体操着ディズニーはダサい?人気?流行る理由や評判は?

こんにちは、ハナです。

 

 

今日のニュースを見ていたら、なにやら最近のディズニーランドでは、体操着を来て楽しむ若者がいるようですね。

 

 

 

実際の写真を見てみましたけど、「それってなんか取り違えてない?」と思ってしまいました。

 

 

 

でもなぜだか、インスタグラムでは盛り上がっているようで、若者の流行に首をかしげてしまいます。

 

 

 

私も歳をとってしまったのか・・・

 

 

 

ということで、今回は、どうしてこんな体操着ディズニーが流行っているのか、その理由と、世間の評判を調べてみました。

 

 

どうぞよろしくお願いします。

スポンサードリンク

体操着ディズニーとは何か?

 

体操着ディズニーとは、体育服を着てディズニーランドに行くことです。

 

 

これまでにも、「制服ディズニー」として、中高生ではない社会人が、過去の制服を持ち出してディズニーランドを楽しむ方もいます。

 

その制服が、高校生の間では体操着になっているというわけですね。

 

 

実際の画像は、こんな感じです。

 

やっぱりどう見ても違和感しかないですが、世間での反応はどうなんでしょうか。

スポンサードリンク

体操着ディズニーの評判は?

 

と、批判的な意見が多く見られました。

 

 

体操服は学校の授業の為の服なので、入園にふさわしくない、学校や運動目的以外での着用はふさわしくないと、考えている方も多いようです。

 

 

 

 

しかし、一方で肯定的な意見もありました。

 

 

いつの時代にも、年長者からして若い方の考え方とか、なぜそれが流行っているのかって理解するのは難しいところですね。

 

 

 

 

私だってルーズソックスを履いていた時には、母親から「ダサい」「おかしい」と散々言われていましたし。

 

 

 

世代による、価値観の大きな違いも関係しているのかもしれません。

 

 

 

 

ここは、体操着ディズニーで批判されっぱなしの、現役高校生の意見も聞いてみたいとろこですね。

 

 

 

 

 

では、東京ディズニーランド側としては、服装に対してどのようなことを望んでいるのか、規約を確認してみましょう。

・次の行為は固くお断りします。

・危険物の持ち込み ・ドローン、ラジコン機等の飛行

・お客様同士でのチケット類の譲渡・交換およびそれらに伴う金銭の授受

・物品等の販売および陳列 ・ビラ等の配布 ・集会、演説 ・商業目的の撮影等

他のお客様等のご迷惑となる撮影および公衆送信 ・入園にふさわしくない服装・刺青等

・東京ディズニーランド/東京ディズニーシーおよびその関連施設の運営の妨げとなる一切の行為

引用:http://www.tokyodisneyresort.jp/guide/caution/forguest.html

 

とし、来園者への協力の呼びかけとして、

 

ご着用の衣服についても確認させて頂くことがありますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

引用:http://www.tokyodisneyresort.jp/guide/caution/forguest.html

 

と書かれています。

 

 

 

そう考えると、東京ディズニーランドに入園できているという時点で、東京ディズニーランドにとっては「入園にふさわしくない服装」ではないということですよね。

 

 

 

だけど、先程の評判を見てみると、その体操着姿をみて、夢を失う方もいるんですよね。

 

 

でも一方で、体操着ディズニーをやりたい方たちは、ディズニーランドで体操着を着るのが夢。

 

 

 

どう判断するか、今回話題になったことで今後もさらに注目されるでしょうし、東京ディズニーランドとしてはどう対応するか難しいところですよね。

 

 

 

 

 

実は、体操着ディズニーは今に始まったことではなく、2014年あたりから始まっていたようです。

 

 

 

その時の世間の反応としては、

 
 

「非常に場違いな装いで、悪目立ちしすぎ」

 

「可能であっても、こういった場にふさわしくない服装はほんとに景観を損なうのでやめてほしい」

 

 

と、このように以前から評判は良くなかったのですが、なぜ流行は加速したのでしょうか。

体操着ディズニーが流行る理由は?

 

体操着ディズニーが流行る理由として、東洋経済オンラインでは、このように書かれています。

「恰好から入る」という新しいディズニーの楽しみ方。SNSの普及により、それまでアトラクションに乗ることがメインだったディズニーが写真を撮って楽しむためのディズニーに変貌していく中、その中でもっと目立ちたい、もっといい写真が撮りたいと気持ちが高まっていった結果

ダサさとシュールさがディズニーという夢の国ならば体操着が“特別なもの”に変わる。いつもと違う自分を演出することもできるとBさんは言う。「制服ディズニー」がもはや高校生の特権でなくなってきた結果、体操着に目をつけたのかもしれない。

引用元:http://toyokeizai.net/articles/-/190721

 

 

一昔前と現代と決定的に違うのは、SNSの普及ですよね。

 

 

 

それも、中高校生にまで普及していて、中高校生たちがSNS内で目立ちたいという思いが深く関係しているようでした。

 

 

 

そこの理解って、自分たちが中高校生時代にSNSを利用していなかった世代としては、難しいですよね。

 

 

 

無理に理解しようとせず、現象として受け止めるといいのかなと思います。

おわりに

 

肯定的な方の意見も聞いてみると、現代の若者の価値観(SNS映えとか、集団意識とか)、いろんなことが組み合わさって流行しているんだと理解できました。

 

 

でも、アラフォーのオバサンとしては、ディズニーをモチーフにしたコーデや、制服ディズニーあたりがとてもかわいくていいんじゃないかと思います。

 

 

そして、自分の子供にも、体操着でディズニーランドには行ってほしくないですね。

 

 

一部では、「パジャマディズニー」なるものがあるそうですし、価値観って多様だし、次は何が流行るか楽しみでもあります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。