子連れ結婚式のママの服装!おしゃれで動きやすいドレス

出産・育児でしばらく会えていなかった友人から、結婚式の招待状。

「子どもも連れておいで~」と言われても、ただでさえ気を遣う子連れでの外出、結婚式ならなおさらです。

 

おしゃれしていきたいけど、子連れだと独身の時みたいに気取ったドレスってわけにもいかないだろうし…

抱っこしたりすることもあるだろうし、子供の食事で汚れたりするかもって不安もありますよね。

 

今回は、子連れで結婚式に出席する際のママの服装についてご紹介します。

しっかり準備して、結婚式を楽しみましょう。

スポンサードリンク

子連れ結婚式のママの服装の選び方

子連れで結婚式へ出席する際の、ママの服装の選び方のポイントは7つです。

 

①動きやすい服装

普段からそうだと思いますが、子連れだと走ったりしゃがんだり抱っこしたり…と、動きっぱなしになりますので、結婚式ですが動きやすさを第一に考えましょう。

結婚式は長丁場なことが多いです。

子供さんがじっと座っているときはいいですが、動き出した時にとっさに動けたり、ロビーなで走り回ったりするときにも乱れない服装がオススメです。

 
 

②露出に気をつける

抱っこした時やしゃがんだ時などに、意外と見えてしまうのが胸元や脚です。

もともと露出が大きい服装だと、下着が見えてしまうこともあるので、気をつけて服装を選びましょう。

 
 

③汚れが目立ちにくい色

結婚式のお子様メニューは、ハンバーグのソースやケチャップなど、服に付くと目立つものが多いです。

汚れが目立ちにくい色の服を選ぶと安心ですね。

 
 

④胸元にビーズなどの装飾が無いもの

ママはゆっくり会食を楽しみたくても、子供は慣れない環境で、ぐずって抱っこすることも多くなることもあります。

また、はしゃいで抱っこで落ち着かせることもあるでしょう。

そんな時、ビーズなどの装飾は、取れてしまったり、お子さんの顔を傷付けてしまう可能性もあるので避けた方が良いでしょう。

 
 

⑤アクセサリーは揺れないものにする

キラキラしたアクセサリーは子どもも大好きで、目の前で揺れているとつい触りたくなって、引きちぎってしまうことも…。

ネックレスを付けるなら短いものにして、お子さんの動きには十分注意しましょう。

揺れるピアスも要注意です。

 

私が子供と結婚式に参列した時には、子どもがケチャップが付いた手で長めの真珠のネックレスを触ったことがあります。

予測もしていなかったので、けっこうショックを受けました。

 
 

⑥肩紐のあるバッグ

クラッチバッグだと片手がふさがってしまい、子連れではなにかと不便です。

肩紐のあるバッグをおすすめします。

 
 

⑦走れる靴

普段と違う場所でテンションが上がってしまうと、子どもはとにかくチョロチョロ動き回るので、追いかけられるように走れる靴で行きましょう。

ホテルは床がじゅうたんであることが多いので、ヒールで子供を抱っこするのは疲れますし、バランスを崩しやすいです。

ローヒールや、アンクルストラップ付きのパンプスがおすすめです。

スポンサードリンク

子連れ結婚式のママの服装でおすすめは?

以上7つのポイントを押さえつつ、せっかくの集まりだからおしゃれもしたいですよね。

では、おすすめの服装をご紹介していきます。

 

①セットアップパンツドレス

フレア袖とテーパードパンツで、二の腕はカバーしつつ下半身はスッキリ見えるセットアップです。

ウエストはゴムなので楽ちんですよ。

 
 

②胸元がレースのセットアップパンツドレス

こちらは、上半身にふんだんにレースがあしらわれ、アクセサリー無しでも華やかなセットアップです。

胸元は開き過ぎてないものの、レースなので締め付け感がありません。

また、袖口がリボンのようになっていて、可愛らしい印象です。

 
 

③セットアップワイドパンツドレス

流行のワイドパンツ&動きやすいセットアップです。

体型カバー効果バツグンで、久しぶりに会う人がいても安心です。

大人っぽい雰囲気もあり、おしゃれ感もアップです。

 
 

④ワンピースドレス

子連れでもやっぱりスカートでオシャレしたい!

そんな方には、こんなワンピースはいかがでしょう。

抱っこすることを考えて、前はシンプル、後ろ姿が可愛らしいデザインです。

また、袖口にレースがあしらわれて、上品さもありますね。

子連れの結婚式の靴

こちらは、子連れの結婚式に着ていく服装に合う靴をご紹介します。

①アンクルストラップ付き5㎝ヒール

せっかくの結婚式にローヒールはちょっと、、、という場合には、5cmヒールくらいなら動きやすいですね。

アンクルストラップ付きなので、子供が動き回ってもママもとっさの行動ができます。

外しても履くことができますので、子供連れではない時でも使えますよ。

場面に合わせて使い分けられるので、おすすめです。

 
 

②3.5cmヒールパンプス

こちらは3.5cmの太めのヒールで安定感があります。

結婚式場のじゅうたんでも歩きやすいですよ。

普段ヒールは履かないという方でも挑戦しやすい高さです。

 
 

③きれいめフラットパンプス

フラット靴なのに、上品なデザインで結婚式でも違和感無く履けそうです。

子供さんを抱っこする可能性が高かったり、ヒールが不安な方は、安心して結婚式に参加できますよ。

子連れの結婚式に持って行くと役立つグッズ

ママの服装とは関係ありませんが、子連れで結婚式に出席する際に、持って行くと良いものがあります。

私の経験では、「音の出ないおもちゃ数種類」がとても役に立ちました。

 

音が出るものは結婚式の邪魔になりますし気を遣いますよね。

それに、1種類だと子どもが飽きてしまって、次の策を考えなければなりません。

思い切り結婚式を楽しむためにも、いくつか準備しておきましょう。

 

では、私が実際に持って行って役に立った「音の出ないおもちゃ」を次から具体的に紹介していきますね。

 

①塗り絵

クレヨンやペンは周りを汚す可能性があるので、色えんぴつか水塗り絵がおすすめです。

 
 

②シールブック

100円ショップでも色々な種類がありますので、お子さんの好みに合わせて選んでみてください。

 
 

③折り紙

自分で折るのはもちろん、周りの方が折ってくれることもあり、楽しめます。

 
 

これらのおもちゃは、できれば事前には見せず、ぐずり出した時に初めて出すと効果倍増です!

お子さんの年齢や好みに合わせて、準備してみてくださいね。




まとめ

子連れで結婚式に出席する際のママの服装の選び方のポイントは
 

①動きやすい服装

②露出に気をつける

③汚れが目立ちにくい色

④胸元にビーズなどの装飾が無いもの

⑤アクセサリーは揺れないものにする

⑥肩紐のあるバッグ

⑦走れる靴

 

ここでご紹介したドレスを参考に、選んでみてくださいね。

久しぶりに友人と集まるひととき、お楽しみください♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク
“カメラを止めるな!”見るなら今!!!

日テレドラマ

今なら【カメラを止めるな!】をHulu(フールー)無料視聴できます。
Hulu(フールー)の詳細はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。