西日本大濠花火大会2018の日程や時間!穴場や駐車場情報!

福岡の夏の風物詩の一つとしてとても有名な大濠花火大会

 

福岡市内の大濠公園という街中を舞台に、約6000発の花火が打ち上げられ、毎年たくさんの人々を魅了しています。

福岡地方ではテレビ放映もされるほど人気の花火大会で、多くの見物客も訪れます。

 

今回は、そんな西日本大濠花火大会の日程や時間、穴場スポットや駐車場情報などを紹介します!

行かれる際の参考にしてください。

スポンサードリンク

西日本大濠花火大会2018の日程や時間!

毎年約40万人以上の人々が訪れる大濠花火大会。

毎年8月1日に開催されています。

ですので、2018年も8月1日(水)に開催されます。

(ただし雨天時は、翌日に順延予定です。)

 

西日本大濠花火大会2018の時間

花火が打ち上げられる時間も毎年同じ。

 

打ち上げは

午後8時から午後9時半まで

となります。

 

約6000発も打ち上げらるので、打ち上げ時間は約一時間半と長めですね。

なので、少し出遅れてしまっても安心♪

会社帰りや学校終わりの人でも、足を延ばすことができる時間帯になります。

スポンサードリンク

西日本大濠花火大会の場所

では、花火が打ち上げられる場所を確認しておきましょう。

 

西日本大濠花火大会の花火は、

『大濠公園』

で打ち上げられます。

 

大濠公園は、天神とヤフオクドームのちょうど中間あたりにあり、大きな池があるのが特徴です。

 

地図はこちらをご覧ください。

西日本大濠花火大会の見物スポット

まずこちらの2015年の花火大会の様子をご覧ください。

では続いて、西日本大濠花火大会を見物するスポットを紹介します。

大濠公園の中で花火が打ち上げられる場所は、池の3カ所あり、そこから6000発の花火が打ち上げられます。

まずは、定番の見物スポットから。

大濠公園の池の周辺

定番の見物スポットは、「大濠公園の池の周辺」です。

公園の池の周りには遊歩道があり、それに沿うようにして3人掛けほどのベンチが設置してあります。

ここが一番花火から近く大きく見えることから、当日の人の多さや混雑は免れません。

 

また、花火は池の3カ所から上がるので、右を見たり、左を見たりと少し忙しく観覧しなければいけませんが、それはそれで楽しいですよね。

 

場所取りは、朝からすることを覚悟しておきましょう。

ただし、前日からの場所取りは禁止になっており、前日に行った場合には、管理者より片付けられてしまいます。

 

交通アクセスは、『大濠公園駅』から徒歩5分です。

舞鶴公園と福岡城跡

次に、大濠公園の隣にある舞鶴公園(福岡城跡)です。

ここは公園からも近く、広い空間ですので、まずそこに行けば花火を見ることができます。

 

特にベストスポットは福岡城の展望台はおすすめです。

展望台ということもあり、少し高い位置にあるため花火だけではなく、福岡市内や福岡タワーも眺めることができます。

 

しかし、ここのスペースはとても狭いため、すぐにいっぱいになってしまう可能性があります。

ですので、こちらも早めに場所取りをしておきましょう。

 

交通アクセスは、『大濠公園駅』から徒歩15分です。

 

続いて、穴場スポットです。

西日本大濠花火大会の穴場スポット!

都心部の公園で開催される花火大会ですが、実はたくさんの穴場スポットがあります!

西公園

博多の西公園といえば、お花見場所としても有名ですね。

西公園は、大濠公園とは約1㎞ほどしか離れておらず、少し高台になっているので花火が全体的に見えやすくなっています。

交通アクセスは、『大濠公園駅』から徒歩15分です。

 

福岡ヤフオクドーム

福岡ヤフオクドームも、大濠公園から約1㎞ほどしか離れておらず、花火が全体的に見えます。

人通りが多く、周りも明るいですが、少し高台になっているので、花火見物することができます。

終わったら、そのまま夕食を食べてもいいですね。

 

交通アクセスは、「唐人町駅」3番出口から徒歩20分です。

 

愛宕神社

会場から少し離れると、福岡市西区にある愛宕神社も穴場スポットです。

大濠公園から約3㎞離れていますが、みはらしがよく、花火がキレイによく見えます。

 

ここは最近人気のスポットになってきていますので、少し早めに向かうほうが良いかもしれません。

50台分の無料駐車場があるのも嬉しいところですが、こちらも早めに行ったほうがいいでしょう。

交通アクセスは、「室見駅」1番出口から、徒歩約20分です。

 

博多ポートタワー

屋外ではなく屋内で涼みながら、という方には、博多ポートタワー。

大濠公園からは約3㎞離れていますが、地上100mのポートタワーの展望台から眺める花火はとても美しいです。

 

こちらは、駐車場がないため、近くのパーキングを利用する必要があります。

交通アクセスは、「中洲川端駅」から徒歩約17分です。


 

『アゴーラ福岡山の上ホテル』の屋上ビアガーデン

その他にも、ビアガーデンから楽しむことができます。

特にオススメなのは、『アゴーラ福岡山の上ホテル』の屋上ビアガーデンです。

 

大濠公園から約2.5㎞離れていますが、ビアガーデンから見える花火は最高です。

ビール片手に花火を楽しんではいかがでしょうか。

 

『アゴーラ福岡山の上ホテル』の屋上ビアガーデンは事前予約しておくとスムーズに入れます。

当日予約は難しいと思いますので、もし予定が立つ方は早めに抑えましょう!

 

電話番号:092-771-2131

大濠花火大会は、基本的に360度楽しめるようになっていますので、東西南北どの方角でも、少し離れても夜空を見上げるとキレイな花火を見ることができますよ。

西日本大濠花火大会の駐車場情報

西日本大濠花火大会には、臨時駐車場は用意してありません。

 

公園の北側に駐車場がありますが、すぐに満車になってしまいます。

 

また、大濠公園の周辺には、コインパーキングが多くありますが、ここは都市部ですので花火大会当日に関わらず常にほぼ満車状態です。

 

こちらからは、大濠公園周辺のタイムズの駐車場の空き状況を見ることができます。

タイムズ(大濠公園周辺)
 
 

また、『akippa』などの、駐車場を格安で事前予約することができるインターネットサービスもあります。

 

借りる日時やエリアを指定するだけで、駐車場を貸してくれるオーナーを簡単に見つけることができます。

実際に福岡市内には登録されている駐車場がたくさんあるので、当日に空いているコインパーキングを探す手間や時間も省くことできます。

 

すでに車で花火大会に向かうことが決まっているのであれば、今から駐車場を確保しておくほうが堅実でしょう。

akippa

 
 

もし大濠公園周辺で、コインパーキングや『akippa』を見つけることができないときには、博多駅や天神周辺、もしくは地下鉄駅の周辺に駐車して、電車で行くことをお勧めします。

 
 

また、次のように交通規制もありますので、車で行く際には注意してください。

http://www.nishinippon.co.jp/nlp/event/hanabi/2017/pdf/map.pdf?b

http://www.nishinippon.co.jp/nlp/event/hanabi/2017/pdf/map.pdf?b

 




おわりに

いかがだったでしょうか。

西日本大濠花火大会は九州でも1位2位を争うほど人気の花火大会なので、混雑はしますが、見ごたえがあるのでぜひ生でみたいものですね。

事前に計画して、都合に合った見物場所で楽しんでくださいね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。