夫婦喧嘩の謝り方!円満に仲直りする方法は?メールで謝る時の例文も!

突然、些細な事が原因で起こる、夫婦喧嘩。

お互いに「相手の方が悪い」と思っているから喧嘩になったので、自分から謝りたくはないですよね。

でも、何日も喧嘩したままの状態で過ごすのはツライので、仲直りはしたい気持ちも。

かといって、どうやって円満に仲直りできるのでしょうか。

そこで今回は夫婦喧嘩した時の謝り方や仲直りする方法、メールで謝る時の例文を見ていきましょう。

スポンサードリンク

夫婦喧嘩の謝り方のポイント

夫婦喧嘩をした時、謝り方のポイントは3つあります。
 

①自分の何が悪かったのかを具体的に謝る。

②喧嘩の原因は相手にあるのに自分から謝る場合は、原因に触れずに謝る。

③謝るフリをして相手を責めない。

 

では、一つずつ解説していきますね。
 

①自分の何が悪かったのかを具体的に謝る。

せっかく自分から謝ったのに、逆に「ごめんって言えば済むと思ってるでしょ!」と余計に怒らせる結果になってはいないでしょうか。

相手が怒ると面倒になって、すぐに「ごめん。」と言ってしまう人は、案外多いようです。

 

だけどそれでは、面倒だとおもっていることは見透かされてしまいます。

そうなると、ケンカは長引くばかりです。

 

相手が何について怒っているのか、具体的に言葉にして、「〇〇してごめん。」と言った方が良いでしょう。

言ってみて「怒っているのはそこじゃない!」となるかも知れませんが、それはそれで、今後気をつけるべき事がわかるので良いと思います。

 

②喧嘩の原因は相手にあるのに自分から謝る場合は、原因に触れずに謝る。

明らかに相手が悪くて自分は怒っているけど、喧嘩したままの状態をなんとかしたい時もありますよね。

 

自分から謝るのはしゃくだけど、そんな時は「言い過ぎてごめんなさい。」「感情的に怒ってごめんなさい。」と、自分から謝ってみましょう。

こちらから謝ることで、相手の気持ちも落ち着き、案外あっさり自分の非を認めるかも知れません。

 

実際に私の場合も、「旦那が悪いのに」という思いをぐっと抑えて謝ってみると、旦那の顔が緩むことも多いです。

その逆もあって、自分が悪いのに旦那から謝られると、罪悪感が出てきて素直に謝ってしまいます。

 

③謝るフリをして相手を責めない。

「自分『も』悪かった。」では、結局相手が悪いと思っている事が見え見えで、謝ったうちに入りません。

相手がそれに気付いてしまったら、余計に喧嘩がこじれます。

自分から謝ろうと決めたなら、素直に謝りましょう。

スポンサードリンク

夫婦喧嘩で円満に仲直りする方法は?

ではここでは、夫婦喧嘩をして、仲直りする方法をご紹介します。

 

①謝る

やっぱり、ストレートに謝るのが、一番早いと思います。

直接言うのはもちろん、離れている時にメールやLINEで謝るのもアリでしょう。

例文は、後ほどご紹介します。

 

②小さなプレゼント

奥様には、定番ですがお花や、スイーツはどうですか?

喧嘩して、頭を冷やしにコンビニへ行って、スイーツを買って帰って来たら、それだけで「ごめん」の気持ちは伝わると思います。

 

奥様もお酒を飲まれる方なら、好きなお酒とおつまみでも良いですね。

自分の分だけ買って来ちゃダメですよ!(笑)

 

ご主人には、普段作っているお弁当や夕食を好物にしてあげたり、晩酌のビールのグラスが冷やしてある…なんていうのも、これからの季節は嬉しいかも知れませんね。

 

③普段通りに生活する

喧嘩したからといって、挨拶もしなかったり、お弁当を作らなかったり、普段自分がやっている家事や育児をしなかったりすると、相手に更に不満が溜まり、喧嘩が長引きます。

むしろ普段以上に力を入れてやるようにしましょう。

気付いたら元通りになっているかも知れません。

夫婦喧嘩をメールで謝る時の例文

さて、メールで謝るとして、何て書いて送ります?

やりがちなのが、今回の喧嘩の原因と、改善方法を提案したり、相手と自分の悪かった点をそれぞれ書いたりして、最後に謝って…と、文章が長くなってしまう事。

 

しかし、男性の意見で多いのは「喧嘩している時に長文を送られたら、読む気もしない。」というものです。

内容がどうこう、以前に文章の長さで、読まずにしばらく放置してしまうとか…。

うちの主人もこのタイプらしいです。

 

ですから、メールで送るのは、開いてパッと見て読めるくらいの分量で。

もし今後について一緒に考えたいのなら、仲直りをしてから話し合いをしましょう。

 

例文としては

「昨日はごめんね。今日の夕食は○○(好物)を作って待ってます。」

くらいの感じでしょうか。

 

もう自分は怒っていない雰囲気を出して、家に帰って来やすくしましょう。

 

夕方になると、先に飲みに行く約束をしてしまって「今日は遅くなります。」と返信が来てガッカリするので、早めに送りましょうね。(経験済みです)

 

ご主人からは「今日は〇時頃帰ります。」とだけ送って、お土産を買って帰るのが一番良いかも知れません。

メールの文章を考えるくらいなら、さっさと仕事を済ませていつもより早く帰りましょう。

 

そして、直接会ったら、その時にもちゃんと言葉で謝ったり、思っていることを伝えることが大事です。

そこで喧嘩のことをスルーしちゃうと、またわだかまりができてしまいますよ。




まとめ

夫婦喧嘩の謝り方のポイントは

①自分の何が悪かったのかを具体的に謝る。

②喧嘩の原因は相手にあるのに自分から謝る場合は、原因に触れずに謝る。

③謝るフリをして相手を責めない。

 

円満に仲直りするには

①謝る

②小さなプレゼント

③普段通りに生活する

 

メールで謝るなら、簡潔に!

 

夫婦とはいえ、性格も、育ってきた環境も違う2人なので、喧嘩もあると思います。

上手に仲直りして、楽しく生活したいですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
“カメラを止めるな!”見るなら今!!!

日テレドラマ

今なら【カメラを止めるな!】をHulu(フールー)無料視聴できます。
Hulu(フールー)の詳細はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。