寒さ対策にお金をかけない!部屋の床や窓には?100均お手軽防寒

cafe_snow
cafe_snow

寒くなると、つい暖房をつけてしまいますよね。

こたつにエアコンにホットカーペットなど、
細かめに電源は切っているつもりでも、
冬には電気代が跳ね上がってショックを受けます。

我が家も冬が深まるにつれ、
電気代が右肩上がりで明細を見てはため息・・・

そこで、
我が家も含め、そんなご家庭で
今年の冬は電気代をおさえるべく、
お金をかけないで寒さ対策をできる方法についてまとめてみました。

スポンサードリンク
  

寒さ対策をお金を掛けないで安く済ませるには?

これには、自分で対策をするということにつきます。

部屋が必要以上に寒くならない方法は、
基本的には、床や窓に何らかの対策が必要
になってきます。

つまり、
冷気を入れないことや暖房で暖かくなった空気を保つことが大切です。

これを工務店や専門家に頼むと、
数万単位でお金がかかってくるので、
次からご紹介する方法で、できるだけ自分で取り組みましょう。

寒さ対策を部屋の床と窓に!

寒さ対策は先ほども述べたように、
床と窓に施すことが大重要です。

それをお金をかけずに行う方法を挙げていきます。

部屋の床に寒さ対策する方法

まず、フローリングの場合、
アルミシートを敷いて、その上にカーペットやこたつをすると
床からの冷えを遮断できます。

アルミシートは100均で安く手に入るので、
買ってみて損はないです。

また、アルミの色が気になりますが、
その上にカーペットなどを敷くことによって隠れるので
心配はいりませんよ。

つぎに、畳の場合ですが、
畳を1回はずして、そこに新聞紙を敷き詰めます。

新聞紙は断熱効果がとてもよいことで知られています。

必ず重なるようにすることと、
隙間がある角には、
くしゃくしゃにした新聞紙を詰め込むことがポイントです。

また、フローリングにも畳にも使えるもので、
段ボールもあります。

こちらも、カーペットなどの下に敷くことで、
断熱効果が期待できます。

まとめると、
フローリングには、アルミシート、
畳には、新聞紙
両方に使えるものは、段ボール
です。

どれも、100均やホームセンター、
またはタダで手に入るものなので、
お金をかけない寒さ対策ができますね。

部屋の窓に寒さ対策する方法

窓がしっかり閉まっていても、
ガラス越しに冷たさが伝わってきます。

だから、
その冷たさをシャットアウトしましょう。

そのために使えるのが「プチプチ」。

梱包材としてよく使われていますよね。
プチプチってつぶすのが楽しいアレです。

それを窓に貼り付けていきます。

貼り付け方は、水貼りといって、
水を付けて貼っていく簡単な方法があります。

しかし、時にはずれてしまうことがあるので、
しっかり貼りたい!(けど、跡は残したくない)ならば、
マスキングテープを貼った上に、両面テープを貼ってプチプチを貼ってください。
(※窓が乾いている時にして下さいね)

あ、あと、プチプチを貼る注意点として・・・
プチプチの面をガラス側に向けてください!
これだと窓とプチプチの間に空気の壁ができて、断熱効果が上がります。

その他の方法としては・・・
・遮断シートを貼る
・厚めのカーテンで冷気を遮断
・窓の下側に段ボールや発泡スチロールなどを立て掛け冷気を遮断

など、簡単な寒さ対策があります。

スポンサードリンク

寒さ対策で使える100均のアイテム

部屋の床や窓の寒さ対策に使えるものも、
100均で買えるものがありましたが、
ここでは、その他のものをご紹介します。

◆隙間テープ

これは我が家が一番使っているものです。

窓の隙間はもちろんのこと、
部屋と廊下や部屋と部屋の隙間から冷気が来るのを遮断します。

◆シャワーカーテン

窓のカーテンには薄いものもありますよね。

そんな場合には、100均のシャワーカーテンをプラスし、
カーテンを二重にしましょう。

つっぱり棒で簡単に取り付けることができます。

◆コルクマット

数を取りそろえる必要がありますが、
コルクマットも冷気を遮断するのに効果的です。

取り外しができるので、
お子様が何かこぼしたり、汚れたりしても簡単にふけるし、
部分的に取り換えることもできるので、
清潔が保てます。

◆その他、自分の体を温めるもの

ネックウォーマーやもこもこ靴下、
スリッパや湯たんぽ(200円)などをそろえることができます。

しょうが湯などもありますね。

ちなみに私は、
もこもこ靴下を愛用しています。

足元が温かいと、体が温まりますよ。おすすめです。

寒くなると、100均には、
寒さ対策コーナーが設けられることがありますので、
1度チェックして使えるものは取り入れてみて下さい。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?
お金をかけなくても自分で寒さ対策ができそうなことばかりですね。

お金をかけずに電気代も抑えられたら、電気代に悩むことはなくなりそうです。

我が家も子どももいて、電気代が毎年恐ろしいことになっていますので、
早めの対策で行きます。

次回の電気代に反映できますように!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。