お盆の海外旅行でおすすめは2泊3日ならココ!予約時期はいつ本格化?

a0960_005581
a0960_005581

お盆休みに海外旅行、いいですね。

がっつり休みを取って海外旅行に行ければいいですが、そうでない場合も多いですよね。

そこで今回は、2泊3日で行けるおすすめの海外旅行先をご紹介します。

ご計画の参考にして下さい。

スポンサードリンク
  

お盆の海外旅行でおすすめは2泊3日ならココ!

2泊3日の間には、飛行機のフライト時間や移動なども含まれています。
 

その時間を度外視して海外に行くなら、ヨーロッパでも行くことができるのですが、その分現地での滞在時間が短くなります。
 

ですが、高いお金を出して行く、貴重な旅先での時間。
 
 

飛行機に乗っている時間より、現地での滞在時間はしたいですよね。ならば、飛行機のフライト時間が短くしたいものです。

そこでここでは、日本から2時間~4時間(地域によってはそれ以上かかる場所もありますが)で行ける国を挙げていきます。
 
 

◆台湾

私のおすすめとして、1番目に紹介します。
 

フライト時間は約4時間、また時差は1時間で、短期間で往復できます。日本の沢山の地域から飛行機が発着しています。
 
 

観光はもちろんのこと、夜市やグルメやマッサージなど、昼も夜も休む暇なく遊びまわれます。

小龍包などのグルメや、近頃ではマンゴーかき氷などのスイーツは人気がありますね。
 

また、観光もいいですが、都市の中に広い公園でゆっくりできたり、反対に、夜市は活気があって、ワクワクが止まりません。
 
 

日本語を話せる現地の方も多いので、ここでご紹介する国の中では1番気軽に行けるのではないでしょうか。(ツアーの現地添乗員はほぼ日本語です。)

2泊3日であれば、主に台北に行かれる方も多いでしょうが、2度目であれば、私は高雄もおすすめです。台北とはまた違った景色を楽しめるでしょう。

8月の台湾は、かなり暑いので、休憩しながら観光して下さいね。
 
 

◆香港

フライト時間は約5時間、また時差は1時間です。香港も、日本からたくさんの飛行機が発着しています。
 

観光やグルメや夜市も楽しめて、交通アクセスも充実して入る観光都市です。

現地には多国籍の人も多く、日本とは違った雰囲気を感じます。
 

私のおすすめは、夜景ですかね。

ヴィクトリアハーバーでの夜景観賞は、二夜連続で行っても飽きません。「シンフォニー・オブ・ライツ」という光のショーが毎日行われますので、時間があれば見てみてください。
 

MTR(地下鉄)のエスカレーターの速度が速いので、注意して下さいね。

☆関連記事はこちら。

香港に子連れ旅行!子供も楽しめるおすすめ観光地と手ごろなホテルを紹介
 
 

◆韓国

フライト時間はわずか2時間半、時差はなし。韓国へも、日本の沢山の地域から飛行機が発着しています。

こんなにも手軽に行けるということで、日帰りする人もいるそうです。

韓国は、食事にショッピングに夜市。そして、女子にに嬉しいエステを、日本より安く楽しむことができます。

私も若い時に友達と行った時には、素っ裸になってあかすりを経験しましたけど、すごくさっぱりして良かったです。

また、素敵な夜景が見られる、夜のソウルタワーもおすすめですよ。
 
 

◆中国(上海)

フライト時間は約3時間半、時差は1時間です。中国へも、日本の沢山の地域から飛行機が発着しています。
 

上海は、北京に比べると、比較的清潔感があり、食事も日本人の口に合うのでおすすめです。
 

中国一の発展を遂げて近代化している一方、古めかしい街並みも残っていて、散策するとどこか懐かしい気持ちになるでしょう。

スポンサードリンク

◆グアム

フライト時間は約4時間で、時差は+1時間です。飛行機の発着空港は限られていますが、気軽に行けると人気の場所です。

美しい海が広がる島、リゾート気分満載に味わえます。

公用語が英語ですが、日本語を話す方も多く、困ることはないでしょう。

ツアーを申し込むと、バスの乗り放題チケットが付いてくることもあるので、申し込む際にはよく検討して下さいね。

 
 

★旅行先の治安などの情報は、こちらをチェックして下さい。
外務省 海外安全ホームページ

 
 

お盆の海外旅行の予約時期は?

