恋愛

その悪女に気を付けてください【第24話】のネタバレ・感想|ピッコマ

その悪女に気をつけてください ネタバレ

その悪女に気をつけてください、はSoda Ice原作、Berry脚色、Blue Canna作画のファンタジー漫画です。

交通事故にあった平凡な女子大学生の主人公は、恋愛小説「愛するアイツら」の悪女である公爵令嬢メリッサ・ポジェブラトに憑依してしまいます。

忙しい大学生活に疲れていた主人公は、優雅な貴族生活を楽しもうと志します。

まず皇太子との婚約破棄に奮闘しましたが、小説の流れはなかなか変えられません。

そんな中、皇太子への嫌がらせとして町で拾ったナインが、狼人間ジャックが探していた人物だと判明しました。

メリッサはナインを救うために、本来は主人公が手にするはずの宝剣を用いて、ジャックをボコボコにするのでした。

ここからは、その悪女に気をつけてください、の第24話のネタバレになりますので、ご注意ください。

\随時更新中!/

その悪女に気をつけてください【第24話】のネタバレ

ジャックの襲撃に備えて、メリッサはあらゆる手を使って対策をしました。

そのうちのひとつが、公爵家の力を使うことでした。

「夏のバカンス、最小限の使用人だけ残してあと全員は夏休みにしてください」とメリッサは公爵に頼みました。

「何だと!?」と驚く公爵に、「それからもう一つ」メリッサは続けます。

「私専任の執事を雇いたいです。それも平民の」とメリッサは言いました。

その、ヨナが給料アップを求めるレベルで厚かましい提案に、公爵は顎が外れたようにあんぐりと、口を開けっぱなしになってしまうのでした。

貴族が雇用する者は貴族の所有となり、その者への攻撃は、貴族への攻撃に値します。

したがってジャックは、ポジェブラト家に雇われたナインには手出しが出来なくなりました。

「み・・見てろ!いつか後悔させてや・・ります!」と、ジャックは捨て台詞を残して撤退したのでした。

ジャック撃退成功

ジャックが撤退した後、メリッサとジャックは廊下を歩きながら話していました。

「フフッ・・私もジャックみたいに驚いたんだから」と、メリッサはジャックが意識を取り戻した時のことをやや赤面して思い出します。

包帯を巻こうとしたら急に、人型の、見慣れたナインが現れたのです。

侍女のヨナが、慌てて全裸のナインにタオルを持って駆け寄ってきたのでした。

ジャックよりも驚いていましたよ、とナインがメモを書いてメリッサに見せます。

「それはそうよ。血まみれの狼が庭で倒れているだけでも驚くのに、人に変わる姿まで見せられたんだもの」とメリッサは苦笑します。

ジャックもまた、あの時のことを思い出します。

人型になったナインは、タオルを羽織ったまま顔をふせて泣き出してしまいました。

「えぇ!なんで泣くの!?まだ痛む?」とのメリッサの優しい言葉は、今でも思い出すだけでナインは微笑んでしまうのでした。

ナインの回想

ナインとしても、素性の明らかではない自分を執事にすると言う話は無茶だと感じていました。

「執事として雇いたいんです。名前はナインっていいます」とメリッサははっきりと公爵に言います。

それをナインはオドオドと見守ることしかできませんでした。

「そ・・そうか。身分は?推薦状などはあるのか?」と頭を抱えながらも公爵は聞きます。

「平民です。私が保証するので推薦状は要りません」とメリッサは冷静です。

「顔がいいからって部外者を入れるのは危険だぞ」と呆れたように言う公爵に、「顔で選んだんじゃないんですけど・・」とメリッサも呆れ顔です」

「心配は要りません。なぜなら・・」と、メリッサはちらりとナインを見ました。

理解しているナインは、公爵に向けて自らの口を開いてみせました。

舌と歯のないその口を見た衝撃に目を見張る公爵に、「ご覧の通り、秘密を漏らすことはありませんから」とメリッサが説明しました。

「何かあった場合は私が責任を取ります。彼はこっちの味方なので」と力強くメリッサは言います。

そんなメリッサを尊敬の眼差しで見るナインは、頬を赤らめて密かに微笑むのでした。

「・・反対したところで聞き入れないだろう。好きにしなさい」と公爵は諦め顔でため息をつきました。

「!ありがとうございます!」と、メリッサは満面の笑顔で答えます。

よかったわね、と笑うメリッサでしたが、公爵とナインは無言でなんとも言えない視線を合わせるのでした。

勝利の余韻

「ナイン」と呼ばれ、ナインは意識を今に戻しました。

「ナインのせいで大変だったわ。私が手当てしてあげたのわかってる〜?」と茶化すようにメリッサは言いました。

真に受けたナインが、ごめんなさい、と犬耳をふせてブルブルと震えます。

「ちょっと・・怪我人の手当ては当たり前じゃない!冗談よ冗談!」、とメリッサは慌ててナインを慰めます。

「恩返ししたいなら一生懸命働くのよ」と、メリッサは冗談めかして言いますが、コクコクと頷くナインは本気のようでした。

メリッサの異変

自室に着いたメリッサは、ふぅ、と息を一つ吐きました。

「ナイン、鍵をかけて」と伝え、ナインはよくわからないながらも扉に鍵をかけました。

「さっきからなにか・・・」と言いかけてメリッサは固まります。

ぽたり、と赤いものが絨毯に落ちました。

