大晦日の京都市バスは運行するの?一日乗車券は年越して使えるの?

a0027_001929

a0027_001929
大晦日にもたくさんの観光者が、
京都で年越しをしようと計画を立てていらっしゃいます。

京都観光の交通手段と言えばバスが便利。

大晦日にも大変混雑が予想され、多くの方がバスを利用されます。

その中には、日中だけじゃなく、
年越しにもバスを利用したいと考えている方もいらっしゃいますよね。

でも、大晦日の夜にはどこをバスが運行するか、
そしてバスの一日乗車券は使えるのか使えないのか気になるところです。

そこで今回は、
大晦日の京都市バスの運行状況と、
京都市バス・京都バス一日乗車券を使えるのか
についてお伝えします。

スポンサードリンク
  

大晦日の京都市バスは運行するの?

大晦日の京都市バスは、
昼間は通常の運行で、日・祝の時刻表になります。


そして、夜なんですが、

午後9時30分頃から元旦の早朝5時15分頃まで

特別運行が3経路であるのです。

こちらは、2016年の運行経路図です。

●運行経路

oomisoka2016
出典:http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/cmsfiles/contents/0000211/211956/sankou.jpg

●系統と行き先、運行本等

(注:こちらは、2016年の場合です。)

・特50号系統

行き先:北野天満宮方面

運行時間:京都駅前発 始発 21:30
           終発  5:15

運行本数 20本

時刻表

・特201号系統

行き先:北野天満宮、平安神宮方面

運行時間:四条大宮発 始発 21:30
           終発  5:15

運行本数 40本

時刻表

・特206号系統

行き先:八坂神社、清水寺方面
   (注:八坂神社前(祇園)には、混雑のため止まりません)

運行時間:京都駅前発 始発 23:20
           終発  5:00

運行本数 14本

時刻表

京都市バスの一日乗車券は大晦日に使えるの?

京都でバスを使うなら、京都市バス・京都バスの一日乗車券は、
京都観光には欠かせませんよね。

区間内で1回乗ると230円のところ、
一日乗車券は500円なので、3回以上乗る方は、
お得にバスに乗ることができます。

近年では、嵐山まで範囲が広がり、
また、京都バスも利用できるようになるなど、
使い勝手が格段に良くなっています。

スポンサードリンク

そのため大晦日も、日中は観光のために、
一日乗車券を使う方も多くいらっしゃいます。

通常は1日のうちの何時から利用しても、
1回利用したら、その日の午後11時59分までしか使えません。

使い始めた時間からの24時間利用可能ではないのです。


だけど、大晦日の夜だけは違います

元旦の早朝5時15分頃まで運行する、
特別運行の京都市バスに使うことができるんです!

もし、12月31日から1月1日の午前5時15分頃までの間に、
バスを3回以上利用する予定があるなら、
ぜひ京都市バス・京都バス一日乗車券を利用することをおすすめします。

しかし、1月1日の通常運行のバスは、早朝であっても、
また新たに一日乗車券を買う必要があるのでご注意を。

まとめ

京都市の主要な観光地に行くならバスは欠かせない手段です。

だけど、大晦日の夜には大変混雑しますので、
経路や時間の確認を前もってすることをおすすめします。

寒い中バスを待つことになるので、防寒対策もしっかりとです。
地下鉄の駅が近いならば、地下鉄を利用することも考えてくださいね。

スポンサードリンク

良いお年をお迎えくださいませ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。