恋愛

その悪女に気を付けてください【第8話】のネタバレ・感想|ピッコマ

その悪女に気をつけてください ネタバレ

その悪女に気をつけてください、はSoda Ice原作、Berry脚色、Blue Canna作画のファンタジー漫画です。

交通事故にあった平凡な女子大学生の主人公は、恋愛小説「愛するアイツら」の悪女である公爵令嬢メリッサ・ポジェブラトに憑依してしまいます。

忙しい大学生活に疲れていた主人公は、優雅な貴族生活を楽しもうと志します。

メリッサの婚約者は、変態浮気男である皇太子です。

婚約破棄をするため、メリッサは父である公爵の部屋を訪ねました。

ところが、彼女に無関心なはずの父が応接間をラブリーに飾り立てて出迎えます。

公爵の真意とは?

ここからは、その悪女に気をつけてください、の第8話のネタバレになりますので、ご注意ください。

\随時更新中!/

その悪女に気をつけてください【第8話】のネタバレ

メリッサは、手に持つ紅茶と厳しい目つきの公爵を交互に眺めて、どうみても怪しく、飲みたくないと考えます。

「さぁ、話してみたまえ」と公爵は話を始めました。

こうやって話すのは10年ぶりだと言われ、しれっと紅茶を捨てていたメリッサは疑問符を浮かべます。

毎朝食事の時に挨拶してるじゃないですかと問うメリッサに、そんなことは知らぬ、と妙にキラキラした目で返す公爵。

メリッサは、まともな話し合いを期待した私が馬鹿だったとため息をつきます。

婚約破棄をしようと思う、と、そう、メリッサが言いかけた瞬間のことでした。

応接間の扉が、大きな音を立てて開きます。

後方を振り返ったメリッサは、黒いローブを羽織った乱入者を見てその正体にすぐ気付きました。

扉を蹴り開けたその男は部屋を見回し、なんですかこの部屋、と言います。

ノックぐらいしなさいよ、メリッサは投げやりに返しますが、男は答えず、ローブを脱ぎます。

長い青銀の髪にアイスブルーの眼をした美青年、メリッサが言うには返事もしない生意気小僧、弟のジェイク・ポジェブラトがそこにいました。

ジェイク・ポジェプラドはどんな人物か?

キラキラと青い花びらを飛ばす弟に、メリッサは口をへの字に曲げて「やっときたのね放浪息子」と言い放ちます。

この弟も、ヒロインのユーリに思いを寄せる登場人物の一人です。

ポジェブラト家の次期公爵であり、皇室の「暗殺部門」のスナイパー。

ジェイクは冷たい眼差しをメリッサに向けると、まだ生きていたのか、とため息を吐きます。

姉を心底嫌っている設定付きだったな、と、視線を受け止めてメリッサはしみじみ考えます。

射撃能力と魔力は帝国最高レベルであり、若くして名をはせている一方で、社交界には出ることはありません。

やむを得ず参加する場合は黒いローブを纏って、柱の影に突っ立っているだけです。

メリッサが煌びやかなドレスで参加する一方で、いつものローブ姿で物陰にいるのです。

そのぐらい顔を見せたがらないジェイクは、常に外をぶらつき、姿を見せることはありません。

メリッサが部屋に会いに行ってもいないことが常でした。

たしかにあの顔なら色々面倒だろうし隠れたいのもわかる、とメリッサは納得もします。

が、それにしても何なのこの差はと憤りもします。

スポンサードリンク

ジェイクと比較して、メリッサには魔力も射撃能力もありません。

姉弟かどうか疑わしいほどに髪の色も目の色も違い、かつ、綺麗です。

作中では寡黙でクールな美男子であり、ユーリを陰ながら静かに見守る姿が素敵だったのにと、メリッサは思い起こします。

ところが現在、その寡黙なはずのジェイクは公爵相手に熱弁を振るっていました。

公爵に対し、部屋の装飾に文句をつけ、5歳児もドン引きするだの、紅茶は安物の匂いがするだの、挙句に「地位のある父上がこんな調子だから!家にいたくないんですよ!!」と雄弁です。

ラップみたいに小言をいうやつだったとは、とメリッサはその光景に呆気に取られます。

公爵は何も言い返しません。

そんな様子にまた、僕の話なら全部聞き入れる姿にもうんざりです、とジェイクは続けます。

「メリッサはガキだから部屋でも少し飾ってやれば暴れずに会話ができるって言ったのをこんな風に勘違いして!」

それを聞いてメリッサは、今回の事態の発端を理解しました。

そして同時に、ジェイクも思ったよりヤバいやつであったと考えを改めます。

あのクールな美青年はポンコツだったのだと、メリッサはキャラ崩壊に涙しました。

姉を軽蔑して父親を嫌う、という設定はたしかにそのままでしたが、それ以外は全然違うという衝撃はメリッサにとってハンマーで頭を殴られるくらいの衝撃でした。

私のジェイクはこんなんじゃない、とメリッサは強く想います。

しょげた顔して息子の小言を黙って聞く公爵もまた、メリッサにとってキャラ崩壊です。

いや、家族の前だからジェイクはお喋りなんだと、メリッサはポジティブに考えることにしました。

これはギャップ萌えなのかもしれない、と自分に言い聞かせたメリッサは立ち直ります。

ジェイク、と話しかけたメリッサでしたが「は?」と冷たく返され、沈黙が流れます。

小言ラッパーさんは姉とは話したくない様子でした。

しかし、メリッサは我慢して笑顔を作ります。

「ここには何の用かしら?」

冷めた目で姉を見つめるジェイクの回答とは?

第9話に続く>>

\随時更新中!/

その悪女に気を付けてください【第8話】の感想

ラブリー装飾の原因が弟であることがわかって驚きましたね。

息子のことは全て素直に聞き、娘の話は全く聞かないという公爵は、描かれる絵柄すら姉弟の前で異なっていっそ可愛く見えます。

クールな美青年設定だった弟ジェイクの、姉目線でのポンコツさは人間味があって愉快です。

皇太子もなかなかの人柄でしたが、ジェイクも一癖も二癖もある人柄のようです。

メリッサはどう弟の登場を乗り切り、婚約破棄の話を進めることができるのか、今後が楽しみですね。

まとめ

今回は、ピッコマで配信されている「その悪女に気をつけてください」の第8話のネタバレと感想をご紹介しました。

「その悪女に気をつけてください」は、現在のところピッコマでの独占配信です。

他の漫画配信サービスでは読めません。

今後人気が出てきたら電子書籍化されるかもしれません。

応援していきたいですね!