タクシーに上司と2人で乗る時の席次や支払いなどビジネスマナーを確認

a0006_001487
a0006_001487

上司と2人でタクシーに乗るのって、
緊張しますね。

それに合わせて、初めての時は、
部下である自分がどこに乗っていいのか悩むものです。

それならここで、
タクシーに上司と乗るときの、
席次や支払いなどのビジネスマナーを確認して、
スマートな振る舞いの仕方をわきまえておきましょう。

スポンサードリンク
  

タクシーに上司と2人!席はどうする?

一般的にタクシーに乗るときの上座は、運転手の後ろで、
下座が助手席です。
 

ですので、
上司と2人でタクシーに乗るときには、
上司に運転手の後ろに乗ってもらい、
部下が助手席に乗ります。

 
 

しかしながら、
運転手の後ろに乗る場合は、
通常左側(助手席側)から乗って、
右側(運転席側に移動しないといけないですよね。

大きなカバンを持っていたりすると、
その移動が上司にとっても面倒でもあります。
 

そういう時、上司が降りやすい席を望む場合は、
助手席の後ろの座ってもらっても構いません。
 
 

「上司はどうされるのかな?」と思った時には、
タクシーのドアが開いたときに、
自動ドアであってもドアに手を当てて上司をエスコートし、
そして、部下は助手席に乗るとスムーズですよ。

上司に先に車に乗ってもらい、
部下が後に乗りましょう。
 

上司と親しくなっていくと、
後ろに乗ることもありますが、

初めのうちは、
上司が声をかけない限りは、
部下は助手席に乗った方が無難です。

スポンサードリンク

タクシーに上司と乗るときの支払いは誰がする?

仕事で上司とタクシーに乗る場合には、
タクシー代は会社の経費で精算できる場合が多いです。
 

タクシー代が経費で精算できるのなら、
あなたが支払いましょう

 
 

経費で精算と言っても、
職場に戻って領収書を会計係に持っていったり、
場合によっては、伝票などの届あるからです。

そういう煩わしいことを上司にさせるのは失礼ですので、
部下が支払い、会社での手続きをしてしまいましょう。
 

支払う金額は、行き先の住所などからあらかじめ予測しておき、
精算の時には、素早く支払い、タクシーを降りることが重要です。

 
 

なぜなら、上司が外で待っていますからね。
 
もし、上司がまだ降りていない状態であれば、
精算の後にあなたが降り、ドアを持ってエスコートして下さい。
 

ビジネスでは何事もまごまごせず、スムーズに事を済ませることを要求されます。
 
 

そのためには、前もっての準備が大事です。

分からない時には、先輩に聞いてみるのも得策ですよ。

タクシーのビジネスマナーの席次を確認

これからも、タクシーに上司と乗ることもあるでしょう。
 
その時に基本のビジネスマナーを知っていると、
その時々で臨機応変に対応できます。
 

ですので、基本の席次は覚えておきましょう。
 
 
タクシーに複数人で乗る時の席次は次のようになります。
 

◆3人の場合
1番上:運転手後ろの後部座席
2番目:助手席後ろの後部座席
3番目:助手席
◆4人の場合
1番上:運転手後ろの後部座席
2番目:助手席後ろの後部座席
3番目:後部座席の真ん中
4番目:助手席

 
 

ただし、それぞれ行き先が違い、
順番で降りる場合は、
順番を確認して臨機応変に対応していきましょう。

自分が一番後に降りると知っていても、
すぐに乗り込まず、
上司の意思を確認して下さいね。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか。
緊張はしますけど、基本をわきまえておけばきちんとできますよ。

こうしたビジネスマナーの一つ一つの積み重ねが、
職場での評価につながっていきます。

頑張ってくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。