なにわ淀川花火大会最寄駅と観覧場所|混雑状況とおすすめ到着時間!

a1620_000650
a1620_000650

なにわ淀川花火大会、楽しみですね。

なにわ淀川花火大会は、大阪を流れる淀川で打ち上げられる、関西屈指の花火大会です。

音楽に合わせて打ち上げられる花火や、迫力のあるスターマインが多くの人を惹きつけてやみません。
 

となると、混雑は必至

そこで今回は、なにわ淀川花火大会の観覧場所と最寄駅、そしてそれぞれの混雑状況をまとめました。

行かれる際のご参考にして下さい。

スポンサードリンク
  

なにわ淀川花火大会観覧場所と最寄駅!

なにわ淀川花火大会は、新十三大橋と阪神高速池田線が挟む、淀川の河川上で打ち上げられます。

ですので、その両岸が観覧場所となり、大きく「北側」と「南側」に分かれています。
 

では、毎年多くの人で混雑する、打ち上げ場所周辺の観覧場所を最寄駅別にご紹介します。
 

なにわ淀川花火大会の最寄駅 十三駅

 

◆行きの混雑状況

阪急京都、神戸、宝塚、梅田からの路線が集まる「十三駅」。

また、打ち上げ場所に一番近い駅として、無料のエリアの他、有料の協賛観覧席を目指して、かなり多くの人が利用します。
 

花火は19:40から始まりますが、すでに16:00には混雑が始まり、駅前は大混乱。

特に、西口が大混雑で、18:00ごろには身動きが取れないほどになります。
 

ですので、十三駅を利用するならば、16:00前には到着しておくことをおすすめします。

駅前の交差点では、警察官が誘導をしているので、注意をよく聞いて歩いて下さい。
 
 

◆観覧場所

十三駅から近い観覧場所は、『十三側河川敷』です。

打ち上げ場所が正面にあり、協賛観覧席が多くを占めています。
 

こちらでは、協賛観覧席に仕切りがあるので、無料で見えやすいポイントは見つけにくいですが、それでも行かれるなら、16:00前には行って場所取りするか、協賛観覧席の当日券を購入するといいでしょう。

協賛観覧席で安いのは、堤防パノラマスタンドの当日券3,500円です。
 

もし、場所取りができない場合には、淀川河川公園や塚本河川敷に行ってみてください。
 
 

◆帰りの混雑状況

花火が終わると同時に、観覧者が一斉に移動を始めます。

十三駅まで行く道は、いくつかありますが、どこも大行列です。抜け道はありません。
 

駅に着くまでは、終了後1時間~2時間は見ておいた方がいいでしょう。
 

もし、急ぐのであれば、花火終了前に移動を始めてください。また、交通系ICカードを用意するか、帰りの切符はあらかじめ買っておくことをおすすめします。
 
 

なにわ淀川花火大会の最寄駅 南方駅、西中島南方駅

 

◆行きの混雑状況

阪急京都線と地下鉄御堂筋線が乗り入れる、「南方駅」と「西中島南方駅」。

無料スペースに近いので、場所取りをする人たちで17:00あたりから混雑が始まり、18:00くらいにピークに入ります。
 

構内が狭いので、人が一気に押し寄せると混雑が目立ちますが、十三駅ほどではありません。

17:00あたりに到着しておくといいでしょう。
 
 

◆観覧場所

南方駅、西中島南方駅から近い観覧場所は、『西中島南方側河川敷』です。
 

一帯は、協賛観覧席がない、無料スペースで、屋台が並び賑やかな場所になります。

花火打ち上げ場所からは、少し離れていて、仕掛け花火は見えにくいですが、打ち上げ花火は見られます。
 

芝生広場なので、レジャーシート持参は必須です。17:00ごろから始まりますので、いい場所を確保するなら、17:00前にはついておくといいでしょう。

時間が余っても、屋台を楽しむこともできますよ。
 
 

◆帰りの混雑状況

西中島南方側河川敷で観覧していた人たちが、花火終了後に一気に移動して駅に向かいます。

構内が狭く、大変混雑するので、駅について電車に乗るまでに、1時間~2時間は見ておいてください。

時間に余裕があるならば、屋台を楽しんで時間をずらすといいですね。

スポンサードリンク

なにわ淀川花火大会の最寄駅 塚本駅

 

◆行きの混雑状況

JR神戸線と宝塚線が乗り入れる「塚本駅」。

打ち上げ場所から、十三側河川敷の次に、花火が見やすい場所として人気の無料スペース『塚本河川敷』があるので、混雑もひとしおです。
 

16:30辺りから混雑が始まるので、その前には到着しておくと、混雑に巻き込まれる可能性が少なくておすすめです。

 
 

◆観覧場所

塚本駅に近い観覧場所は、先ほども書いた『塚本河川敷』です。

東西に広がる河川敷は、東側が打ち上げ場所に近いので、東側から徐々に混雑していきます。
 

打ち上げ場所からは、阪神高速を挟むので、仕掛け花火は見えづらいですが、打ち上げ花火は、西中島南方側よりも近くみえます。
 

河川敷が広大なので、花火直前でも、西側は座れる場所を見つけられる可能性があります(絶対ではありません)。

芝生広場なので、レジャーシートはお忘れなくです。
 
 

◆帰りの混雑状況

花火終了後と同時に、塚本河川敷で観覧していた人が、一気に押し寄せますので、大混雑は必至です。

駅構内も広くないので、入場規制がかかることもあります。

路線が合ったりや乗り換えができるならば、JR東西線「御幣島駅」や阪神電鉄「姫島駅」に移動すると混雑回避できます。
 
 

なにわ淀川花火大会の最寄駅 野田駅、海老江駅

 

◆行きの混雑状況

なにわ淀川花火大会の観覧場所の南側にある阪神本線「野田駅」、JR東西線「海老江駅」、地下鉄千日前線「野田阪神駅」。

3路線が乗り入れるとあって、混雑します。
 

しかし、混雑が始まるのは17:30あたりからで、他の駅に比べると比較的空いています。

17:30~18:00辺りだと、混雑に巻き込まれる可能性が少ないですよ。

 
 

◆観覧場所

野田駅の最寄りの観覧場所は、『梅田側河川敷』です。

こちらも東西に広がっており、東側には協賛観覧席があり、西側が無料スペースになっています。
 

西側でも、打ち上げ場所には近いので、花火を間近で見ることができて人気があります。

屋台もあるので、お祭り気分も味わってください。
 

河川敷自体がとても広大なので、混雑も北側会場に比べると比較的少なく、17:00に行っても余裕があります。

花火直前でも、場所を見つけることができるでしょう。花火会場に早い時間に行けない方にはおすすめです。
 
 

◆帰りの混雑状況

花火終了して一気に移動はあるものの、観覧者は福島駅、淀川駅、梅田駅、中津駅、野田駅など、周辺の駅に分散するので、野田駅は混雑が少ないです。

しかしながら、途中の駅から混雑することもあるので、十分注意してお帰り下さい。

スポンサードリンク

まとめ

なにわ淀川花火大会は、北側会場の方が南側会場よりも混雑し、混雑のピークも早くなりますので、できるだけ早めに到着されることをおすすめします。

混雑時の事故や熱中症には気を付けて、花火を楽しんで下さいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。