年末年始、GW(ゴールデンウィーク)、お盆以外であれば、通常2か月前に予約をするのが一般的です。

時期によっては、旅行間近に予約しても希望の航空券やホテルが取れることがあります。
 

しかし、この3つの期間→年末年始、GW(ゴールデンウィーク)、お盆は違います。

2か月前では、希望の航空券やホテルを取ることは難しいと考えておいた方がいいでしょう。

できれば3か月以上前には、予約することをおすすめします。

8月のお盆であれば、海外旅行の予約は、3か月前の5月から本格化します。
 

ゴールデンウィークが明けるころを目安にして下さい。
 

ゴールデンウィーク明けたばかりなのに、すぐに夏休みの事なんて考えられないと思うかもしれませんが、中には、1年前にホテルの予約を入れたり、5月より前にツアーを申し込む人もいます。
 
 

ですので、もし行先やホテルや飛行機にこだわりがあるならば、5月でも5月より前でも、ツアー会社のホームページや旅行代理店、また、飛行機のチケット情報などを検索して調べてみましょう。

 

そして、条件が合えば、予約をしておくことをおすすめします。
 

その際には、後にもっと条件に合う旅行が出てくる可能性もあるので、必ずキャンセル規定を確認しておいてくださいね

旅行会社によっては、メルマガを発行していて、その中で半年前あたりに先行予約を受け付ける会社もあります。

ご希望の会社があれば、チェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

<<個人旅行の場合>>

お盆に海外旅行を考えている方の中には、個人旅行をされる方もいますよね。

個人手配の旅行では、航空券もホテルも自分で予約をします。ツアー参加などがない分、自由に過ごせるところが良い所ですが、航空券やホテルの手配は努力が必要ですね。

◆航空券の場合

航空券は、通常期は時期によって、セールで安くなることもあります。

しかし、GWやお盆などの繁忙期には、予約時期が早くても遅くてもほとんど料金が変わることがないので、早めに予約しておくことをおすすめします。

これはLCCでも同じことで、繁忙期にはLCCでも料金は高いですが(といっても、レガシーキャリアよりは安い)、早めに予約するに越したことはありません。
 
 

◆ホテルの場合

ホテルに関しては、日本の休みが、その国の休みと重なることは少ないですが、8月には、アジア、欧米諸国の夏休みと重なります。
 
 

例えば、私は関西で観光業に携わる仕事をしていますが、関西の観光都市の宿のお盆休みあたりの予約は、早い人で半年以上前からされています。

ですので、希望のホテルやホテルのグレードなどこだわりの条件あるならば、5月より前か遅くとも5月中には決めておかれるといいですよ。
 
 

また、1人旅ならば、自由は効きますが、家族や団体など人数が多ければ、早めに予約されることをおすすめします。希望の部屋タイプが取れないことや、取れても部屋同士が離れていたり、階が違うこともあります。

こちらも、後にもっと条件に合うホテルが出てくる可能性もあるので、必ずキャンセル規定を確認しておいてくださいね。
 
 

私自身も、家族での個人旅行が多いですが、海外のホテルならば、一度半年前に予約をします。そしてその後に、もっと条件に合うホテルがあったら、初めのホテルはキャンセルしますよ。

だから、キャンセル規定の確認は必ずしますし、同じ部屋でも『返金不可』で安くなっている方は選びません。

まとめ

お盆に限らず、2泊3日で行く海外旅行のおすすめの場所は、

・台湾

・香港

・韓国

・中国(上海)

・グアム

です。

いずれも2時間から5時間のフライト時間で行くことができ、現地での滞在時間を多く持つことができます。

GW後から本格的に予約の時期が始まりますので、ホテルや飛行機など、こだわりの条件があるほど早めに予約されることをお勧めします。

どうぞ楽しいお盆休みをお過ごしください。
 

★こちらの記事も合わせて読まれています。

海外旅行にクレジットカードは何枚?必須国際ブランドと限度額引き上げについて

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。