ぽたぽたと、続けてメリッサの口から溢れるソレは血のように見えました。

スポンサードリンク

ナインが目を見開き、何よナイン、とメリッサは思いましたが声が出ません。

ぐらりとメリッサの体が崩れ落ちました。

あの時の私より驚いた顔しちゃって、とメリッサはそんな状況なのに冷静に考えました。

慌てるナインの姿を目に捉えたのを最後に、メリッサの意識は途絶えたのでした。

どこかの空間

ここはどこ?私は誰?、とメリッサはぼんやり考えます。

うえーん、と子どもの泣き声が聞こえました。

誰だろう、と考えるうちに視界がはっきりしてきました。

可愛いドレス姿の小さな子供が、座り込んで泣いていました。

「なんで泣いているの?」とメリッサは尋ねます。

「だっ誰も・・私を抱きしめてくれないから」とその子は泣き続けます。

「じゃぁ私が抱きしめてあげる!ねっ!」と言いますが、「あんたはイヤ・・」と顔を伏せたまま拒否されてしまいます。

何こいつ、とイラッとしたメリッサですが我慢します。

「じゃあ私の前で泣かないでよね。せっかくの好意を踏みにじられると腹た・・いやいや」、とぶつぶつメリッサは言いますが、「どうすれば涙が止まりそう?」と尋ねます。

「イアンを連れてきて!」、とその子は金色の目を見開いてメリッサに言いました。

「イアン?誰なの?」とメリッサには誰だか思い出せません。

「私の夫!正確には未来の夫!」と、その子は目を輝かせて言います。

小さな子供のませた言い方に、メリッサは吹き出します。

「お・・夫?婚約でもしたの・・?」とむせながらも聞けば、その子は「うん!私はイアンが大好きなの!イアンはいつも大忙しだけど、夫になればいつでも会えるでしょ?」とペラペラ嬉しそうに続けます。

「早くイアンを連れてきてよ!あんたは大人なんだから、駄々をこねなくても連れてこられるわ」と続ける子供に、「いつも大忙し?最後に会ったのはいつなの?」とメリッサは聞きます。

「2年前に1回会ったのが最後かな」と子供は答え、「はぁ!?何そいつ!どんなに忙しくても婚約者を普通そこまで放置する!?」とメリッサは怒ります。

「あんたと同い年ぐらいだろうにすでにクズ男の・・」と続けるメリッサを、「イアンを悪く言わないで!セイヤッ!」と子供が割り入って脛にパンチしてきました。

「いでっ!」と叫ぶメリッサは、落ち着け自分幼い子を相手にブチギレるほどクズではない!、と深呼吸します。

ようやく落ち着いたメリッサは、「ていうかセイヤッ!って・・ダサっ」と子供に愚痴ります。

「ジェイクが教えてくれたの!これが流行ってるって」と子供はセイヤッと叫びながらパンチを見せてきます。

ジェイクとやらもマトモな大人にならない気が、とそんな考えがメリッサに浮かびました。

「どうやたあんたもイアンを連れてこられないようね。なら用はないわ。お行きなさい」と子供はメリッサにしっしっと追い払うように手を振ります。

見下されている、と妙に感心しながら、「あんた・・泣き止んだわね」とメリッサはニヤリと笑いました。

「なんだ。イアンがいなくても平気じゃない」とメリッサが言うと、「ちっ違うもん・・!悲しいもん!うぅ・・うえーん」と子供は泣き真似を始めました。

メリッサはそれを微笑ましく見ています。

子供の告白

「・・誰が何と言おうとイアンが好きなの」と子供は頬を赤らめ、「そうなのね」とメリッサ笑います。

「弟とも仲良くしたいし」「うん」「ワンちゃんが好きだから飼いたいなぁ。でも狼は怖い」「そっか」と二人の穏やかな会話は続きます。

「私は愛されたい」と子供がいい、「うん」とメリッサはその流れのまま答えます。

「私はね。でもあんたは、私とは違うわ、メリッサ」と子供が言った瞬間、空間にヒビが入りました。

「元の私とは違うのよ。でも私たちはメリッサ・ポジェプラド」と子供が笑い、ガラガラと空間が崩れ始めました。

メリッサ様!、お嬢様!とどこかで呼ぶ声が聞こえます。

どうして忘れてたんだろうこの子は!、とメリッサに様々な記憶が戻ってきました。

「今みんなに呼ばれているのは、私じゃなくてあんたよ」と子供は言います。

「空っぽの愛を追い求めたりせず、不当な扱いには声を上げ、他人に頼らずとも自ら突き進む人。これからの人生は全部あんたのもの。だから」と言って子供はグーの手をメリッサに突き出します。

「「ためらわずにやっちゃおう!」」と二人は拳を合わせて笑顔で叫びました。

パチリ、とメリッサは目を覚まします。

目の前には、「お嬢様・・」、と泣き腫らしたナインや使用人たちがそこにいたのでした。

第25話に続く>>

\随時更新中!/

その悪女に気を付けてください【第24話】の感想

メリッサが公爵に頼んだのは、ナインを公爵家の後ろ盾で守るためだったんですね。

急に倒れてしまったメリッサでしたが、どうしたのでしょう。

憑依前のメリッサの、イアンを思う様子が可愛らしいですね。

色々と、再度決意を固めたメリッサが今後どう動くのか楽しみです。

まとめ

今回は、ピッコマで配信されている「その悪女に気をつけてください」の第24話のネタバレと感想をご紹介しました。

「その悪女に気をつけてください」は、現在のところピッコマでの独占配信です。

他の漫画配信サービスでは読めません。

今後人気が出てきたら電子書籍化されるかもしれません。

応援していきたいですね。