天神祭奉納花火2018の日程や場所!観覧スポット最寄駅3選と混雑状況。

大阪で行われる天神祭奉納花火、楽しみですね。

天神祭奉納花火では、天神祭の締めくくりとして約4000発の花火が打ち上げられます。

これはぜひ見ておきたいですね。
 

そこで今回は、天神奉納花火の日程や場所、そして、観覧スポットをご紹介します。

行かれる際の、ご参考にして下さい。

スポンサードリンク
  

天神祭奉納花火2018の日程や場所

天神奉納花火は、2018年の日程は下の通りです。

◆日程:2018年7月25日(火)

◆時間:19:30~20:50

※荒天時は中止

◆場所:桜之宮公園ー川崎公園ー大川一帯

 

天神奉納花火の見どころ

天神祭は、日本三大祭として知られている1,000年以上の歴史を持つお祭です。
 

そのフィナーレを飾る天神祭奉納花火は、大阪天満宮の象徴である紅梅を形どったオリジナル花火で幕開け。

暗い夜空を真っ赤な花火が彩ります。
 

また、天神祭で奉納される船渡御のかがり火が、大川の水面に映り込み、花火の光と相まって、天神祭ならではの情景を楽しむことができます。

天神祭奉納花火ではぜひ見てほしい景色です。
 

さらに、大阪らしいド派手な花火もあります。

中盤には、文字花火やスターマイン(速射連発花火)、終盤には、2カ所から同時に打ち上げられるスターマインは、共に迫力満点で、夏の夜空を明るく彩ります。
 

こちらはフィナーレの様子の動画です。


 

大きな満開の花火と大きな音が胸を打ちますね。

とてもきれいなので、ぜひ生で見ておきたいところです!

スポンサードリンク

天神祭奉納花火の観覧スポット最寄駅3選と混雑状況

ではここからは、どこで見るのか、観覧スポットを挙げていきます。
 

観覧スポットは、打ち上げられる場所の一帯が一番よく見えますが、大変混雑します。
 

ですので、できるだけ混雑を避けられるような、到着時間帯や、おすすめ観覧場所をご紹介します。
 
 

天神祭奉納花火の観覧スポット 桜ノ宮駅の混雑状況

◆行きの混雑状況

桜ノ宮駅は、花火が打ち上げられる場所に一番近く、最も混雑する最寄駅です。

また、駅自体が小規模なので、改札や駅前は非常に混み合い、歩くのも困難なほどです。
 

できるだけ時間をずらして乗り込むといいでしょう。

特に、西口は混雑しますので、東口を利用するのがおすすめです。

 

◆観覧スポット

桜ノ宮駅から近い観覧スポットは、桜ノ宮公園ですが、特に花火がよく見える場所として人気があるのが、北側です。

こちらは場所取りする人も多く、17:00あたりから混雑が目立ち始めます。

いい場所で花火を見たいならば、遅くても17:00あたりには到着しておいて下さい。

 

◆帰りの混雑状況

特に東口が大変混み合い、西口と共に構内に入るまでに長蛇の列は必至です。

駅に着くまでの道もかなり混むので、混雑が解消するまで待つか、少し歩いて、大阪城北詰駅や京橋駅へ向かうと桜ノ宮駅よりは混雑回避できます。

もし急ぐなら、花火が終了する直前に駅に向かうことをおすすめします。

 

天神祭奉納花火の観覧スポット 天満橋駅の混雑状況

◆行きの混雑状況

天満橋駅は、花火打ち上げ場所の南側に位置する最寄駅です。

京阪電車や地下鉄が乗り入れ、アクセスが良いだけに、桜之宮公園や大川西エリアに行く人でかなり混雑します。
 

特に、18:00くらいには混雑のピークを迎えるので、混雑を避けるなら、できるだけ17:00あたりには到着しておきましょう。

 

◆観覧スポット

天満橋駅から近い観覧スポットは、桜之宮公園南側と川崎公園です。どちらも桜之宮公園北側に比べると人が少なく、特に、川崎公園は「穴場」としても知られています。

桜之宮公園南側花火は少し見えにくくなりますが、18:30頃には川沿いに観覧者が多く座り、非常に混雑してくる人気スポットです。

桜ノ宮公園南側が混雑してきたら、川崎公園に行ってみてください。

 

◆帰りの混雑状況

花火終了直後は、大変混雑し、駅に到着するまでに時間がかかります。

しかし、駅構内が広いために、駅に入ってしまえばスムーズに動くことができるでしょう。

 

天神祭奉納花火の観覧スポット 南森町駅の混雑状況

◆行きの混雑状況

南森町駅は、花火打ち上げ場所の西側に位置する最寄駅です。上記の2つの駅が、川沿いにあるのとは違い、大阪天満宮にほど近い街中にあります。

ですので、終日混雑はしていますが、特に本来の天神祭の見物客、そしてさらに花火観覧客が行きかう17:30辺りは混雑のピークです。

できるだけ早い時間に到着する方が無難です。

早く到着しても、屋台が立ち並んでいるので、楽しみながら観覧スポットまで行くことができますよ。
 

◆観覧スポット

南森町駅からの最寄りの観覧スポットは、OAP前の円形広場です。

水面で行われる仕掛け花火は見にくいですが、目の前にある大川で打ち上げ花火を見ることができます。

また、会場は階段の場所があって、楽に腰かけて見られるとあって、かなり人気の場所です。

いい場所を確保するなら、16:30辺りには着いておくことをおすすめします。
 

◆帰りの混雑状況

南森町駅は、上記の2つの駅ほどの混雑はありませんが、行列は必至です。

駅自体が小さいことで、改札や券売機が大変混雑します。

駅に行くまでに、屋台や食事をして、時間をずらすか、花火が終わる直前に移動しておくと混雑を避けることができるでしょう。

 
 

★レストランから見るなら・・・

天神祭花火をレストランやビアガーデンから!オススメ7選!予約はお早めに。




まとめ

天神奉納花火の日程は、7月25日です。

また、天神奉納花火の駅近の観覧スポットは、下の通りです。
 

・桜之宮駅ー桜之宮公園北側

・天満橋駅ー桜之宮公園南側、川崎公園

・南森町駅ーOAP前の円形広場

 
どこも非常に混雑しますので、早めに到着されることをおすすめします。

 

では、どうぞ天神祭奉納花火大会をお楽しみください。
 
 

<<こちらの記事も合わせて読まれています>>

浴衣の髪型ロングを簡単に!ポニーテールやくるりんぱでアレンジ!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。