋線「千里中央」駅下車後、阪急バス北摂霊宛行「勝尾寺」下車すぐ

・駐車場:350台、普通車500円(2時間まで。以後1時間毎に100円)

スポンサードリンク

まとめ

関西であじさいを見るならおすすめは、

・矢田寺
・三室戸寺
・神戸市立森林公園
・三千院
・勝尾寺

です。

また、関西で、あじさいのライトアップを見られるのは、京都宇治市の「三室戸寺」だけです。

雨の日は足元は悪いですが、あじさいはより一層きれいに観られます。

ぜひ梅雨の楽しみとして、足を運んで下さいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。