生駒山麓公園でアスレチック体験口コミ!大人もできる?混雑や所要時間は?

a1620_000621
a1620_000621

奈良県にある生駒山麓公園のアスレチックに行ってきました!

普段は自然と触れ合うことが少ない子供に、自然の中で体を動かしてほしくてこの場所を選びました。ちなみに子供は、6歳と9歳です。

とても素晴らしい所でしたので、ここで紹介ていきますね。

スポンサードリンク

生駒山麓公園でアスレチック体験口コミ!

子供たちにとっては、初の本格的なアスレチックでした。

自然の森の中に、30個のアスレチックがあります。そのほとんどが木製かロープを編んだものです。トンネルをくぐったり、ロープを伝って木の壁を登ったり、ターザンみたいなことをしたりと、種類も豊富でした。
 

難易度は、幼児もできるくらいの低いものから、大人も恐怖を感じてしまう高いものまで様々です。
 

だから、我が家の6歳児くらいでも挑戦できるし、中学生でも挑戦できます。5歳くらいの子供でも、すいすいできている子供もいましたよ。
 

身長が低いと、ちょっと難しいかなと思うものもありましたが、すべては出来なくても、全体的には5歳くらいから楽しむことができます。山の勾配を登ったり下ったりするのだけでも、けっこうな運動になりますよ。

☆狭い木のトンネルをくぐる(幼児でもできます)
ikoma1

☆「湯船まわり」の後
ikoma2
 
 

ホントに森の中を切り開いて作ってあるという感じで、自然に囲まれてのアスレチックがとても良かったです。

私の子どもたちも、すべては出来なかったですが、「おもしろかった~」って満足していました。そしてまた行きたいと言っていました。

 
 

ここで何点か注意しておきたいことを書いておきます。

まず1つ目に、歩く場所も木の枝や根がむき出しになっていたり、滑りやすく足場が悪いので、特に小さい子供は注意が必要です。

また、手助ける親も気を付けないと転んでしまいます。親子とも、靴は運動靴で、服も動きやすいものを着ておくことをおすすめします。
 
 

続いて2つめです。途中にトイレがないので、初めに行っておきましょう。
 
 

3つ目は、アスレチックゾーンでの飲食は禁止なので、お弁当は入る前に食べておくことです。

受付周辺で、アイスやジュースを飲食できますが、コース内では禁止されています。それ以前に、座ってのんびりできるところもありません。
 

だから、チケットを買ってアスレチックゾーンに入る前か後に、ご飯は食べておいてくださいね。私たちも、チケット販売機の周辺にベンチがあるので、アスレチックが終わった後にそこでおにぎりを食べました。
 
 

4つ目は、アスレチックゾーンには、誰もスタッフはいませんので、すべて自己責任、自己判断になります

アスレチックによってはけっこう高くまで上るものもあるので、子どもが転倒しないように支えるか、下で見守っておいてください。

 

私たちの場合は、子どもが自信がなかったり、私が支える自信がないものはパスしました。押し切って挑戦させたい気持ちもありましたが、下にクッションがあるわけではなく、ただの地面なので、何か起きてからでは遅いからですね。

もう少し成長したら、挑戦させてあげたいと思っています。
 
 

気を付けたいこともありますが、全体的には大人も子供も楽しめて、有意義に遊べる場所でした。

生駒山麓公園のアスレチックは大人でも大丈夫?

生駒山麓公園のアスレチックには、親子連れや大学生、デート(?)のカップルも多く、大人でも楽しめます。
 

中には、ロープの輪の中をくぐるものなど、かなり窮屈なのがあって、大人には難しいものもありますが、たいていのアスレチックには挑戦できます。
 

小さい子連れで来ているお父さんもお母さんも挑戦されている方もいましたよ。

カップルも、彼女がアスレチックをやって、彼氏がカメラ係・・・

大学生は、難易度が高くても軽々クリアしたり・・・

運動神経に自信があったり、やる気がある方は挑戦してみてください。

私は、荷物を持っていたし、高所恐怖症なので、アスレチックにはうかつに手を出すさず、高い所に登る子供を見守るのに必死こいてました。

子供と一緒に挑戦する旦那さんが来ている人がうらやましかったです。


スポンサードリンク

生駒山麓公園のフィールドアスレチックの混雑具合は?

私たちは生駒山麓公園のフィールドアスレチックには、春分の日の3連休の最後の日に行きました。時間は12時くらいです。
 

チケットはあまり並ばずに買うことができたし、ヘルメットもまだ在庫に余裕がありました。ラッキーと思って、アスレチックゾーンに入って、最初の5つくらいのアスレチックは空いていてすいすいできました。

しかし、6つ目くらいの難易度が高いものになると、行列ができていました。私たちの番が来るまで20分くらいは待ちました。(が、2人ともアスレチックを目の前にして「できない」とリタイヤ・・・がっくり)
 
 

また、進んでいくと、終わるまでに行列ができていたものは5カ所くらいはありました。
 
 

難易度が高くても、幅が広くて複数人でできるものは行列がありませんが、1人ずつする難易度が高いものや1列にならないとできないものは、やはり20分くらいの待ち時間があります。

実は、私たちは2回周ったのですが、やはり、時間がたっても1回目と同じように5カ所くらいは行列がありました。
 

子供がやる気があったり、運動能力が高いならば、すべてやる人もいますが、待ち時間が長かったり、子どもが無理だと言った場合はパスする人もいます。

もし、混雑していない時にすべてをやり切った場合の所要時間は40分~くらいですが、混雑時には、2時間くらいはかかると思います。
 
 

私たちの場合は、1回目は待ち時間もあったけどパスも多かったので1時間半、2回目は待ち時間がある所とできない所はパスして40分ほどで回りました。
 

4時くらいに終わってアスレチックゾーンの外でおにぎりを食べていましたが、その間にもぞくぞくと受付終了の4時半まで家族連れが着ていましたよ。土日や祝日にはとにかく混雑するようですね。

でも、混雑時でもぜんぜんアスレチックができないというわけではないので、行ってみるのもアリだと私は感じました。

生駒山麓公園 フィールドアスレチック
・住所:奈良県生駒市俵口町2088

・電話番号:0743-73-8880

・休園日:10月~5月までの火曜日(祝日の場合は開園)、12月27日~1月5日

・料金:

市外から
一般:500円、中高生400円、4歳以上300円

生駒市内から
一般:400円、中高生300円、4歳以上200円

・営業時間:9:00~16:00(入場は15:30まで)
7~9月の土日祝、お盆休み期間は9:00~17:30まで(入場は16:30まで)

スポンサードリンク

まとめ

生駒山麓公園には難易度が高いものから低いものの30個のアスレチックがあり、親子や大人も楽しめます。

休日は大変混むのは覚悟が必要ですが、自然の中で体を動かすにはおすすめです。私たちも今度は旦那を連れて行きたいです。

ぜひ行ってみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。