日比谷公園雲形池(くもがたいけ)は鶴の噴水も有名!場所やアクセスは?

kumogata2

9月3日の、日曜ビッグ

「緊急SOS!超巨大怪物が出た!出た!池の水ぜんぶ抜く大作戦4」で、

東京都の日比谷公園にある、

雲形池の水を全部抜いたら、

歴史的なお宝が見つかったそうですね。
 
 

日比谷公園は都民だけではなく、

名前だけならなんとなく知っている~という方も多いですよね。
 
 

私も行ったことはありませんが、

名前だけなら知っています。
 
 

当たり前に存在している公園で、

今回、お宝が発見されたことで注目が集まるのではないでしょうか。
 
 

そこで今回は、

日比谷公園の雲形池について調べてみました。

日比谷公園とは?

日比谷公園雲形池の鶴の噴水について!

日比谷公園雲形池の場所は?

日比谷公園雲形池のアクセスは?

どうぞ宜しくお願いします!

スポンサードリンク

日比谷公園とは?

日比谷公園は、東京都千代田区、皇居の近くにあります。
 
 

1903年に開園した日本初の洋風近代式公園で、

現在は、周辺に官公庁や企業があるために

ビジネス街の緑のオアシスとなっています。
 
 

しかし、幕末までは、近くに江戸城(現在の皇居)があることから、

主に松平肥前守、すなわち佐賀藩鍋島家の屋敷地となっていました。
 
 

その他、北側には御用屋敷、萩藩毛利家、

南側には三草藩丹羽家、吹上藩有馬家、福知山藩朽木家、

盛岡藩南部家・唐津藩小笠原家・狭山藩北条家の

名だたる藩の屋敷もありました。
 
 

そんな歴史的な土地にある日比谷公園の一部に

雲形池はあります。
 
hibiyakouen
引用:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/map037.html
 

それで今回、「池の水ぜんぶ抜く」では、

佐賀藩鍋島家で使用されていてた『軒丸瓦』が

発見されたということですね。
 
 

佐賀藩の家紋は、これですが、
 

sagahai

 
番組で出てきた軒丸瓦と同じですね。

kawara
引用元:http://www.sponichi.co.jp/

 

ちなみに軒丸瓦(のきまるがわら)とは、

軒先などの屋根の端っこに飾りとしてつけるものです。
 
 

現代では余り見ることはありませんが、

古くからある家ならあるかもしれませんね。
 
 

日比谷公園やその周辺には、

多くの藩が存在していたということなので、

掘ってみると多くのお宝が眠っているかもしれませんね。
 
 

日比谷公園には、雲形池以外に2つの池があるので、

今後また番組の企画で池の水を抜いてほしいものです。

スポンサードリンク

日比谷公園雲形池の鶴の噴水について!

kumogata

番組で雲形池の水を抜く時に、

鶴の噴水が見られると思います。
 

この鶴の噴水は、

公園の装飾用噴水としては、

日本で3番目に古いものです。
 

(1番目は長崎の諏訪神社、

2番めは大阪の箕面公園)
 
 

また、この鶴の噴水は、

作られた当初は、鶴も台座も銅製でした。
 
 

しかし、戦争中の金属回収で

台座が石造りになってしまいました。
 

銅製だったら、今よりさらに存在感があり美しいでしょうね。

残念です。
 
 

雲形池では、冬になると水面に薄い氷が張り、

鶴の像の羽の部分につららが下がります。
 
 

それが日比谷公園の冬の風物詩となり、

その時には見物者がその美しさに感嘆するようです。
 
 

その他、雲形池では紅葉や新緑、そして藤棚も有名で、

多くの人が憩いの場として親しんでいます。

日比谷公園の場所は?

じゃあ、実際に日比谷公園に行ってみよう!ということで、

場所やアクセスなどをご紹介します。
 
 

東京在住の方だけじゃなく、

観光や出張で東京を訪れたら

足をのばしてみてください。

 
 

住所:東京都千代田区日比谷公園

 

公園は常時開園していますが、

サービスセンターや各施設は年末年始には休みになります。
 
 

公園への入場料は無料ですが、

一部施設では有料のところもあります。
 
 

日比谷公園へのアクセスや駐車場について

日比谷公園は、いわば東京のど真ん中にあるので、アクセスも便利です。

■東京メトロ丸ノ内線・千代田線「霞ヶ関」

■東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷」

■都営地下鉄三田線「日比谷」下車 (A10・A14)出口すぐ

■JR「有楽町」下車 徒歩8分

 
 

そして、駐車場もあるので、車で行くこともできます。
 

駐車場は地下駐車場になっていて、有料です。

●乗用車で行く場合の料金

・8:00 ~ 22:00 30分/300円

・22:00 ~ 翌朝8:00 30分/150円

平日(月~金)当日1日最大2,700円

【タイムズクラブカード割引 2,300円】

休日(土・日・祝)当日1日最大2,700円

【タイムズクラブカード割引 2,300円】

※ 車高:2.2mまで

 

駐車場は、タイムズサービス株式会社が

管理しているので、タイムズクラブカード割引もあります。

カードをお持ちの方はお忘れなくご持参ください。
 
 

●自動二輪をとめる場合には、

60分につき100円となっています。
 

日比谷公園地下公共駐車場の住所は、

東京都千代田区日比谷公園1-2です。

日比谷通り側から入ることができます。

スポンサードリンク

終わりに

今回話題になった日比谷公園の雲形池。

お時間があれば、足を運んでみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。