口の周りだけが乾燥する原因は?保湿で乾燥を食い止めよう!ニベアはOK?

冬は乾燥しやすい季節です。

気が付けば、口の周りだけがカサカサ乾燥しているということもありますよね。


私も頬やおでこは乾燥していないのに、口の周りからあごにかけて粉がふいていることがありました。

 

それでなんでかなと疑問を持ち、調べてみると、口元だけ乾燥する原因があったんです。

そこから日頃のちょっとした行動を意識し、ケアしてみると、まったく乾燥が気にならなくなりました。

 

では今回は、口の周りが乾燥する原因や理由、そして対策(ケア)の方法を紹介していきます。

スポンサードリンク
  



口の周りだけが乾燥する原因は?

顔の他の部分は乾燥していないのに、口の周りだけが乾燥していることありますよね。

 

それには2つの原因があるのです。

 

1つ目は、

顔の皮膚の厚さが均一ではないことです。

 

おでこや鼻、頬に比べて、口元の皮膚は薄くなっています。

 

だから、同じようにケアしていても、同じように外気の乾燥などの負担がかかっても、口周りは先にダメージを受けやすいのです。

 
 

また、口の周りは、何気なく手で触ったり、食後に拭いたり、洗顔でも力が入れやすい部分ですよね。

そいう言ったことが、口の周りの皮膚を傷つけ乾燥へとつながっていきます。

 
 

2つ目に、

顔の形状上、口の周りは、へこんでいることです。

 

それもあって、洗顔後に化粧水や保湿クリームが十分につけられていないことも考えられます。

 
 

また、しっかりケアしていたとしても、先ほども書いたように、口の周りは食後や歯磨き後など拭いたりしますよね。

 

また、ドライヤーの風も直接あたります。

 

さらには、寝ている時には布団や毛布でこすれることもあります。

 
 

そんなときに、知らず知らずのうちにケアしたものがはがれていくこともあるのです。

 
 

口元が乾燥する原因をまとめると、

・口の周りの皮膚が、顔の他の部位に比べて薄く、ダメージを受けやすい

・口の周りはへこんでいるので、ケアが行き届いていない

・口の周りは何気なく触る機会が多く、ケアしたものがはがれやすい

ということになります。

 
 

その結果、口の周りの皮膚に負担がかかり、肌を守るバリア機能が十分に果たされなくなってしまい、最終的に乾燥して粉を拭いたりかゆみが出てしまうのです。

スポンサードリンク

口の周りの乾燥を保湿で食い止めよう!

原因が分かったところで、そこから口の周りの乾燥を食い止める方法として、

・しっかり保湿すること

・なるべく触らないようにする

・拭いたり触ったりした後は、再びしっかり保湿する

ということが大事だということが分かります。

 

保湿は、保湿クリームを使うと、手軽にすることができます。

 

洗顔後のケアの時はもちろん、食後や乾燥が気になるときに塗ってください。

 

また、外出時や職場でも、保湿クリームを常備し、こまめに塗って乾燥しないように備えましょう。

 
 

さらに、口の周りだけじゃなく、手や足なども乾燥するという場合は、顔の保湿用と全身の保湿用を合わせ持っておくこといいですね。

 

顔と全身を、一つの保湿クリームでカバーできるものもあります。

 

あなたの肌への合う合わない、また、使いがってを考えて選んで下さいね。



口の周りの乾燥にはニベアもOK?

ニベアと言えば、全身の保湿に効果的で長年に人気の保湿クリームです。

私も、家でも愛用中。

 

そして、職場でもチューブタイプを持っています。

 

ニベアって、コンビニや薬局でも手に入り、他の保湿クリームに比べて169gで450円前後と値段も安いので、気軽に使うことができます。

そして、全身の他、顔にも使えるので、口の周りが乾燥している時や乾燥予防として使うことができます。

 

実際に私も使っていました。

 

私自身も暖房の中にいる時間が多い上、何気に口元を触ることがあるので、乾燥していました。

 

私の場合は、初めはニベアだけで顔も手足にも塗っていましたが、顔のべた付きが気になるので、クリームは顔用と全身用を使い分けるようにしました。

 
 

ニベアでもべた付きや、その後の副作用がない場合は、口の周りの乾燥対策として使えます。

 

だけど、私のようにべた付きが気になって、口元を触るようになると逆効果です。

また、人によっては、体には良くて、顔には合わない場合もあります。


その時には、顔への使用をやめ、顔用の保湿クリームや別の全身用の保湿クリームにして下さい。



まとめ

口の周りの乾燥は、人に見られるところでもあるので、気になりますよね。

家でも職場でも保湿クリームをこまめに塗って、乾燥対策をして下さい。

もし、かゆみがあったり、肌荒れがひどい時は、病院を受診することも考えてみてくださいね。

 

乾燥の関連記事

肌の感想には、保湿クリーム以外にも、食事や湿度調整で対策できることもあります。

こちらの記事を合わせて読んで下さい。

冬に乾燥肌になる原因は?保湿と食事でうるおいお肌に!

部屋の乾燥を防いで朝の喉の痛みに対処!湿度の基準は?加湿方法で簡単なこと

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。